1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 研究・開発(1)

研究・開発のニュース一覧

rss
実験装置(画像: 奈良県立医科大学の発表資料より)

奈良県立医科大学(橿原市)の矢野寿一教授(微生物感染症学)らのグループが、除菌効果があるとされてきたオゾンに、新型コロナウイルスの感染力を失わせる不活化の効果があることを世界で初めて確認した。 05/29 17:16

新型コロナウイルス検出試薬キット(画像: 島津製作所の発表資料より)

島津製作所は26日、同社の提供する新型コロナウイルスの検査試薬で、検体に唾液を用いることも可能であると発表した。 05/27 17:22

オランダの生化学企業アバンティウムが、植物由来の素材を使ったボトル製造への大型投資を2020年内に開始する予定だと発表した。 05/27 08:43

今回の研究の概要(写真:新潟大学の発表資料より)

新潟大学は22日、人が服の魅力を評価する際、着用者の顔の魅力が影響することを発見したと発表した。 05/25 17:23

窪田製薬ホールディングス傘下のクボタビジョンが、眼に光を用いた刺激を与える「アクティブスティミュレーション」に眼の眼軸長を短縮できる効果があることを確認したと発表した。 05/22 19:13

今回開発されたポータブル蛍光偏光測定装置(画像: 東北大学の発表資料より)

北海道大学、東北大学、TianmaJapan等は20日、抗体検査をその場で20分以内に完了できるポータブル蛍光偏光測定装置を開発したと発表した。 05/22 08:00

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を標的としたワクチンや治療薬は今のところ存在しない。 05/20 18:51

有機分子材料表面での電荷移動を用いた導電性電極と充放電反応の導電性リレー機構の模式図。(画像: 東北大学の発表資料より)

リチウムイオン電池をはじめとする蓄電池は、さらなる高性能化が求められている。 05/19 07:31

遺伝子組換でないナス(左)とGMナス(右)の断面写真(大阪府立大のホームページより)

大阪府立大学は14日、遺伝子組換え技術を使い、摂取後に体内でビタミンAに変換されるβカロテンの含有量が、普通のナスより約30倍多いナスの開発に成功したと発表した。 05/18 17:36

検査の手順(画像: 東京医科大学の発表資料より)

東京医科大学の河島尚志主任教授と日本大学の桑原正靖教授は14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染有無を迅速に判定する診断法を共同開発したと発表した。 05/16 18:00

実験の様子(上左)と実験の際に流された風景(上右)、実験の結果(下)。(画像: 静岡大学の発表資料より)

近年はVRゲームやバイクシミュレータなどの普及によって、一人称視点で動きの大きな映像を体験する機会が増えている。 05/14 08:12

武漢大学の研究者らが、圧縮空気を電磁波でイオン化してプラズマを生成し、それによって推進能力を得るというジェットエンジンのプロトタイプを開発した。 05/12 16:58

北里大学、埼玉大学発ベンチャーのEpsilon Molecular Engineering(EME)、花王が5月7日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対し感染抑制能(中和能)を持つ「VHH抗体」の開発に成功したと発表した。 05/12 09:04

シナリオ分析の結果。中国におけるアフリカ豚熱の発生農家戸数(a)、豚肉製品の違法輸入確率(b)、エコフィードの加熱処理確率(c)、養豚農家における残飯の加熱処理確率(d)をベースライン(実際の値)から変化させた場合の年間侵入確率。各箱ひげの中の横線は平均、箱の長さは四分位範囲、ひげの上下端はそれぞれ95パーセンタイルおよび5パーセンタイルを示す。(画像: 東京大学の発表資料より)

中国などのアジア諸国から侵入する恐れがある疫病の一つにアフリカ豚熱(ASF)がある。 05/10 09:18

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告