下請けのニュース(ページ 2)

【系列は崩壊するのか?(1/6)】日本の生産性低下の衝撃:世界1位から15位に

グローバル発注を基本とする情勢の中で、海外生産が増え、日本国内の産業の空洞化が起きている。
12/30 06:47

トヨタ高収益は下請けの犠牲の上に成り立っている? いやTNGAの成果が出ている

米中貿易摩擦を原因とする中国市場の減速、それに伴う円高傾向など、逆風が吹く世界の自動車市場であるが、トヨタは販売台数を伸ばし、純利益率も伸ばしている。
11/14 09:18

Amazon.co.jpの物流倉庫、緊急時の誘導ルートは共有されず

Amazon.co.jpの物流倉庫で、急病人の発生時に通報や誘導に手間取って現場への救急隊員の到着が遅れるという問題が発生しているという
10/26 10:57

殺し屋も依頼を下請けに丸投げ、5次請けのチンピラがしくじり全員逮捕 中国

中国で、暗殺を依頼された殺し屋が、仕事を下請けに丸投げするも、下請けも丸投げを繰り返し、最終的に雇われたチンピラが仕事をこなせないまま足が付き、全員捕まるという間抜けな事件が起きていたそうである。
10/25 18:22

日産の落日? トヨタ頼みの日本自動車産業 (2/2) グローバル発注と下請け体制の決着?

現在、トヨタは「TNGA」と称して、全社のシステムの効率を高めようとしている。
09/18 17:55

日産の落日? トヨタ頼みの日本自動車産業 (1/2) 東北に生産拠点、雇用を生み出す

2019年9月13日、対照的な2つのニュースが日本経済新聞に載った。
09/18 11:56

Microsoft、ユーザーの音声データを人力処理 プライバシー声明に明記

Microsoftが「プライバシーに関する声明」やサポート記事を更新し、収集した個人データの一部を人力処理していることを明記した。
08/17 22:18

ハッカーがロシア諜報機関の下請けに攻撃、盗聴向けプロジェクトが暴かれる

「0v1ru$」と名乗るハッカーが7月13日、ロシアの国家諜報機関、ロシア連邦保安庁(FSB)の請負業者SyTechに侵入して7.5TBものデータを奪った。
07/27 13:09

トヨタ・デンソー式「下請け」? ボッシュ式「サプライヤー」? どちらが優位? (下)

言い換えると、「既製服」と言われる多数のサイズを取りそろえたスーツと、値段は高くなるが「仕立服」と言われるオーダーメイドで仕立てたスーツの違いだろうか? その「仕立服」を「既製服」のように格安で造るのが「トヨタのかんばん方式」と言えるのかもしれない。
06/08 08:34

トヨタ・デンソー式「下請け」? ボッシュ式「サプライヤー」? どちらが優位? (上)

一流の経済記者や評論家でも理解出来ない「下請け」と「サプライヤー」との体質の違い。
06/06 08:47

働き方改革関連法施行で何が変わる? 4月1日からいよいよ施行

2018年に成立した「働き方改革関連法」が、4月1日から順次施行される。
03/30 15:08

ボーイング797開発スタートか? (2) Y-11の怨念が続く757、767の後継機か?

今回、開発が検討されているボーイング797は、757、767の後継として考えられているもので、787と737の中間に位置する大きさだ。
03/17 10:50

トヨタの下請け、最多業種はソフトウェアの受託開発業者

帝国データバンクの『「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)』によると、下請け企業のうち最も多い業種は「受託開発ソフトウェア」だったという。
03/14 09:19

コンビニ24H営業で思う「ビジネス上のWin-Win」

コンビニ大手のセブンイレブンで、24時間営業のしばりについて、本部とある店舗オーナーの間で争いになっています。
03/11 17:51

カルロス・ゴーンの系列解体が原因? 粛清で解決? カルソニックカンセイの不正と隠蔽

2018年9月ごろ、これまで「ダッシュボードやグローブボックス」などに使用される難燃内装材の「難燃性検査」をほとんど行っていなかった疑惑が日産社内で発覚していた。
01/25 17:30

【コストカッター、カルロス・ゴーン(10)】 マクロン大統領の政治的思惑は「邪魔」だ

日本政府が、「日産の件は1民間企業のこと」とマクロン大統領を冷たくあしらったのは、ゴーン逮捕に日本政府が何らかの形で噛んでいると認めたようなものと感じてしまう。
12/10 11:58

【コストカッター、カルロス・ゴーン(5)】売却したGT-Rの技術 独自技術開発を縮小した功罪

これから3社連合がどの方向に向かうべきなのかだが、日産は、ルノー・三菱を切り捨てる選択もあり得る実力だ。
11/29 15:48

車はエンジンだけで出来てはいない(1) 『自動車メーカーは【生産技術】で成り立つ』?

東洋経済のこの参考記事を読んでもらいたい。
11/28 08:24

【コストカッター、カルロス・ゴーン(3)】ゴーンの取った方策はタイムリーだった

カルロス・ゴーンが登場したとき、私が第一に注目したのは、「トヨタピラミッドの下請け体制」と、「日産の世界標準と言われるグローバル発注」との優劣だった。
11/25 10:44

【コストカッター、カルロス・ゴーン(1)】1999年、日産がトヨタに敗れた訳

日産は、1980年代ぐらいまでグローバル企業というよりは、日本国内でトヨタとシェア争いを繰り広げていた状態だった。
11/24 18:24

株式投資は博打などではない (5)

株価ではなく経営者を買え。株式投資の世界で語り継がれている経験則の一つである。
11/20 13:57

メーカーの下請けいじめ! (5) 自動車製造ビジネスモデルの覇権を握るのはどこか?

 さて、振り返ってみると、自らの親会社も他社に買収されたのだが、その買収した企業もビジネスモデルを理解することもできないままで終わり、私たちの親会社は、業績不振から立ち直れず、さらに分割、吸収されて消滅していった。
11/09 20:45

メーカーの下請けいじめ! (4) GSのマネーゲームの果て 高経歴経営陣の「至らなさ」

量産技術のビジネスモデルを無視した親会社からの無茶な要求が続く中、下請けの私の会社は、それではと「コスト半減」の可能性のある方法論を提案した。
11/07 21:33

メーカーの下請けいじめ! 「あるに決まってるだろう!」(3) 業績不振による企業の断末魔

正常な営業状態でも「下請けいじめ」はあるものだが、発注側が業績不振に陥ったとき、なりふり構わず「コストダウン」要求が始まるものだ。
11/05 18:33

メーカーの下請けいじめ! 「あるに決まってるだろう!」(2) AIとは違う「袖の下」の要求

親会社の経営陣が理解できなかったことが何か?技術開発というと、新製品開発などに対しては意外に理解しやすいのか努力を認めるのだが、同じ製品の造り方を変えるなど生産技術に対しては理解できないのだ。
11/02 19:27

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む