1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss

今から4.1~4.2万年前に、地球の歴史上最後の磁場反転が起こっていたことの痕跡が、ニュージーランドの「カウリの木」から見出されたとする研究結果が、南オーストラリア博物館などの研究チームにより「サイエンス」誌で発表された。 02/22 16:54

ミトコンドリアによるAβ凝集制御のモデル図(画像: 学習院大学の発表資料より)

東京薬科大学と学習院大学の研究グループは12日、ミトコンドリア機能の低下が、脳内で生成されるタンパク質であるアミロイドβタンパク(Aβ)を蓄積させ、アルツハイマー病を悪化させるとの研究成果を発表した。 02/15 15:24

信ずタコロナウイルス感染患者におけるSARS-CoV-2に対する抗体価の変動(画像: 東京大学の発表資料より)

現在世界中で流行している新型コロナウイルス感染症について、感染した患者の抗体が維持されるかどうかは収束に向けて重要な知見である。 02/14 08:12

2011年に千葉県南房総市の地層から新鉱物「千葉石」が発見されているが、その千葉石を調べる過程でさらに別の新しい鉱物「房総石」が存在することが分かったそうだ。 02/09 17:33

延命草のエキスから、発毛の司令塔である毛乳頭細胞を活性化する効果を発見した研究の概要。(画像: 近畿大学の発表資料より)

ロングセラーの育毛剤に配合されている延命草のエキスが、発毛をコントロールする毛乳頭細胞を活性化することがわかった。 01/26 17:28

研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学は20日、地球外の有機物、2-アミノイソ酪酸(Aib)を代謝する放線菌を発見し、その代謝過程を解明したと発表した。 01/22 18:14

新型コロナウイルス感染患者と1日の間に中程度の接触(1分間の接触を20回)をした場合の医療従事者の経路別感染リスクの寄与率(画像: 近畿大学の発表資料より)

近畿大学の研究グループは、医療機関における新型コロナウイルス感染症の感染リスクを計算するシミュレーションモデルを構築した。 01/13 16:42

調査海域周囲の海底地形図。(東北大学の発表資料より)

東北大学や東京大学らでつくる研究チームは8日、日本最東端の南鳥島が、4000万年前にあった火山の再活動で形成されたとする研究成果を発表した。 01/10 17:55

東北大らの研究チームは1月6日、父親の加齢が子どもの神経発達障害に影響するという研究を発表した。 01/09 10:15

脳から脊椎に放出される神経伝達物質と、大腸運動の性差(岐阜大学の発表資料より)

岐阜大学は25日、男性に下痢、女子に便秘が多いという排便異常について、痛みを抑制する神経繊維で分泌される神経伝達物質の成分の違いに原因があるとする研究成果を、明らかにした。 12/28 17:19

外科医が誕生日かどうかの手術日と患者の術後30日後の死亡率を示すデータ(画像: 慶應義塾大学の発表資料より)

外科医の集中力が、手術の成否に影響する。 12/14 16:15

新興国や途上国では工業化に伴う大気汚染が深刻な問題となっており、世界全体で年間700万人が大気汚染が原因で死亡していると推計される。 12/12 17:25

マサチューセッツ工科大学(MIT)によると、現在大手製薬会社が発表している新型コロナウイルス用ワクチンの有効性は人種によって異なる可能性があるという。 12/05 20:40

喫煙と排尿障害との関連を示すアンケート結果(画像:横浜市立大の発表資料より)

日本人の8人に1人が患っているとされる「排尿障害」。 12/01 16:39

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告