1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 中島義之氏 コラム(5)

中島義之氏 コラムのニュース(ページ 5)一覧

・米株式相場は続落、米中の緊張激化や景気回復失速で ■I.米国株式市場 ●1.米株式市場、NYダウ続落し7/22の27,005ドル⇒7/24の26,469ドルと 07/27 08:14

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況、7/15にNYダウ26,870ドルに上昇、7/16・17は下落し、7/21は上昇 1)ワクチン開発の期待はありながらも、米国の経済活動正常化遅れの懸念が株価の重石に。 07/22 08:05

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況「ナスダックの勢いに注目」 1)7/13の米株式市場でNYダウの上げ幅は一時+563ドル高に達したが、午後に入るとハイテク株を中心に利益確定売りが出て、NYダウの終値は+10ドルで終えた。 07/16 08:14

■I.米国株式市場 ●1.NYダウ7/10、+369ドル高の26,075ドル、未曽有の超緩和策が割高感を相殺している 1)新型コロナの治療を巡り、ワクチン開発進展情報で期待が高まり、楽観視されたため。 07/13 09:12

■I.米国株式市場 ●1.金融バブルが引き起こす『インフレ懸念』で、世界の超富裕層は『株式⇒金投資』へ 1)米国の金価格は7/8、1,818ドルと約10年来の高値水準 07/09 07:19

・WHOはコロナ第2波で数百万人死亡の見方示す■I.米国株式市場●1.IMFが株式・債券などリスク資産の再暴落を警告、市場の楽観と経済実体に『ずれ』 06/29 07:31

■I.米国株式市場 ●1.米ダウは6/24に▲710ドルと急反落、新型コロナ再感染拡大懸念などで 1)景気見通し悪化で、リスク回避の動きが優勢となる。 06/25 07:02

■I.米国株式市場 ●1.米国株式の上昇期(3月24日~6月8日)『金融、コロナ・バブル相場』 1)バブル期に見られた「買うから上がる、上がるから買う」という状況となり、短期筋や個人を中心に割り切って投資するというムードになり、市場の関心が需給相場に集中した様子。 06/23 07:00

■I.米国株式市場 ●1.米株式の上昇相場の行方を占う米FOMC 1)米FOMC(連邦公開市場委員会)が6/9~10日に開催(パウエルFRB議長の記者会見は6/10) 06/11 08:40

I.中国の覇権国家への道は、『米国からの巨額貿易黒字と米国の油断』が開いた 1.中国が覇権を求められるようになったのは、米国との巨額の貿易黒字が源泉 06/08 08:48

■I.米国株式市場 ●1.米国株式はなぜ強いのか ⇒ (1) FRBが何兆ドルもの資金を経済に注ぎ込むからだ。 05/18 08:30

・ブラックスワン飛来後の戻りも、範囲を超えるかに注目 ■I.米国株式市場 ●1.米NYダウ、SP500は転換点を通過するか 05/11 07:59

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの振り返りと、今後の予想シナリオ 1)(1)2009年3月のリーマンショック安値6,469ドルから、11年かけて3段上げ2020年2月23日に29,568ドルと、+457%上昇した。 05/07 07:07

■I.米国株式市場 ●1.米1~3月期のGDPは、▲4.8%と新型コロナで外出規制の為、11年ぶりのマイナス成長。 05/01 11:24

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告