国際 RSS

 

世界の石炭火力発電所、今年はほぼ半数が赤字との推測

2020年4月14日 20:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 英環境関連シンクタンクのCarbon Trackerが世界中で稼働している6696の石炭火力発電所と、計画中の1046の石炭火力発電所について採算性を調査したところ、うち46%が今年は赤字となる見通しであることが分かったという(Carbon Trackerによる発表ReutersSlashdot)。

 卸電力取引市場などでの収入や、運営コスト、炭素価格などから推測したもの。また、2019年に赤字と推測される石炭火力発電所は41%で、2030年までに赤字となる石炭火力発電所は52%に上昇するとの見通しも示した。再生可能エネルギーや安価なガスによる発電が影響しているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力

 関連ストーリー:
みずほFGの株式を保有する環境NGO、気候変動対策を行うよう株主提案 2020年03月17日
ロサンゼルスは気候変動と闘うために石炭を捨てた。代わりに天然ガスを導入した 2019年07月20日
石炭火力発電からの撤退・廃止が相次ぐ。ドイツ2038年までに全廃、日本でも新設計画転換へ 2019年02月01日
脱原発を選んだドイツ、二酸化炭素排出量増加や大気汚染によって年間120億ドル以上の社会的コスト増 2020年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード火力発電

関連記事

広告

財経アクセスランキング