1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > kenzoogata(3)

kenzoogataのニュース(ページ 3)一覧

(c) 123rf

米専門誌「コンシューマー・レポート」が発表した自動車ブランドの「信頼度ランキング」で、マツダがトップを獲得した。 11/25 08:30

鋳造設備を「レトロフィット」、つまり再生できるのだそうだ。 11/24 12:17

新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダ・N-ONEは2代目となったが、エクステリアデザインは初代と変わらない。 11/24 09:13

旧ソビエト連邦がワルシャワ機構軍を率いてNATO軍と対峙していたころ、戦車の数ではNATO軍を圧倒していた。 11/23 16:41

しかし、世界政治情勢の変化だけではなく技術的問題として、戦車砲と砲弾の進歩が大きく影響している。 11/23 08:18

陸上自衛隊の最新鋭戦車「10式戦車」は最高出力1,200馬力。 11/22 15:56

現在、「トヨタかんばん方式(欧米名:リーン生産方式)」は世界の製造業で取り入れられており、キヤノンが成功した「屋台(セル生産方式)」の応用も進んでいる。 11/21 17:09

現在でも「トヨタは造り方で世界をリードしている」ことを理解するには、現場で「カイゼン」作業を経験し、さらに俯瞰して決算数字に繋がる部分を理解しなければならない。 11/20 16:53

(c) 123rf

まず、Motor-Fan.jp『トヨタグループの底力:トヨタと他の赤字自動車会社とではどこが違ったのか? 危機対応能力の高さを支えている背景を分析する』を読んでほしい。 11/20 08:37

前は:これがトヨタの強さ『カシオ生産リードタイム短縮生産計画3カ月→2カ月』(1) ■生産リードタイムの短縮 生産リードタイムが短縮されるということは、完成品を含めて在庫が減っていることになり、保管に必要な「工場敷地代金、工場建屋建設費用」など資産勘定の大きな資産が削減されているが、損益に上ってきにくい資産であり、決算書で経理の知識だけでは見つけにくいのだ。 11/17 11:41

自動運転車であることを示すステッカー(画像: 本田技研工業の発表資料より)

本田技研工業は11日、「自動運転レベル3の国土交通省の型式指定」を取得した自動運行装置「トラフィックジャムパイロット」を搭載した「レジェンド」を、2020年度内に発売すると発表した。 11/16 09:16

(c) 123rf

新型コロナウイルス感染拡大で、急激なショックに見舞われてみると、「生産リードタイム」の問題が大きくのしかかってきている製造業は多いはずだ。 11/13 16:23

マツダはかねてより、生き残りをかけてプレミアムブランドを目指してきた。 11/13 08:43

アルピーヌ・A110(画像: アルピーヌ・ジャポンの発表資料より)

アルピーヌ・ジャポンは11月5日、29色のボディカラーや3種類のデザインなどから好みに合わせてオーダーできるカスタマイズプログラム「アトリエアルピーヌ」の受注を開始した。 11/13 07:45

あれから半世紀遅れて、今こそ「情報化社会」が成り立つ技術的背景が整ったのかもしれない。 11/12 16:38

中国は、『デジタル技術で世界をリードし、世界の覇権を握ることを目指している』としか言えない状況だ。 11/11 16:24

戦略輸送機の運用では、ほぼ海外のある程度整備された基地に離着陸することが考えられている。 11/11 08:44

トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

ドイツのベンツ、BMWなどのクルマは、「質実剛健」と言えるメカニズムがしっかりしている。 11/10 15:42

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告