ホーム > ニュース一覧 > サイエンス(1)

サイエンスのニュース

新型コロナの増殖を抑制する化合物発見 治療薬にも期待 広島大など

広島大学と東京薬科大学は17日、新型コロナウイルスの増殖には、細胞側に存在するプロリン異性化酵素「Pin1」が必須であることが、Pin1の発現抑制の実験から明らかになったと発表した。
09/19 16:36

気象予測の精度、衛星からの重い水分子の観測活かし向上 東大ら

身近な水には、ごく僅かな割合で水素や酸素の重い同位体原子を含む「重い水分子」が必ず含まれている。
09/19 07:51

政府、人為的に台風の勢力を落とす「台風制御」の研究を支援

国の野心的な計画を支援する「ムーンショット型研究開発制度」に、現在提言されている人間と共生するロボットや量子コンピューターといった七つの目標に加え、気象を制御するための「気象制御」「台風制御」の研究、人間心理を研究し、自殺を減らしたり活力を生み出すための研究が新たに加えられる見通しであるという。
09/18 13:33

正露丸にアニサキスの殺虫効果 試験管実験で確認 高知大など

魚介類に隠れているとされる線虫アニサキス。
09/15 08:02

東芝、フィルム型ペロブスカイト太陽電池で世界最高効率を達成

東芝は9月10日、フィルム型の「ペロブスカイト」太陽電池モジュールで、エネルギー変換効率を従来の14.1%から15.1%に引き上げることに成功したそうだ。
09/14 12:03

時間が短縮された? 新型コロナ感染症の検査、何が変わったのか

新型コロナウイルスの感染が広がり始めた頃は、PCR検査の結果が出るまで2、3日と言われていた記憶がある。
09/13 17:47

安全で効率的な細胞用電動ナノ注射器を開発 細胞治療・再生医療に応用 早大ら

早稲田大学、理化学研究所などは10日、細胞内に物質を注入するための細胞用電動ナノ注射器を開発したと発表した。
09/12 07:12

早期発見困難なすい臓がんに新検査方法 線虫と午後の紅茶ミルクティー

早期の発見が難しいとされるすい臓がんに関連する話題が二つ出ている。
09/11 16:09

湿度変化でプラスチックのように硬化するシリコーン素材を開発 名大

直鎖状の分子構造を持つシリコーンは、常温で流動性のある状態で存在することが一般に知られている。
09/11 07:31

フキノトウからガンの増殖・転移を強く抑制する物質を発見 岐阜大の研究

ふきのとうのアクの部分には、発がん物質である「フキノトキシン」が含まれているとされている。
09/09 12:12

日産と早大、EVモーター磁石からレアアースの高純度高効率回収技術を開発

早稲田大学と日産自動車は、カーボンニュートラル社会の実現に向けて2020年代中頃の実用化を目指した実証実験を開始し、共同で開発すると発表した。
09/05 20:44

あなたの知らない電気の世界 次世代半導体「SiC」が、電気の常識を変えていく?

コンピュータや通信など、最先端のIT技術によって、世の中がどんどん便利で快適になっていく。
09/05 20:42

ヒトiPS細胞から作製の腱細胞、アキレス腱断絶のラットに治療効果 京大ら

京都大学と日本医療研究開発機構は8月31日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)からつくった腱細胞を、断裂したラットのアキレス腱に移植したところ、負傷した腱が早期に回復していることが確認されたと発表した。
09/03 11:36

こんにゃく芋の成分がアルツハイマー病の予防に効果 北大の研究

日本の認知症患者のうち約60%を占めるのがアルツハイマー病だ。
09/03 07:28

小惑星ベスタに存在する巨大な谷の形成メカニズム 米ジョージア大学の研究

小惑星の大きさでケレス、パラスに次いで3位にランキングされるのがベスタであるが、この星にはレアシルビアとベネネイアと呼ばれる2つの巨大な谷が存在している。
09/01 07:54

文科省、次世代半導体の概算要求に最大10億円 総務省は20億円を要求へ

文部科学省は次世代半導体の開発の研究・人材育成のために来年度予算として、2022年度の概算要求で最大10億円程度を盛り込む方針だという。
08/31 11:51

水素から重水素の同位体置換を効率よく行える技術 名古屋市立大ら

水素原子よりも2倍重い重水素は、さまざまな用途に使えるものの、自然界には水素と比較して 0.015%と低い割合しか存在しない。
08/31 07:16

スマートウォッチの刺激によるストレス緩和、身体感覚が正確であるほど効果あり 慶應義塾大

人が感じるストレスは心臓の鼓動や発汗、瞳孔の大きさなど身体内部の状態が密接に関係していることが知られている。
08/29 08:26

老化細胞が慢性炎症引き起こす仕組を解明 がんの予防にも期待 がん研究会ら

がん研究会、科学技術振興機構などは24日、老化細胞が慢性的な炎症を引き起こす仕組みを解明したと発表した。
08/26 16:43

文科省、国産ワクチン開発のための拠点大学を整備へ

NHKによると、文部科学省は国内におけるワクチンの開発と生産体制の強化を行うため、拠点となる大学を整備する方針であるという。
08/25 16:15

グリーンランド山頂で降雨観測 史上初

グリーンランドの標高3000メートルという場所にある米国立科学財団のサミットステーションでこれまでで初めて「雨」が観測されたそうだ。
08/25 08:54

タバコ煙や胃潰瘍治療薬、新型コロナの感染抑える効果 広島大ら

一般的にタバコは、新型コロナウイルス感染症には悪い影響を与えると考えられている。
08/23 06:09

菅平高原の草原減少、国立公園指定後に加速 過去300年の追跡調査 筑波大

世界の草原は過去100年間で急速に減少しており、草原性の動植物の絶滅により生態系が損なわれることが危惧されている。
08/22 07:34

アスパラガスの成分に血圧下げる作用 緊急手術などでの活用期待 理研らの研究

アスパラガスには血圧を下げる作用があり、その血圧を下げる成分のうち明らかになっているものもあった。
08/16 17:02

 1 2 3 4 5 6  次へ進む