1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ロシア(1)

ロシアのニュース一覧

国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士がティーバッグを用い、空気漏れの位置を特定したとTASSが報じている。 10/20 19:09

中国でも似たような話があったが、ロシア政府は、監視や検閲機能を妨げる危険性のあるインターネットプロトコルの使用を禁止できるよう法改正を進めているそうだ。 09/28 17:55

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)9/16、NYダウは+36ドル高の28,032ドル 09/23 09:17

ロシアの特殊部隊が採用している防楯には、ど真ん中にマークが付けられているそうだ。 09/08 08:27

ロシア連邦反独占庁(FAS)は8月28日、AppleのApp Storeにおける反競争行為に対し改善命令を出した。 08/30 18:22

国際宇宙ステーション(ISS)で通常よりもわずかに高いレートの空気漏れが確認されていることから、今週末に全ハッチを閉じて各モジュールの気圧変化を調べるテストを実施する(NASAのブログ記事)。 08/22 18:06

地球の上空488マイル(785キロメートル)を飛行する人工衛星が偶然、北極圏バレンツ海でロシアが行っていたミサイル実験の様子をとらえることに成功した。 07/29 08:51

Twitter Blogによれば、Twitterは国家機関の情報工作と関連するアカウントの大量削除を行った。 06/13 20:20

サウジアラビアは石油輸出国機構(OPEC)と取り組んできた原油の協調減産とは別に、独自で取り組んできた減産を6月で終了する。 06/11 13:28

Facebookが6月4日、表示されるニュースの提供元を明確にする取り組みとして、「国の支配下にあるメディア」にラベル付けを行うことを発表した。 06/09 17:33

半径50mの小惑星が地球をかすめる際の軌道を示す図(右上挿入図から地球上空の通過距離が3000kmであることが読み取れる) (c) Khrennikov他

ツングースカ大爆発とは、シベリアのツングースカ川上流で1908年6月30日朝7時2分(現地時間)に起こった、小惑星が原因と考えられる大爆発事件を指し、天文マニアでなくとも聞き覚えがある人も多いのではないだろうか。 05/21 08:05

続いて新興国を見ていきたい。まず、注目すべきは新型コロナウィルスの発生国となった中国である。 05/16 19:50

新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化の懸念から、株式市場は乱高下している一方で、原油価格も大幅に下落しており、こちらも株式市場にも大きな影響を与えている。 04/18 20:28

3月初旬のOPECプラス会合での決裂を受け、サウジアラビアとロシアが原油の増産を始めた。 04/02 17:38

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告