ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > 火力発電(3)

火力発電のニュース(ページ 3)

【今、買いは何?】FCV、EV、PHV、HV、エンジン車の中でどれが買いか?

100年に一度の変革期と言われる自動車産業だが、これだけパワーシステムの種類があるとユーザーは選ぶのに困る。
12/17 11:52

火力発電×EVは決して“クリーン”でない 内燃機関は“まだ死せず”

2017年、欧州主要3カ国、英仏独・政府が2040年までに、自国内で販売する内燃機関をパワーユニットとして搭載したクルマ、つまりガソリンとディーゼルエンジン車の販売を全面的に禁止すると発表して話題となった年として記憶されるだろう。
12/11 08:39

豊田通商、エジプト初の風力発電事業に参画

豊田通商は4日、ユーラスエナジーとともに、エジプト初の風力発電事業に参画すると発表した。
12/04 23:01

【マツダ提唱:油田から車輪へ(Well to Wheel)】ガソリンエンジンは消えず

「Well to Wheel」(油田からタイヤまで)を総合してCO2削減を見なければならない。
10/31 11:58

足元事情に安住する恐ろしさ 資源大国オーストラリアが世界一電気代が高い訳

東芝問題が今日時点で未だ決着を見ないでいる。入り口は傘下に収めた原発メーカー「ウエスチングハウス(WH)」の経営不振だった。
10/28 14:42

三菱日立PSと伊藤忠、セルビア最大の発電所向け排煙脱硫装置を受注

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と伊藤忠商事は11日、セルビア共和国のニコラ・テスラA石炭火力発電所に対する排煙脱硫装置(FGD)2基の設置プロジェクトを受注したと発表。
09/12 07:41

住友商事らがバングラデシュの発電所建設など受注、同国発電量の約1割担う

住友商事と東芝、IHIの3社は23日、バングラデシュにおける超々臨界圧石炭火力発電所と港湾の建設工事案件を受注したと発表。
08/24 07:33

電気・ガスの自由化で払われた市場の壁 求められる総合エネルギー市場を俯瞰した事業戦略

【最終回】「電力自由化」に続くかたちで、2017年4月から始まった「ガス自由化」。
08/23 21:08

電気自動車を巡る話題は国際的に“花ざかり”、コトはそれほど簡単ではない

電気自動車(EV)を巡るニュースで自動車業界が世界的に賑やかで花ざかりだ。
08/19 11:37

三菱重工、南ア・火力発電所の損失負担で日立との仲裁を申立て

三菱重工が南アフリカの火力発電所建設で生じた損失負担割合について、日立製作所との仲裁を日本商事仲裁協会に申し立てたと発表した。
08/18 08:01

【2020年トヨタのEVデビュー】充電数分・出力2倍、「全固体電池」開発に成功?

リチウムイオン電池の効率化が進んでいるようだ。
08/04 07:55

【ガソリン車禁止】フランス・マクロンのトランプ潰し?EVシフトの裏側

フランスが「2040年までにガソリン車の販売を禁止する」と発表した。
07/11 07:00

電力大手決算、原発再稼働で業績好転、しなければ現状維持 燃料費と電気料金連動で

4月28日、電力大手3社(東京電力HD、中部電力、関西電力の2017年3月期本決算が出揃った。
05/05 12:17

高浜原発3・4号機の運転差し止め、大阪高裁が取り消しを決定

福井県高浜町の関西電力高浜原発3、4号機に対し、滋賀県の住民ら29人が運転差し止めを求めて提訴していた裁判で、大阪高裁は差し止めを認めた滋賀県・大津地裁の仮処分決定を覆し、再稼働を認める決定を下した(ロイター、中日新聞、福井新聞、京都新聞)。
03/30 18:27

NEDOが再エネ先進ドイツで「大規模ハイブリッド蓄電池システム実証事業」

ドイツは、2050年に国内電力需要の80%以上を再生可能エネルギーに代替していくエネルギー転換政策“Energiewende”を掲げており、風力発電、太陽光発電等の再生可能エネルギーの導入を積極的に進めている。
03/24 09:07

住友商事とIHI、モザンビークにて火力発電所建設を受注

住友商事とIHIは、15日、モザンビーク共和国国営電力公社(EDM)との間に、同国イニャンバネ州テマネに建造されるガス焚き複合火力発電所の土木据付込み一括請負契約を締結した。
03/16 21:30

太陽光発電は石炭火力の2倍以上の雇用を米国で生み出している

米国では2016年、太陽光発電産業に従事する労働者数が25%増加し、26万人超となった。
02/14 11:19

電力市場が全面自由化、16年度販売量は前年比56.3%増の628.7億kWh見込み

電力の小売りは、2000年4月の特別高圧施設の自由化に始まり、2004年4月の高圧500kW以上の自由化を経て、2005年4月に高圧全面自由化となった。
02/11 17:00

動き出した水素社会、鳥取で全国初の水素エネルギー一体型プロジェクト

近年、石油に代わる次世代エネルギーとして水素に期待が集まっている。
02/05 10:30

中国、石炭火力発電所104カ所の建設計画を停止

中国のエネルギー規制当局が、建設を予定していた石炭火力発電所104カ所の建設計画を停止すると発表した(Reuters、大紀元、Slashdot)。
01/24 12:20

インドの石炭火力発電所、二酸化炭素回収し重曹に転換するシステム

インド・トゥティコリン(Tuticorin)にある石炭火力発電所では、排出した二酸化炭素を回収して重曹に変換するというシステムが導入されているそうだ(GIGAZINE、MIT Technology Review日本語版、MIT Technology Reviewのオリジナル記事、Guardian)。
01/13 09:20

東芝、ジブチの政府組織と地熱発電事業で協業

東芝は9日、ジブチ地熱開発公社と地熱発電事業で包括的な協業をすることで合意したと発表した。
08/09 17:04

三井物産、オマーンでの発電事業に出資

三井物産は4日、サウジアラビアの電力会社およびオマーンの銀行・保険会社とのコンソーシアムで、オマーン国営電力・水公社から同国北部における発電事業の受注通知書を受領したと発表した。
01/04 17:38

東燃ゼネラル石油/清水建設/静岡ガス、天然ガス火力発電に関する新会社設立

東燃ゼネラル石油、清水建設、静岡ガスの3社は30日、東燃ゼネラル清水油槽所内の敷地を活用し、天然ガスを燃料とする火力発電所建設プロジェクトの準備作業を共同で進めていくために「清水天然ガス発電合同会社」を設立した。
10/31 05:31

三菱重工と三菱日立パワーシステムズ、長崎の造船所などを再編

三菱重工業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は23日、それぞれ長崎造船所および長崎工場を再編する方針を決定したと発表した。
07/23 13:00

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む