新しい大統領選に続く、新しい仕手戦の根源 ゲームストップ社株暴騰の理由 後編

仕手筋が演出する値動きは、証券取引等監視委員会による不正調査の強化などにより発生しにくくなっているとはいえ、未だに不自然な値動きがないわけではない。
02/03 08:05

新しい大統領選に続く、新しい仕手戦の根源 ゲームストップ社株暴騰の理由 前編

混迷を極めたアメリカ大統領選挙は、約200年ぶりの議会襲撃事件など様々な過程を経てバイデン大統領の誕生に結実したが、大統領就任式の約1週間後である1月27日、今度は株式市場において新しい戦いが始まった。
02/02 07:59

【どう見るこの相場】個人投資家の日米格差は「トリプル・ブルー株」、「ダブル・ブルー株」でリプレース

米国の個人投資家のいわゆる「ロビンフッダー」が、またまた存在感を発揮しているようである。
02/01 09:45

相場展望2月1日号 外国人投資家の相場操縦で、買いに誘われた個人信用投資家がハシゴ外され損失を抱え込む展開

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/28、NYダウ+300ドル高、30,603ドル ・前日の▲633ドル安と今年最大の下落となった反動もあり、自立反発狙いの買いも入って一時+600ドル超まで上昇しほぼ全値戻しをしたが、その後、売られ前日の下げ幅の半値戻しまで縮小した。
02/01 09:20

機関投資家の買い増しでビットコインが再び急騰 老後資金の資産運用として注目すべきか

ブルームバーグの報道によると、暗号資産・ビットコインが再び上昇し始めたという。
01/30 09:15

イエレン新財務長官の厳しい船出

前米国連邦準備理事会(FRB)議長だったジャネット・イエレン氏の財務長官就任が米議会上院の賛成多数で承認された。
01/29 08:54

相場展望1月28日号 日経平均・NYダウともに黄色信号? 中国の金利上昇も、景気に水をさすと気掛かり

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/25、NYダウ▲36ドル安、30,960ドル ・NYダウは小幅ながら3日連続安。
01/28 08:49

なぜ投資は失敗するのか バリュー投資・グロース投資の今と、重要な2つの要素 後編

そもそも、バリュー投資は暴落時の対策以外、原則損切りをしないという条件の下で行われる投資であり、極端にいえば、株式を購入したら日々の値動きは一切見ずに、決算まで保有し続けるぐらいの覚悟が必要だ。
01/26 13:30

なぜ投資は失敗するのか バリュー投資・グロース投資の今と、重要な2つの要素 前編

アメリカ・ジョージア州における上院選での民主党の勝利により、トリプルブルーとなったバイデン政権に対する市場の評価は、公約に盛り込まれた規制よりも目先の緩和を材料としており、やや株高方面ではあるものの、日経平均株価はダウ平均株価と共に上値の重たい展開となっている。
01/25 16:27

【特集】マーケットのさらなる流動化の享受を期待して証券株、続いて地銀株にも注目

「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く買い向かったが、今回は、そうしたことも含めてマーケットのさらなる流動化の享受を期待してまず証券株である。
01/25 09:52

相場展望1月25日号 米景気刺激策の縮小を意識、市場の勢い鈍化?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)1/21、NYダウ▲12ドル安、31,176ドル ・NYダウは3営業日ぶりに小反落。
01/25 09:03

投資家が注目するDX

日経XTECHによると、デジタルトランスフォーメーション(DX)の国内市場は2030年に3兆円超に達すると予測されている(富士キメラ総研「2020デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望」)。
01/23 08:59

EU接種:夏まで全人口70%が目標、「ワクチンパスポート」に賛否両論

欧州連合(EU)は19日、新型コロナウイルスワクチンについて、夏までに域内全人口の70%を接種させる目標を掲げた。
01/22 12:55

相場展望1月21日号 短期筋の買い仕掛け明らか! 日経平均1/19の大幅上昇は僅か10銘柄で70%を占める異常

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/18、「キング牧師の生誕日」の祝日で休場。
01/21 08:54

カーボンニュートラルは実現するのか

バイデン次期米大統領の就任式が20日に迫っているが、トランプ政治からの転換が期待される。
01/20 08:49

「バイデノミクス」とトランプ大統領のマキビシ 後編

このような、バイデン政権に足かせとなる動きは政権終盤の外交政策でも見られており、今年に入って政権交代間際となっても、イランへの制裁強化や台湾との接触制限無効化などが政策として行われている状況だ。
01/18 15:55

「バイデノミクス」とトランプ大統領のマキビシ 前編

アメリカにおける議事堂占拠という衝撃的なニュースが冷めやらぬなか、20日に行われる大統領就任式に備えてFBIが警戒を呼び掛けるなど予断を許さない状況ではあるが、バイデン政権がまもなくスタートすることになる。
01/18 08:37

相場展望1月18日号 『日経平均』の暴走は、外資系短期筋が買い煽った株価操作の贈り物か?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/14、NYダウ▲68ドル安、30,991ドル ・バイデン次期大統領が発表の数兆ドル規模の経済対策を期待して上昇したが、買い一巡後は、長期金利が上昇したのを背景にハイテク株への売りが重荷になった。
01/18 08:31

ビットコイン急落はバブル崩壊の序章か!?

2020年から記録的な暴騰を続けてきたビットコインが急落した。
01/15 16:08

相場展望1月14日号 バイデン新政権での大規模刺激策を期待して株価は上昇したが、その実現可能性は?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/12、NYダウ+60ドル高、31,068ドル ・バイデン新政権による(1)現金給付600⇒2,000ドル増額、(2)大規模経済対策が米景気回復を促進するとの期待が市場を牽引した。
01/14 11:21

米国長期金利、1%台に上昇

6日に米国10年債が昨年3月以来となる1%台を記録した。
01/13 09:10

【特集】グロース株よりバリュー株が優位、「01銘柄」などは株価優位性

仮にインフレ進行が現実味を帯び、パラダイムシフトの前触れとなるなら、投資セオリーは「カネよりモノ」、「バーチャルよりリアル」、「ソフトよりハード」であり、グロース株よりバリュー株が優位となるはずだ。
01/12 09:44

相場展望1月12日号 米政治混乱が相場転換の契機となるか注視 日本株で気になる点に注目

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/7、NYダウ+211ドル高、31,041ドル ・バイデン氏の大統領選挙での勝利が議会で確定し、政局不安が後退し相場は上昇。
01/12 08:53

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ進む