1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 分析・コラム(5)

分析・コラムのニュース(ページ 5)一覧

rss

米国連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて、4日のNYダウは345ドル下落し、5日の日経平均も連動するように下落した。 03/05 16:33

前日まで4日連続ストップ高の日本銀行<8301>(JQS、出資証券)は3月5日前場、一転急落しストップ安の4万4000円(1万円安)となった。取引開始後は5万8000円(4000円高)まで一段高の場面があったが、黒田総裁が、「5日午前の衆院財務金融委員会で・・。

■株価対策的な買いの見直しなど注視、日経平均は前場一時621円安 前日まで4日連続ストップ高の日本銀行<8301>(JQS、出資証券)は3月5日前場、一転急落しストップ安の4万4000円(1万円安)となった。 03/05 13:20

中島義之

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)3/1、NYダウ+603ドル高、31,535ドル ・長期金利上昇が先週の1.61%から1.4%台に一服し、先週値下がりした銘柄を中心に買い戻す動きとなり大幅高。 03/04 08:15

(c) 123rf

3月1日に日本銀行の株価が、前営業日比5000円高の3万3000円となり、ストップ高をつけた。 03/02 17:05

米10年債利回りは2月26日、一時1.6%を上抜けた。 03/02 10:18

先週、2日間に渡って行われたのは、FRBのパウエル議長によるアメリカの議会公聴会への出席である。 03/01 17:00

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/25、NYダウ▲559ドル安、31,402ドル ・米長期金利が一時1.61%と、昨年2月以来の水準に上昇した。 03/01 08:56

日経平均株価は3万円を超え、アメリカのダウ平均株価も3万2,000ドルを超えるなど、コロナ禍における暴落から回復し、その後は右肩上がりに上昇を続けてきた株式市場は、もはやコロナバブルであると認識されることが多くなってきた。 03/01 07:16

急騰を続けていたビットコインが23日に急落し、一時5万ドルを割り込んだ。 02/25 16:24

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/22、NYダウ+27ドル高、31,521ドル ・米長期金利の上昇を嫌気する形で売り先行となったが、売り一巡後は米国の追加経済対策の成立や、コロナからの経済活動正常化を期待した買いが入った。 02/25 08:10

ビットコインの取引価格は21日、5万7000米ドル(約601万円)まで接近した。 02/24 10:10

その理由として、コロナショック後(2020年の4月~6月)の株式市場V字回復に対する、一定のリスクヘッジ策として理解することはできないだろうか。 02/22 17:03

当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日付けの当特集で取り上げた証券株と、日本銀行が、前週末18日、19日とETF(上場投資信託)の購入を見送ったことに関連するかもしれない低位地銀株にもう一度注目することとした。 02/22 09:52

10万円と3万円――――この社会的なインパクトはどのくらいのものだろうか?ファーストリテイリング<9983>(東1)の株価は、今年2月16日に10万円台に乗せ、上場来高値を更新した。 02/22 09:51

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/18、NYダウ▲119ドル安、31,493ドル ・米10年国債利回りの上昇で割高感が出た大手ハイテク株が売られ、新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、雇用回復の不安定さが浮き彫りになって下落。 02/22 08:56

ビットコインの高騰はさらに加速し、21日21:00現在、1ビットコイン600万円の大台を超えた。 02/22 07:49

トランプ前米大統領がパリ協定から離脱して以降、世界的な脱炭素への取り組みがやや鈍化したように感じられたが、バイデン氏の大統領就任を機に、一気に脱炭素・地球温暖化対策が加速していく実感がある。 02/21 16:41

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/15、市場は、ワシントン誕生日(大統領記念日)の祝日につき休場 02/18 08:06

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告