ホーム > ニュース一覧 > 株式市場(1)

株式市場のニュース

不透明感広がるベトナム株【フィスコ・コラム】

ベトナムの主要株価指数VNが今年2度目の大幅安となり、その後も戻りは限定的です。
08/01 09:00

来週の相場で注目すべき3つのポイント:決算中盤、米ISMや中PMI、米雇用統計など

■株式相場見通し 予想レンジ:上限28000-下限27000円 来週の日経平均はもみ合いか。
07/31 18:38

国内株式市場見通し:決算シーズン中盤、景気ピークアウト懸念くすぶるなかISMやPMIに注目

■往って来いで下落、200日線を大きく割り込む 今週の日経平均は往って来いで結局下落。
07/31 15:37

新興市場見通し:環境悪化で決算手掛かりに個別物色へ、IPOは8月分BB開始

今週の新興市場では、国内外の新型コロナウイルス感染拡大や中国株急落を巡り金融市場の不安定感が強まるなか、マザーズ指数が大きく下落した。
07/31 15:12

米国株式市場見通し:金融緩和の長期化が相場下支え

8月は季節的に相場が弱いことを念頭におきたい。
07/31 14:43

30日のNY市場は反落

30日のNY市場は反落
07/31 09:04

米国株式市場は反落、新型コロナ再流行を懸念(30日)

*09:01JST 米国株式市場は反落、新型コロナ再流行を懸念(30日)。
07/31 09:01

NY株式:米国株式市場は反落、新型コロナ再流行を懸念

ダウ平均は149.06ドル安の34,935.47ドル、ナスダックは105.58ポイント安の14,672.68で取引を終了した。
07/31 08:56

NY債券:強含み、量的緩和策の早期縮小観測は後退

30日の米国長期債相場は強含み。
07/31 07:08

[通貨オプション] OP売り、週末要因やレンジ相場で

ドル・円オプション市場で変動率は低下した。
07/31 04:40

NY外為:ドル一段高、米1兆ドル規模の超党派インフラ案が前進

米上院は1兆ドル規模の超党派インフラ案の協議を進めることに十分な支持を得た。
07/31 02:36

NY外為:ドル・円一目均衡表雲のレンジ内でもみ合い

NY外為市場では月末の実需買いやブラード米セントルイス連銀総裁のタカ派発言を受けてドル買いが継続した。
07/31 01:47

NY外為:ドル買い強まる、ブラードSTルイス連銀総裁はタカ派姿勢維持

米セントルイス連銀のブラード総裁は米国経済と金融政策に関する講演でFRBが9月会合で、債券購入縮小開始を決定することを望んでいると、引き続きタカ派姿勢を表明。
07/31 00:36

【市場反応】米7月ミシガン大消費者信頼感指数確報値、予想外に上方修正、ドル堅調

米7月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値は81.2と、予想外に速報値80. 8から上方修正された。
07/30 23:14

【市場反応】米6月コアPCE価格指数/Q2ECI、予想下回るもドル堅調

米労働省が発表した4-6月期雇用コスト指数(ECI)は前期比+0.7%となった。
07/30 22:09

日経平均テクニカル:大幅反落、直近安値割り大陰線示現

30日の日経平均は大幅に反落した。
07/30 18:15

30日の香港市場概況:ハンセン1.4%安で3日ぶり反落、ネット株の下げ重し

30日の香港市場は、主要58銘柄で構成されるハンセン指数が前日比354.29ポイント(1.35%)安の25961.03ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が182.47ポイント(1.94%)安の9233.22ポイントとそろって3日ぶりに反落した。
07/30 18:00

30日の日本国債市場概況:債券先物は152円30銭で終了

<円債市場> 長期国債先物2021年9月限 寄付152円34銭 高値152円34銭 安値152円26銭 引け152円30銭 売買高総計15758枚 2年 427回 -0.125% 5年 148回 -0.130% 10年 363回 0.015% 20年 177回 0.390% 債券先物9月限は、152円34銭で取引を開始。
07/30 17:33

欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、ドル売り継続も米金融政策を見極め

30日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。
07/30 17:25

JASDAQ平均は反落、月末安アノマリーで手じまい売り/JASDAQ市況

*17:04JST JASDAQ平均は反落、月末安アノマリーで手じまい売り。
07/30 17:04

マザーズ指数は大幅反落、リスク回避の売り、5月18日以来の安値/マザーズ市況

本日のマザーズ市場では、週末を前に日経平均が一時500円を超える下落となったため、リスク回避目的の売りが広がった。
07/30 16:53

30日の中国本土市場概況:上海総合0.4%安で反落、金融株下げ主導

7月30日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前日比14.37ポイント(0.42%)安の3397.36ポイントと反落した(上海A株指数は0.42%安の3560.74ポイント)。
07/30 16:49

マザーズ先物概況:反落、米アマゾンを嫌気してセンチメントが低下

30日のマザーズ先物は前日比23.0pt安の1083.0ptとなった。
07/30 16:13

大阪金概況:上昇、株安で安全資産に資金向かうも上値の重い展開

大阪取引所金標準先物 22年6月限・日中取引終値:6438円(前日日中取引終値↑26円) ・推移レンジ:高値6444円-安値6425円 30日の大阪取引所金標準先物(期先:22年6月限)は上昇した。
07/30 16:05

日経VI:上昇、株価下落で市場心理悪化

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は30日、前日比+1.81pt(上昇率8.57%)の22.93ptと上昇した。
07/30 16:00

 1 2 3 4 5 6  次へ進む