1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 分析・コラム(1)

分析・コラムのニュース一覧

rss

投資や資産運用の必要性は感じていても、実際に投資して、お金が減ってしまうことを考えると、なかなか1歩が踏み出せないものだ。 08/09 20:11

2020年も8月となり、盆休みを迎えようとしている。 08/08 17:50

ブラジル中央銀行は5日に政策金利を0.25%引き下げて、過去最低の2.0%にすると発表した。 08/08 07:56

ブラジルのモウラン副大統領は8月3日、自国の5G(次世代の通信規格)基地局の整備をめぐる入札について、中国の通信大手ファーウェイの入札参加を排除しない方針を改めて強調した。 08/06 11:15

中島義之

・中国長江・淮河の流域大洪水で中国食糧危機の恐れ ⇒国民の眼を海外にそらす為に海外諸国と摩擦激化? ■I.米国株式市場 ●1.米株式は、NYダウ続伸し26,828ドル、ナスダックは10,941と市場最高値更新 1)8/3、NYダウは+236ドル高と続伸し、ナスダックも+157と続伸し史上最高値を更新 08/05 07:35

■自治体が独自に「緊急事態宣言」 新型コロナ感染の爆発が止まらない。 08/04 18:24

昭和日本の資源株を巡るエピソードは数多いが、なかでもどうしたって出光興産<5019>(東1)のイラン産石油製品の輸入、帝国石油の磐城沖ガス田の開発、住友金属鉱山<5713>(東1)の菱刈鉱山の開発の3つは取り上げたくなる。 08/03 09:39

■I.米国株式市場 ●1.米株式市場は、(1)米GDP成長率▲32.9% (2)失業保険申請件数の増加 (3)ドル安で、NYダウは下落 1)米ダウは7/30、GDP成長率悪化とドル安を受けて、下げ幅▲500ドル超の下落で始まる。 08/03 07:56

■ファーストリテ、中外薬、ソフトバンクG、信越化学など足引っ張る アドバンテスト<6857>(東1)は7月31日、取引開始後にストップ安の5700円(1000円安)で値がついたまま売り気配を続け、日経平均を約72円引き下げる形になっている。 07/31 11:34

・7/29、25日移動平均線(22,528円)を下回る22,397円 ■I.米国株式市場 ●1.米ダウは、7/22 27,005ドル ⇒ 7/28 26,379ドルと▲626ドル安、7/29 +160高の26,539ドル 07/30 09:02

・米株式相場は続落、米中の緊張激化や景気回復失速で ■I.米国株式市場 ●1.米株式市場、NYダウ続落し7/22の27,005ドル⇒7/24の26,469ドルと 07/27 08:14

(c) 123rf

そして、アメリカとの争いが絶えない中国においても、BATXと呼ばれる4社が株式市場をけん引してきた。 07/26 18:53

2020年4月、40年ぶりに金価格が最高値を更新。 07/25 19:41

(c) 123rf

本来、株式投資は、将来その企業が成長することを見込んで先行出資するものであるが、数年後を見越して投資すべき企業を選択するのは至難の業だ。 07/25 15:03

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告