1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 研究・開発(1)

研究・開発のニュース一覧

rss
今回の研究の概要。アトピー性皮膚炎の主要な痒みを引き起こす物質である IL-31の産生を抑制する化合物を開発した。(画像: 九州大学の発表資料より)

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質を持っており皮膚のバリアが弱い人が、さらに環境の影響も受けて発症する。 04/20 08:21

ゲルは、医療や環境、エネルギーなどの分野で注目されている材料の1つである。 04/14 07:37

既存薬からの抗ウイルス活性を持つ薬剤スクリーニングの手順(画像: 京都大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症の治療のために世界中で研究が進められている。 04/11 18:12

名古屋大学の研究チームが開発したナノサイズの酸化亜鉛ナノワイヤ装置(名古屋大学の発表資料より)

名古屋大学医学研究科の研究グループは9日、尿中に含まれる1本鎖の短鎖RNA、マイクロRNAを測定することで、100%に近い精度で脳腫瘍が測定できる方法を開発したと発表した。 04/11 07:22

電子デバイスの水濡れ故障を防ぐために、これまで防水コーティングやパッキングなど様々な封止技術が開発されてきた。 04/02 07:52

九大などが新型コロナに対する抗ウイルス薬剤治療が困難である理由を解明

新型コロナウイルス感染症の特効薬は未だ存在しない。 03/30 11:40

東京大学は24日、Web上での簡単なテストでアルツハイマー病を予測するアルゴリズムを開発したと発表した。 03/25 16:41

今回の研究の成果(画像: 熊本大学の発表資料より)

糖尿病の治療に用いられるインスリンは、これまで注射という形で使用されてきた。 03/24 16:54

東芝は3月22日、二酸化炭素(CO2)を電気分解することで、燃料や化学品の原料などに変換する技術の処理能力向上に成功したと発表した。 03/24 07:37

ミュンヘン工科大学などが発表した研究によれば、花粉への曝露とCOVID-19との感染率に相関関係があるそうだ。 03/17 08:39

実験のイメージ。(画像: 大阪市立大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症はいまだ収束せず、感染予防に必要な医療物資にも常に制約がつきまとっている。 03/12 16:37

NTTドコモと鯖やグループは8日、非接触でのサバの平均魚体長測定に成功したと発表した。 03/10 07:17

金沢工業大学の坂知樹助教が、テレワーク時のオンライン会議でも相手と視線を合わせながら会話できるWeb会議システムを開発したという。 03/09 17:41

カロリー制限による腫瘍進展抑制効果(画像: 量子科学技術研究開発機構の発表資料より)

福島第一原発事故が発生したことで、被ばくによる発がんリスクについての関心が高まっている。 03/07 07:47

日立造船は3日、3日に都内で開かれた展示会で世界最大級の容量を持つ全固体リチウムイオン電池を開発したと発表した。 03/06 19:20

構造としてはペルチェ素子と同じだが、電力を与えて温度差を作る代わりに温度差を与えることで電圧が得られるもの。 03/06 19:20

最大900℃の高温域でもセラミックスやガラスなどと同レベルの膨張率を持つ合金が開発されたそうだ。 03/02 17:39

研究の概要(画像: 京都大学の発表資料より)

がんの治療に用いられる抗がん剤は、効果とともに副作用も持ち、その副作用が原因で治療を中断せざるを得ないことも少なくない。 03/01 07:28

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告