1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > マツダ(3)

マツダのニュース(ページ 3)一覧

MAZDA MX-30 マイルドハイブリッドモデル(画像: マツダの発表資料より)

マツダ・MX-30が、2020年秋に日本市場にも投入されると発表された。 08/03 19:46

MAZDA MX-30 マイルドハイブリッドモデル(画像: マツダの発表資料より)

マツダは31日、同社初の量産EV(電気自動車)であるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を2020年秋より日本に導入すると発表した。 07/31 19:09

コマツは、工場のスマート化(見える化)を実現する「KOM-MICS」の構築を進めているようだ。 07/23 07:26

日産・アリアの発表。(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産・アリア、そしてテスラ・モデルY、アウディ e-tron、メルセデス・ベンツ EQC、ジャガー・ Iペース、フォルクスワーゲン ID.3、BMW i4、ポルシェ・タイカン、マツダMX-30、ホンダeなど、2021年からEVラッシュとなる。 07/21 11:35

マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)

マツダ車のカスタムグッズなどを販売する株式会社MZRacing(以下、 MZRacing )は10日、マツダ株式会社(以下、マツダ)の創立100周年を記念し独自に設定した商品をMZRacingウェブストアなどで販売すると発表した。 07/12 08:17

日産「ノート」e-POWER MEDALIST (画像: 日産自動車の発表資料より)

10年程前、トヨタ、ホンダ、日産3社のハイブリッド車レベルに関する筆者の印象は、「ダントツ首位のトヨタ」、「周回遅れの2位ホンダ」、「2位の背中が次第に遠ざかる日産」だった。 07/09 06:59

(c) 123rf

そこで、現在の情勢を見てみると、ドイツのメーカーが先行していると見える。 07/06 12:05

(c) 123rf

現在進行形と言われている第4次産業革命(インダストリー4.0)は、ネットの普及やAIの利用で進む生産技術革命を言っているようだ。 07/03 16:39

(c) 123rf

第2次産業革命は、「蒸気機関からモーターへ」動力が切り替わり、工作機械個別にモーターが取り付けられ、さらに生産性が向上したとする革命だ。 07/03 07:51

(c) 123rf

第4次産業革命(インダストリー4.0)が、激しい勢いで進んでいく。 07/02 16:38

(c) 123rf

スバルは、3年前サプライヤーと生産ラインのジャスト・イン・タイムを目指すことを発表していた。 06/24 18:49

(c) 123rf

驚くのは、元日産自動車副会長でありCOOを務めた人物に、「開発と生産」の上に「販売計画」が成り立つこと、言い換えると「商品をいかに造り上げるか?」について、マツダ・「スカイアクティブ・テクノロジー」やトヨタ・TNGAの考え方が欠落している、或いはその重要度が極めて低いことだ。 06/22 06:25

トヨタ・ハイラックス(写真: トヨタ自動車発表資料より)

日本でピックアップトラックをあまり見ない理由を考えたことはあるだろうか。 06/16 16:48

20年前、カルロス・ゴーン元会長が日産に入った時、筆者の最大の関心事は「グローバル発注」と「下請け制度」との競い合いであった。 06/16 06:36

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告