1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 楽天(4)

楽天のニュース(ページ 4)一覧

矢野経済研究所が国内インターネット通販市場を調査

日本のネット通販の大手、楽天の三木谷社長が送料無料化の方針を固め、これに対して公正取引委員会が独禁法違反の疑いがあると指摘するも方針を変えず、公取が楽天に立ち入り検査を行うという事態にまで発展した。 02/25 08:30

ワークマンが新たに始めた「店舗在庫」による「店舗受け取り」通販。(画像: ワークマンの発表資料より)

ワークマンが2月末、楽天市場から撤退した。 02/25 08:19

(c) 123rf

2月13日、楽天は前12月期決算を発表した。 02/24 07:52

楽天の三木谷浩史会長兼社長が、自社の通販サイトである「楽天市場」で、3980円以上の商品を購入した顧客の配送料を無料にする(一部地域は除く)と、19年8月1日に表明した。 02/20 12:03

(c) 123rf

楽天は13日、2019年12月期連結決算を発表、国内ECの流通総額やカード会員の拡大により売上高は前期比14.7%増の1兆2,639億円となるも、連結営業利益は同57.3%減の727億円となり、純損益は318億円の損失と、8年ぶりの赤字決算となった。 02/14 08:14

楽天がオンライン市場の送料無料化をめぐって出店者側と対立し、揺れている。 02/12 17:57

楽天のネット通販サイト「楽天市場」において、楽天が出店者に対し自らの地位が優位にあることを利用して一方的に規約を変更するなど不当な要求をした疑いがあるとして、公正取引委員会が楽天に対する立ち入り検査を実施した。 02/11 09:46

政府は巨大IT企業に対する規制を検討しているが、政府のデジタル市場競争会議がこの規制の概要を決めたとのこと。 02/01 22:07

ネット通販による宅配便の需要増とあわせ、不在などで受け取れない宅配物の再配達が課題となっている。 01/30 08:25

2019年8月に楽天が「楽天市場で3980円以上の買い物をすると送料無料」を発表し(過去記事)、それについて公正取引委員会が独占禁止法の「優越的地位の濫用」に当たる可能性があると指摘していたが(過去記事)、三木谷社長は予告通り実施する意向を示したため、とうとう送料の強制無料化に反対する一部出店店舗で組織した任意団体「楽天ユニオン」が公正取引委員会に調査を要請した。 01/24 08:51

副業で注目されている、「中国輸入ビジネス」をご存知だろうか。 01/07 18:50

NEC、上期は全セグメントで調整後利益が増益し上振れ 追加投資実施のため業績予想は据え置き

新野隆氏:執行役員兼CEOの新野です。 01/07 09:07

楽天市場が今年8月、楽天市場を利用したネット販売を行っている各店舗に対し購入金額3,980円以上の注文についてすべて送料無料にすることを求めた。 12/20 09:58

楽天モバイルは自前で構築した通信網を使った携帯電話サービスを10月より開始している。 12/04 09:08

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告