1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 自然環境・動植物(1)

自然環境・動植物のニュース一覧

rss
鹿児島県の島嶼域で発見されたマホロバハタ(鹿児島大学の発表資料より)

かごしま水族館と鹿児島大総合研究博物舘が、種子島や奄美大島などの鹿児島県の島嶼域から新種のハタ科魚類を発見したと発表した。 01/25 16:34

成長速度は40%落ちていることを示す、北海道と岡山県の植栽木の生育面積当たりの幹断面積。他所の地域に由来する植栽木の値は(赤破線)は、地元の地域に由来する植栽木の値(赤実線)よりも小さく、成長速度が落ちていることがわかる(森林総合研究所の発表資料より)

森林総合研究所は14日、日本に広く分布する落葉広葉樹・ミズナラの種苗を異なる地域に植栽したところ、植栽した種苗の成長率が低下したほか、植栽した木と地元由来にあたる木の間で交雑が発生しているとの研究成果を明らかにした。 01/19 08:43

のポイ捨てが増えたことで、野生動物に悪影響をもたらしつつあるという。 01/16 20:27

北海道で初めて発見されたカシノナガキクイムシ(森林総合研究所の発表より)

甲虫による多量の穿孔で、ナラ類やシイ、カシ類の樹木が大量枯死するナラ枯れ。 01/05 08:45

環境省が「ザリガニ相談ダイヤル」を12月22日に開設していたようだ。 01/03 08:34

国内の主要港湾への定着が進むオオホナガアオゲイトウ(東邦大学の発表より)

もともといた場所から、別の場所へ持ち込まれたり、広がったりする外来生物。 12/22 08:33

国際宇宙ステーションは1998年11月に建設が開始され、少なくとも2024年まで運用される方針が決まっている。 12/15 17:26

カブトクラゲの仲間の発光の様子(画像: 名古屋大学の発表資料より)

発光生物と聞けば、ホタルやクラゲを思い浮かべるだろう。 12/13 19:21

シンプルな模様をもつ動物種間の交雑によって模様が混ざり、複雑な模様をもつ動物が生まれることを明らかにした研究の成果(画像: 大阪大学の発表資料より)

大阪大学は4日、動物の体表に現れる複雑な模様パターンは、シンプルな模様が交配の過程で混ざる途上に形成されるとの研究成果を発表した。 12/06 19:57

南西諸島で発見されたアカボシルリゴキブリ(左)とウスオビルリゴキブリ(画像: 法政大学の発表資料より)

日本国内では毎年、多くの昆虫が新種として発見、世の中に公表されている。 11/26 16:33

今回の研究で明らかとなったスーパームーンに伴う地形変化の概略図(画像: 海洋・港湾・航空技術研究所の発表資料より)

満月時に月の見かけが大きくなる「スーパームーン」。 11/25 08:43

中国・横断山脈に自生するユリ科バイモ属のFritillaria delavayi(梭砂貝母)は人間の採取が選択圧となり、目立ちにくい色に変わっていったと考えられるそうだ。 11/23 17:15

昆虫・クモ・線形動物に関するカナダ国立コレクション(CNC)や大阪府立大学などの研究グループが新種の寄生バチを日本で発見し、「Microgaster godzilla」と命名した。 11/09 08:23

嘉瀬川水系内で検出された養殖魚の遺伝子型とその分布図(画像:九大の発表資料より)

代表的な渓流魚のひとつである「ヤマメ」。 11/09 08:17

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告