老後資金2000万円をつくる銘柄:トランコムの今

金融庁(の審議会)が算出した「老後に必要な資金2000万円」論が、「年金問題」と表裏一体化し物議を読んだ時期だった。
11/16 15:07

相場展望11月16日号 株式市場は来年1月大統領就任式までは高い? 今の市場は『金融バブル』で過大評価、お忘れなく

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/11、NYダウ▲23ドル安の29,397ドル ・景気敏感株は短期な過熱警戒で売りに押され、ナスダックは見直し買いで反発。
11/16 08:34

バイデン大統領誕生に期待したリスクオン相場の転換期はここだ 後編

さて、大統領が民主党、上院が共和党、下院が民主党となったところで、政権運営はどのような流れになっていくのだろうか。
11/14 18:38

バイデン大統領誕生に期待したリスクオン相場の転換期はここだ 前編

11月13日現在、アメリカ大統領選挙は未だトランプ大統領が敗北宣言をしてはいないものの、バイデン候補が選挙人の過半数270人を大幅に上回る数を獲得する見込みであり、ほぼ勝利を確実なものとしている。
11/14 08:55

相場展望11月11日号 ワクチン開発・普及が、株・債券などの急落を招く恐れ 株式市場は、(1)米・新大統領(2)ワクチン開発で急騰

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/09、NYダウ+834ドル高の29,157ドル ・バイデン新大統領当選情報と、ファイザーの新型コロナワクチン開発の好結果を受けて一時+1,600ドル超上昇した。
11/11 07:50

【特集】ハイテク株とバリュー株の要素を「結束」させる二刀流銘柄をマーク

小型株、大型株、主力株の別なくハイテク株とバリュー株の要素を「結束」させる二刀流銘柄をマークして勝利の方程式にチャレンジするのも妙味が大きそうだ。
11/09 09:12

相場展望11月9日号 大統領が誰?訴訟?関係なし、社会構造変革株に投資 新型コロナの影響で、最高と最悪の決算が共存

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/05、NYダウ+542ドル高の28,390ドル ・米大統領選挙の勝敗が判明する見通しで、不透明感が後退し、投資家心理が改善。
11/09 07:36

紛糾するアメリカ大統領選の行方とトランプ大統領の勝算 後編

2016年の大統領選挙において、ヒラリー・クリントン氏が総得票数で約300万票ものリードを広げていたにも関わらず、法定闘争にならなかったのは、やはり獲得した選挙人の数に大差があったという理由であろう。
11/07 16:41

紛糾するアメリカ大統領選の行方とトランプ大統領の勝算 前編

アメリカ大統領選挙は、投票日を4日ほど過ぎた11月7日(土)になっても未だに混沌としているものの、僅差でバイデン候補が競り勝っている状況ではある。
11/07 16:33

投資に役立つROEとROA

企業の財務状況や業績などで判断し、企業の価値を分析するのがファンダメンタルズ分析である。
11/07 09:37

相場展望11月5日号 大統領選結果より、『決着の遅れ』の不透明感を警戒 米上院は共和党優位、捻じれ現象で混迷継続か

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/02、NYダウ+423ドル高の26,925ドル ・大幅下落の反発と、米10月ISM製造業PMIが2年ぶりの高水準を好感して急上昇。
11/05 10:58

【どう見るこの相場】フィニッシュはコロナ禍の「ピンチをチャンス」の耐性クラスター株で冬支度

11月相場がスタートし、年内相場も残り2カ月と押し詰まってきた。
11/02 10:55

相場展望11月2日号 米国株は次期大統領決定まで、『下放たれ』警戒? 日本株は欧米株の下落にどこまで耐えられるか

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)10/29、NYダウ+139ドル高の26,659ドル ・アップルなどハイテク株が業績期待で買われ、市場を牽引した。
11/02 08:24

米大統領選の結果は日本時間でいつ分かる? 大統領選よりも重要なポイントとは? 後編

さらに、トランプ大統領が「不正の温床」として郵便投票に反対していることも大きな問題だ。
11/01 07:55

米大統領選の結果は日本時間でいつ分かる? 大統領選よりも重要なポイントとは? 前編

11月3日(火・現地時間)、アメリカではいよいよ運命の瞬間が訪れる。
10/31 09:40

投資に使えるキャッシュフロー分析

企業の財務状況を知るうえで、欠かせないのが決算書だ。
10/29 18:27

相場展望10月29日号 バイデン勝利は、増税回避で株式は売られやすい 日経平均にも異変の兆し

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)10/26、NYダウ▲650ドル安の27,685ドル ・(1)欧米で新型コロナ感染急拡大 (2)追加経済対策合意の後退、を嫌気して大幅安。
10/29 08:33

オーストラリアがマイナス金利を採用する日はくるか

豪・ウエストバック銀行は、10月6日にオーストラリアの中央銀行にあたるRBA(オーストラリア準備銀行)が0.25%から0.1%に利下げすると予想していた。
10/28 15:23

【特集】長期金利上昇による利ザヤ拡大、運用環境の改善の影響を受けるメガバンク株、保険株ともども要マーク

長期金利のうち米国の10物国債利回りは、前週末に一時0.87%と今年6月5日の0.95%以来の高水準となった。
10/26 09:11

【どう見るこの相場】「それほど悪くない」が「それほど良くない」と拮抗なら金利上昇メリットの金融株が浮上

「それほど悪くない」というマーケット・コメントを聞く機会が増えた。
10/26 09:09

相場展望10月26日号 米大統領選投票率60⇒70%でないと、トランプ勝利? 日経平均はハイテク成長株⇒景気敏感株の兆し?

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)10/22、NYダウ+152ドル高の28,363 ・▲150ドル近く下げたが、ペロシ下院議長が「合意は近い」と楽観的見通しを示したことで、下げ幅を消し、景気敏感株が軸となり上昇に転じた。
10/26 08:13

QEのグリーン化がコロナ後の世界に定着する!?

ECBがグリーン量的緩和(QE)に踏み切るのだろうか?ECBのシュナーベル専務理事は9月28日、グリーンQEの可能性を示唆した。
10/24 09:08

相場展望10月22日号 米大統領選の投資は『後出しジャンケン』で 米司法省はグーグルを提訴⇒株式市場波乱要因?

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)10/19、NYダウ▲410ドル安の28,195 ・追加経済対策の成立期待が剥落し、売りが膨らんだ。
10/22 08:23

自社株買いの株価押し上げ効果は約3% 日本証券経済研究所

20日、日本証券経済研究所が公表した「証券レビュー第60巻10号(2020年10月)」の中で、「自社株買いの株価押し上げ効果の推定」と題する評論が掲載された。
10/21 07:45

前へ戻る   5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ進む