ホーム > ニュース一覧 > サービス業(1)

サービス業のニュース

専門性の高い人材派遣・請負が持ち味の、夢真ビーネックスの足元

夢真ビーネックスグループ(東証プライム市場、以下夢真ビーネックス)は実質上、成長過程を上り続けている。
05/18 16:18

ベネッセHD、中計フェーズ1のV字回復に向けて順調に進捗、フェーズ2に向けて変革と成長のスピードをあげる

坪井伸介氏(以下、坪井):本日はご多用の中、ご視聴いただきましてありがとうございます。
05/18 07:41

メンバーズ、売上収益・営業利益ともに9期連続で過去最高 高付加価値専門領域支援サービスが引き続き好調

剣持忠氏(以下、剣持):みなさま、本日はご参加いただきまして誠にありがとうございます。
05/14 08:53

高収益・高給与のM&Aキャピタルパートナーズに、配当を!と訴えたい

M&Aキャピタルパートナーズ(東証プライム市場、以下M&Aキャピタル)は、好調な収益動向を継続している。
05/04 08:11

婚活事業展開:IBJの今期収益回復を株価も期待しているようだが、さて!?

IBJ(プライム市場、12月期)の収益回復:今期計画の達成は、新型コロナ状況と景況感動向の今後を占う指標となろう。
04/27 16:52

コロナ禍にも伍して戦う、PR会社ベクトルの力

若手記者から、「広告とPRの違いは何ですか」と問われた。瞬間、言葉に詰まったがその場は「電通と共同ピーアールの違いだ。四季報で確認しろよ」とかわした。
04/19 07:50

少子化時代、認可保育園運営:さくらさくプラスが打ち出した一歩先を行く事業とは!?

少子高齢化時代。アクティブシニアへのフォローが求められるのと同時に、幼児の健やかな成育⇔両親の安心した社会活動の実現が必須条件となる。
04/04 16:23

「ここまで成長するとは・・・」と驚嘆のエランの二の手・三の手

初めて知った時は「面白ビジネスの会社だな」と感心はするが、失礼ながら「ここまで伸びる会社だと思わなかった」という企業に時として出会う。
03/30 21:52

フィットネスクラブ大手:ルネサンスの黒字転換を見届けたい理由

ルネサンス(東証1部)が今期、期初計画通りの黒字転換を果たしうることを切に期待したい。
03/24 15:52

コシダカHDの今期計画達成は、「日常生活」が戻るか否かの判断基準!

コシダカホールディングス(東証1部。以下、コシダカHD)は今8月期、期初計画通りの着地を見せられるか。
03/21 08:00

業界2位のALSOKが5期連続増収増益「濃厚」、その足元

前期まで4期連続営業増益の綜合警備保障(東証1部、以下ALSOK)は、5期連続増益が濃厚。
03/17 16:15

「日本企業の人事部」とまで言われる、日本SHLとはどんな会社か!?

日本エス・エイチ・エル(東証1部、日本SHL)は、英国のSHLグループとライセンス契約を結び1987年に設立された。
03/09 08:15

家事代行業:CaSyが上場、その足跡を辿る

企業・産業欄で何回か、家事代行業で日本経済新聞が「次世代のユニコーン企業候補」に選択し期待されているCaSy(カジー)を取り上げてきた。
03/08 07:42

13期連続最高純益更新有力: マークラインズの原動力は「情報プラットフォーム」

マークラインズ(東証1部)の設立は2001年。上場は14年12月16日。上場前を含め前12月期まで連続して12期、最終利益最高益を更新している。
03/05 16:33

終活も、備えあれば憂いなし!

墓参りに行くと時おり、赤字で「名前」「戒名」が刻み込まれた墓石or墓誌を目にする。
02/21 16:46

プログラミング教室のキュレオ、小学生向け教室が全国2500を突破

キュレオ(東京都渋谷区)が運営する小学生向けのプログラミング教室「QUREOプログラミング教室」が、2500教室を超えた。
02/21 11:20

企業の債務保証で成長を見せつける、イー・ギャランティのビジネスの枠組み

「保証人にはなるな」。生きていれば90代半ばになる亡き母親から、顔を合わせる度に執拗に言われた。
02/08 17:04

パーソルHDは、引退後のアスリートの「セカンドキャリア支援」を標榜

1月8日にメットライフドーム(埼玉西武ライオンズのホーム球場)で、「PERSOL THE LAST GAME2021」というイベントが開催された。
02/01 15:48

デロイトトーマツがESジャパンと協業 企業の不正調査に「感情解析」

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(以下、DTFA:東京都千代田区)とESジャパン(東京都豊島区)は13日、「感情解析技術」に関する協業を開始すると発表した。
01/15 16:14

「配当性向50%以上」を掲げるダスキンの第2の収益柱:フード事業の現状

ダスキン(東証1部)は今2022年3月期を、「2.4%増収、31.1%営業増益、10円増配50円配」計画で立ち上がった。
01/12 16:18

 1 2 3 4 5 6  次へ進む