1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > cedar3(3)

cedar3のニュース(ページ 3)一覧

中国新華社通信(日本語版)は1月4日、中国の火星探査機「天問1号」が2月に火星軌道に到達する予定であることを報じた。 01/07 16:43

宇宙の年齢を推定する方法は複数あるが、それらが導き出す値が一致しなければ、正確な年齢を見出したことにはならない。 01/05 17:53

シグナス補給宇宙船14号機がISSに結合されたイメージ (c) JAXA/NASA

NASAは12月30日、1月6日午前10時10分(米東部時間、日本時間の1月7日午前0時10分)に国際宇宙ステーション(ISS)を出発する、シグナス補給宇宙船のライブ映像を配信すると発表した。 01/01 09:40

画像はイメージです。

宇宙が時間と空間でできているという事実は誰もが知っている常識だが、宇宙における重力の存在が、時間を遅らせたり空間を曲げたりしているという事実を認識しているのは、宇宙物理学を研究している科学者か、一部の宇宙好きに限られることだろう。 12/31 08:25

プレアデス星団

最近オーストラリアの科学情報サイト「THE CONVERSATION」で、プレアデス星団をめぐる世界各地に伝わる古代伝承の起源に関する興味深い記事が掲載されていたため、今回はその話題について紹介する。 12/26 17:49

12月13日にタイのアマチュア天文家によって発見されたC / 2020 X3(SOHO)の皆既日食中の最中に捉えられた画像 (c) ESA/NASA/SOHO/Andreas Möller (Arbeitskreis Meteore e.V.)/processed by Jay Pasachoff and Roman Vanur/Joy Ng. Eclipse image used with permission.

アメリカ航空宇宙局(NASA)は19日、12月14日の皆既日食の際に、つい最近発見された彗星の姿をキャッチしたと発表した。 12/22 08:23

宇宙に存在する水素、ヘリウム、リチウムの3元素の起源は138億年前のビッグバンにまで遡る。 12/18 17:24

国際宇宙ステーションは1998年11月に建設が開始され、少なくとも2024年まで運用される方針が決まっている。 12/15 17:26

研究の様子。(画像: アーカンソー大学の発表資料より (c) Whit Pruitt, University Relations)

米アーカンソー大学は10日、火星での塩水の存在形態に関する研究成果の概要を公開した。 12/11 08:53

12月21日の夜空 (c) 国立天文台

2020年の師走の夜空は賑やかになりそうだ。 12/08 09:29

はやぶさ2のサンプル回収のリハーサル風景 (c) Trevor Ireland、オーストラリア国立大学

いよいよJAXAの「はやぶさ2」が12月6日未明(日本時間)、オーストラリアの砂漠に小惑星リュウグウで採取したサンプルを送り届ける。 12/05 09:23

アカエイ星雲の退色 (c) NASA, ESA, B. Balick (University of Washington), M. Guerrero (Instituto de Astrofísica de Andalucía), and G. Ramos-Larios (Universidad de Guadalajara)

ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げられたのは1990年4月24日のことであり、すでに30年以上の歳月が経過し、膨大な観測データが蓄積されている。 12/04 09:13

ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets

2020年2月にハワイマウナケア山にあるジェミニ天文台で、観測史上2回目となるミニムーン「2020CD3」が発見された。 11/25 11:52

ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された大マゼラン雲の姿 (c) NASA

みなさんは大マゼラン雲を見たことがあるだろうか?残念ながら北半球からは見ることができないが、16世紀のポルトガルの探検家フェルディナンド・マゼランが世界一周の航海の際に、その存在を観察したことにちなんでこの名前が付けられている我々の銀河系のお隣さんに相当する銀河である。 11/24 09:06

ムーンビレッジの1階部分イメージ図 (c) SOM

欧州宇宙機関(ESA)は17日、将来月面での人間の居住を目的とした構造物「ムーンビレッジ」に関して、その評価結果を公表した。 11/18 09:12

星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA

11月16日にイギリスのNature Astronomy誌で公開されたロンドン大学クイン・メアリー校の研究論文で、アミノ酸の1種で生命を構成する重要な要素の1つであるグリシンおよびその他のアミノ酸が、惑星が誕生する以前の星間物質内で形成されていた可能性が示された。 11/17 08:54

画像はイメージです。

オハイオ州立大学は10日、過去10億年から現在に至るまでの間に宇宙で発せられた光を分析したところ、宇宙全体のガスの平均温度は最近の10億年間で10倍以上も上昇し、今日では約200万ケルビンに達していることが判明したと発表した。 11/12 08:06

おうし座の「すばる」の拡大写真 出典:国立天文台

おうし座北流星群は、エンケ彗星を母天体とし、毎年11月中旬に極大を迎えるが、出現数は1時間に5個程度と目立たない存在である。 11/09 16:28

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

広告