ホーム > ニュース一覧 > cedar3(2)

cedar3のニュース(ページ 2)

100億年以上前に誕生した褐色矮星を偶然発見 NASAジェット推進研究所

褐色矮星とは、ウィキペディアによれば"その質量が木星型惑星より大きく、赤色矮星より小さな超低質量天体の分類である"とされている。
09/02 08:09

小惑星ベスタに存在する巨大な谷の形成メカニズム 米ジョージア大学の研究

小惑星の大きさでケレス、パラスに次いで3位にランキングされるのがベスタであるが、この星にはレアシルビアとベネネイアと呼ばれる2つの巨大な谷が存在している。
09/01 07:54

生命の起源探る研究 地球最初の10億年に何があったのか 米月惑星研究所

地球が誕生して最初の10億年の間に生命は誕生したと考えられている。
08/26 07:41

ボリソフ彗星のような星間彗星、実は珍しくない存在か ハーバード大の研究

2019年8月30日、ボリソフ彗星がこれまでに発見されたことのない新天体であることが明らかになった。
08/25 15:20

彗星のように振る舞う小惑星 ナトリウムが原因か NASAの研究

太陽系では、小惑星と認識していた天体が太陽に接近するにつれ、彗星のように明るい尾を引く現象を示すことが時々起こる。
08/18 16:17

火星とその衛星フォボスでの生命探索 JAXAのA火星衛星探査計画

NASA(米航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機構)の共同プロジェクトであるMSR(Mars Sample Return)では、火星の古代湖の痕跡ではないかと考えられているジェゼロクレーターにおいて、サンプル採集を行なっている。
08/17 16:39

火星の古代湖の存在に否定的な見解 香港大の研究

従来火星のゲールクレーターは、古代に存在していた湖の痕跡であると多くの科学者たちによって考えられてきた。
08/11 16:46

木星の高層大気が420度もの高温に達する原因を解明 JAXA

地球と太陽との距離は約1億5千万kmであり、この値を1天文単位という。
08/10 16:53

微生物が生成する酸素量、地球自転速度の減速で増加 ミシガン大の研究

地球誕生以来46億年の歳月が流れたが、誕生当時の自転速度は現在よりもかなり速く、1日の長さはわずか5時間程度であったと考えられている。
08/06 08:54

国際宇宙ステーションへの移動が約2時間で可能に ロスコスモス

ロシア通信社イタル・タス通信は8月2日、わずか2時間で国際宇宙ステーション(ISS)への到達が可能であるという非常に画期的なニュースを報じた。
08/05 08:38

小惑星帯で太陽系外延部から飛来した可能性ある小惑星発見 JAXA

アステロイドベルトとは、火星の公転軌道と木星の公転軌道の間に位置している小惑星が多数周回している領域を指し示す言葉で、日本語では小惑星帯とも呼ばれている。
08/02 07:55

お盆休みのペルセウス座流星群、2021年は例年にない好条件に

2021年の夏の話題はオリンピックで持ち切りだが、お盆休みも天文ファンにとっては目が離せない状況になりそうだ。
07/26 17:03

白色矮星を周回する惑星で、生命生息は可能か 英ウォーリック大の研究

白色矮星とは、太陽と同程度の質量を持つ恒星が、進化の終末期に取る形態であり、非常に高密度の星であることが知られている。
07/22 09:22

地球生命の起源を明らかにする古代隕石 英ラフバラー大学の研究

2021年2月28日の夜、イギリス・グロスターシャーフィールドの畑の中から、ひとつの隕石が発見された。
07/20 16:59

脈動オーロラ発生時のオゾン層破壊を発見 「あらせ」の観測から JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、脈動オーロラが中層大気中のオゾンに及ぼす影響について、新たな研究成果を公開した。
07/17 16:46

将来超新星爆発を起こす連星系発見 涙を流そうとする星も ケック天文台

私たちにとって最も身近な恒星はもちろん太陽だが、太陽のように単独で輝いている恒星は、宇宙では少数派であり、むしろ連星系を成している恒星のほうが多い。
07/15 09:07

地球に接近する小惑星を監視 NASAジェット推進研究所 7月上旬の情報は?

NASAのジェット推進研究所では、地球に接近あるいは衝突する可能性がある小惑星の情報を集め、危機管理を行っている。
07/09 08:35

新星爆発によるリチウム生成量に多様性 京産大と国立天文台の研究

原子番号3のリチウムは宇宙の中では水素、ヘリウムに次いで軽い元素である。
07/08 09:02

地球を発見できる可能性がある星は? コーネル大学の研究

地球以外の知的生命体がきっと宇宙のどこかに存在していると、ひそかに信じている人も少なくないだろう。
07/02 09:05

理論上で予測された「電子捕獲型超新星」を発見 世界初 国立天文台の研究

国立天文台は29日、2018年3月にアマチュア天文家・板垣公一氏によって発見された超新星、SN2018zdの詳細な明るさ変化のデータを解析したところ、その特徴が理論上存在が予測されていた「電子捕獲型超新星」に一致することが、世界で初めて確かめられたと発表した。
06/29 16:37

史上最大の彗星の発見 ダークエネルギー・サーベイからの情報

Dark Energy Survey(ダークエネルギー・サーベイ、以下DES)によって2014年から2018年にかけて収集されたデータから、史上最大の彗星の存在が特定されたという。
06/24 08:16

オリオン座のベテルギウスが減光した原因が判明 ミシガン大学の研究

オリオン座のベテルギウスは、赤色巨星の代表格として有名な存在である。
06/23 08:37

市民科学者が2つの太陽系外惑星の発見に貢献 NASAのプロジェクト

NASAが広く市民に宇宙探査プロジェクトへの参加を呼び掛けていることを知っているだろうか。
06/21 16:03

流星の大気圏突入をシミュレーション スイス連邦工科大の研究

彗星は楕円軌道を描いて、太陽の周りを公転しているが、その過程で公転軌道上にちりをばらまいてゆく。
06/18 08:42

仮想素粒子アクシオンが明らかにする宇宙の始まり カリフォルニア大学の研究

宇宙の始まりの際に放射された電波のことを、3K波あるいは宇宙マイクロ波背景放射(CMB; cosmic microwave background)と呼んでいるが、この電波は宇宙のあらゆる方向からやってきているため、天球のどの方向を観測してもキャッチできる。
06/11 17:30

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む