1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 経済一般
  5.  > 独占禁止法(4)

独占禁止法のニュース(ページ 4)一覧

グーグルは、EU(欧州連合)内で販売するスマートフォン(スマホ)について、端末メーカーに提供するメールや地図のソフトなどを有料化すると発表した。 10/19 21:48

企業が談合やカルテルなどの疑いで調査を受けた場合に、弁護士とのやり取りを秘密にできる「秘匿特権」を公正取引委員会が認める方針を固めた

企業が談合やカルテルなどの疑いで調査を受けた場合に、弁護士とのやり取りを秘密にできる「秘匿特権」を公正取引委員会が認める方針を固めた。 10/19 09:32

中小企業の知的財産権が侵害されていないかどうかをめぐり、公正取引委員会がいわゆる「下請けいじめ」の調査に乗り出す

中小企業の知的財産権が侵害されていないかどうかをめぐり、公正取引委員会がいわゆる「下請けいじめ」の調査に乗り出す。 10/05 16:49

米Appleおよびアップルジャパンが、公正取引委員会からの指摘を受けて国内の携帯電話事業者(キャリア)へのiPhoneの納入契約を見直すという。 07/15 18:20

大手携帯通信会社が回線を貸し出したMVNOから受け取る「接続料」について、公正取引委員会が「算定根拠が不透明で、競争阻害の可能性がある」との報告書案をまとめた。 06/25 18:22

他人の犯罪を明らかにすれば、その見返りに罪が軽くなる「司法取引」を導入した改正刑事訴訟法が6月1日に施行された。今後司法取引が経済犯罪・組織犯罪を暴く一助となるかに注目だ。

他人の犯罪を明らかにすれば、その見返りに罪が軽くなる「司法取引」を導入した改正刑事訴訟法が6月1日に施行された。 06/18 00:08

アマゾンジャパンが取引業者に対し不当に「協力金」を負担させていた疑いがあるとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で同社に立ち入り検査を行った(日経新聞、朝日新聞)。 03/17 14:02

先月11日、リニア中央新幹線の関連工事で事前の受注調整が行われていた疑いで、東京地検特捜部が大手ゼネコンである大林組(東京)を調べているとの第1報から、今回のリニア談合事件に関わる報道がスタートした。 01/20 21:22

ハイテク産業がPCやインターネットに匹敵する技術革新を望むのであれば、GoogleとFacebookを解体するべきだ。 12/06 20:59

(c) 123rf

東芝が19日の取締役会で6000億円の増資を決議したことを、日本経済新聞が報じている。 11/20 16:47

米ミズーリ州が米Googleに対し、同州の消費者保護ルールや反トラスト法(日本における独占禁止法に相当)に違反している可能性があるとして調査を始めた(日経新聞、毎日新聞、AFP)。 11/16 21:33

今年7月、公正取引委員会が企業に雇用されずに働く「フリーランス」の労働環境改善を目的とした研究会「人材と競争政策に関する検討会」を立ち上げていたが(日テレNEWS24、日経新聞)、これに続いて公正取引委員会は労働環境の改善に向けた実態調査を始めたという(毎日新聞の記事1、記事2)。 09/04 21:20

(c) 123rf

東芝は8月31日の取締役会で協業先の米ウエスタンデジタル(WD)の陣営に半導体メモリー事業の売却に係る独占交渉権を与えるはずだったが、当日になって一転し各陣営との協議を継続すると発表した。 09/01 11:59

東芝メモリの主力工場である四日市工場に建設中の第6製造棟完成イメージ(写真: 東芝の発表資料より)

30日の日本経済新聞は東芝が協業先の米ウエスタンデジタル(WD)の陣営に半導体メモリー事業の売却に係る独占交渉権を与える方向で調整に入ったと伝えている。 08/31 08:27

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む

広告