1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > ゲノム(1)

ゲノムのニュース一覧

連携の概要。(画像:リージョナルフィッシュ発表資料より)

ゲノム編集技術を活かし水産物の「超高速品種改良」などを行っているリージョナルフィッシュは21日、NTT、NTT東日本、NTTドコモ、宇部興産、荏原製作所、電通の6社と連携協定を締結したことを発表した。 10/22 16:58

47都道府県と中国・北京の漢民族を対象にしたクラスター分析の結果。4つのグループに分類される(画像:東大の発表資料より)

東京大学は14日、47都道府県に住む日本人約1万1,000名のゲノムデータを解析し、都道府県レベルでの遺伝的な違いを明らかにしたと発表した。 10/18 17:11

2020年のノーベル化学賞はドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(フランス出身)と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・A・ダウドナ氏が共同受賞した。 10/08 17:23

グローバルインフォメーションが「農業における遺伝子技術:2020年~2030年の予測、市場、技術」。2050年までに食料生産量は170%が必要に

3月3日に種苗法の改正が閣議決定され3月国会で成立を目指す予定であった。 08/21 08:57

トノサマバッタが大群化する誘引物質として、中国科学院の研究チームが4-ビニルアニソール。 08/16 08:09

謎の多い新型コロナウイルスを巡る議論は幅広い。 08/07 16:35

酵素が細胞の老化を阻止(写真:熊本大学の発表資料より)

高齢化の進む日本。平均寿命が今後も延びると予想されるため、健康を維持しつつ年齢を重ねることが求められる。 06/26 07:04

細胞周期とマイクロインジェクションの時期が、ノックイン効率に与えることを示した図(画像: 理化学研究所の発表より)

理化学研究所の阿部高也技師らの研究チームが6月18日、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を使ったノックインマウスの作製法を開発したと発表した。 06/24 07:20

CONAN法による新型コロナウイルス検出法の概要(東京大医科学研究所の発表より)

東京大学医科学研究所の真下知士教授らが、ゲノム編集技術「CRISPR-Cas3(クリスパー・キャス3)」を用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を迅速に検出する診断法を確立したと発表した。 06/10 07:24

遺伝子組換でないナス(左)とGMナス(右)の断面写真(大阪府立大のホームページより)

大阪府立大学は14日、遺伝子組換え技術を使い、摂取後に体内でビタミンAに変換されるβカロテンの含有量が、普通のナスより約30倍多いナスの開発に成功したと発表した。 05/18 17:36

(c) 123rf

私たちの体の免疫システムは非常に優秀である。 05/02 14:28

画像はイメージです。

新型コロナウイルスの治療に向けて、新型インフルエンザ治療薬として備蓄されていた「アビガン」がテスト投薬されはじめ、日本だけでなく世界で注目されている。 04/29 08:45

今回の研究の概要。(画像: 京都大学の発表資料より)

京都大学ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授らの研究グループが15日、ヒトのiPS細胞(人工多能性細胞)で再生したT細胞をヒト由来の腎ガン細胞に投与した結果、治療効果がみられたと発表した。 04/16 19:44

画像はイメージです。

中国・武漢を起点に世界中に蔓延した新型コロナウイルス。 04/11 19:53

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告