1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > cedar3(5)

cedar3のニュース(ページ 5)一覧

月面の極部におけるヘマタイトの分布(赤い部分がヘマタイトが多く存在する領域)(画像: ハワイ大学の発表資料 (c) Shuai Li)

ヘマタイトFe2O3は、岩石系の惑星においてはごく一般的に存在する鉄の酸化物である。 09/04 07:14

私たちの宇宙は過去20年間の観測により、現在も膨張を続け、しかもそれは加速度的に進行していることが明らかになっている。 09/03 17:11

超新星爆発の残骸の代表例とされるおうし座のかに星雲。このような星間物質が存在する空間を地球は過去数千年間に通過している。 (c) NASA, ESA, J. Hester and A. Loll (Arizona State University)

恒星内部の核融合反応で生み出される元素の中で鉄は最も重い元素である。 08/27 08:12

太陽の数分の1から数倍以内の質量を持つ恒星は、その生涯の終末期において白色矮星となることが知られている。 08/26 07:39

太陽と連星のイメージ図。(c) M. Weiss

太陽は現在のところ単独で輝いている恒星である。 08/19 06:22

2013年にロシアのチェリャビンスクを襲った隕石は直径20m程度のものだったが、当時の状況は現在でもYoutubeなどで生々しい映像を見ることができる。 08/18 13:15

銀河を人工知能で自動分類するイメージイラスト (c) 国立天文台

我々の宇宙には無数の銀河が存在している。 08/12 17:13

準惑星セレスのオカットルクレーターに見える白斑状の地形 (c) NASA / JPL-Caltech / UCLA / MPS / DLR / IDA

この夏NASAの探査機ドーンの観測データに基づいた画期的な発見がもたらされた。 08/11 06:35

誕生したばかりの太陽系では、現在の木星公転軌道付近に大きな隙間が存在していた。 08/07 08:04

木星上空の大気の様子 (c) NASA

木星は地球のおよそ10倍の直径を持つガス状の巨大惑星である。 08/06 16:11

球状星団M22の拡大写真。M22は銀河の中心であるいて座の方向にあり、地球から約10,400光年の位置で輝いている。 (c) ESA / Hubble&NASA

真夏の夜空では、天の川が明るく見える。 07/29 15:32

おうし座の星団。

7月27日にアメリカのコーネル大学が運営する論文サイトarXiv.orgで、地球に最も近い位置に存在する星団であるおうし座のヒアデス星団の寿命が、残りわずかしか残されていないという論文が公開されている。 07/28 14:23

NGC4217の光学観測データと電波観測データの合成画像 中心の赤みを帯びた構造は渦巻き銀河の本体でそれを取り巻く薄緑のX字型をした放射状の存在が今回発見された特殊な磁場構造 (c) Jayanne English(マニトバ大学)、Yelena Stein(Centre deDonnéesastronomiques)

地球から約6700万光年離れた宇宙空間に浮かぶおおぐま座の渦巻き銀河NGC4217で、これまでに発見されたことのない奇妙な構造が見いだされた。 07/23 19:13

7月21日にイギリスのNature communications誌で公開された大阪大学の研究論文において、月周回衛星「かぐや」に搭載されたテレインカメラ(TC)を使用し、直径20kmを超える59個の月面クレーターが形成された年代を調査したところ、それらのうちの8個が同じ年代に形成されたことが世界で初めて明らかにされた。 07/22 12:21

ラニアケアスーパークラスター (c) ハワイ州立大学

宇宙に存在する銀河は一様ではなく、銀河の密度が大きな場所とほとんど存在しない場所に分かれている。 07/17 08:06

7月5日に観測されたNEOWISE彗星の雄姿 (c) NASA

最近は様々な観測衛星によって彗星発見のニュースがもたらされている。 07/15 07:23

私たちが夜空を眺めている際に目に飛び込んでくる天体は、アンドロメダ座の大星雲M31のような銀河系外の島宇宙を除けば、すべて銀河系内に属する天体である。 07/09 11:09

M27。このような惑星状星雲の生成プロセスが私たちの体を構成している炭素の由来だったのかもしれない。 (c) NASA

地球には様々な元素が存在しており、その由来については、太陽系が誕生する前の時代にまで遡らなければならない。 07/08 07:57

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告