1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 自動車・二輪車・部品(1)

自動車・二輪車・部品のニュース一覧

rss
日産が公開した、熱効率50%を実現するために開発した新燃焼コンセプト「STARC」(Strong Tumble and Appropriately stretched Robust ignition Channel)を採用したe-POWER用専用エンジン

日産自動車が、シリーズ型ハイブリッドシステムである「e-POWER」の次世代向け発電専用エンジンを発表。 03/02 08:02

ホンダ、販売費および一般管理費の抑制やコストダウン効果等により営業利益は4,470億円

倉石誠司氏:それでは、2020年度第3四半期決算および2020年度見通しの総括についてご説明いたします。 03/02 07:49

スズキ・ジムニーはインドで輸出専用モデルが生産されている(画像: スズキ発表資料より)

現在の海外のメーカーでは、軽自動車が生産されていない。 03/02 07:17

HondaJetが、2020年暦年のデリバリー31機となり、小型ジェット機カテゴリーにおいて4年連続で世界第1位を達成した

ホンダの航空機事業子会社のホンダ・エアクラフト・カンパニー(取締役社?:藤野道格)は、「HondaJet」の2020年暦年(1月~12月)のデリバリー数が31機となり、小型ジェット機カテゴリーにおいて4年連続で世界第1位(General Aviation Manufacturers Association調べ)を達成したと発表した。 02/28 16:50

FCモジュール Type1(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ自動車は26日、トラックや鉄道、定置式発電機などさまざまな燃料電池(FC)製品の開発や製造を行う事業者向けに、FCシステムをパッケージとしたFCモジュールを2021年の春以降に発売すると発表した。 02/27 16:09

EV開発の最大の悩みは航続距離の確保と、バッテリーの重量や価格との妥協点をどこで折り合うかにある。 02/26 16:53

Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分

本稿は「トヨタイムズ」の「日本のカーボンニュートラルを考える自工会・豊田会長が語った事実」(https://toyotatimes.jp/insidetoyota/111.html)から、多くの見解を踏襲し、例示数値を引用している。 02/26 16:16

Appleの主要サプライヤーである台湾の鴻海精密工業(フォックスコン)は、米国の電気自動車スタートアップであるFisker(フィスカー)と、米国で電気自動車(EV)を生産する暫定合意にいたった。 02/26 08:42

Photo:S36年式クラウンの三角窓 ©sawahajime

「三角窓は未だいろんな車種に装備されている」との反論が聞こえて来るが、ここではエアコンが普及する以前、室内換気のために活躍した昔の開閉式の窓の話となる。 02/23 16:51

SUBARU、販売台数減少により3Q累計の生産台数は前年比-14万6,000台 通期予想も売上収益以下を下方修正

岡田稔明氏:みなさん、こんにちは。 02/23 08:11

集塵、消臭効果に加え、抗ウイルス、菌、カビなどのアレル物質の活動を抑制する「エアデュース 抗菌抗ウイルス消臭エアコンフィルター」(画像:カーメイト発表資料より)

カーメイトは19日、「ナクレット」を使用した抗菌、抗ウイルス、消臭機能付きの車用エアコンフィルター「エアデュース 抗菌抗ウイルス消臭エアコンフィルター」を発売した。 02/23 08:05

2020年秋以降、半導体不足が世界的に続いている。特に、車載向けの半導体が不足しており、世界中の自動車メーカーが減産を余儀なくされている。 02/23 07:48

トヨタ自動車、3Qは減収減益 コロナ禍の影響により連結販売台数は前年同期比79.3%で着地

近健太氏:近です。 02/19 08:45

(c) 123rf

ガソリン車の部品数は約3万点。対してEVは約1万点。それだけEVの構成品はシンプル。 02/17 17:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告