ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > 自動運転(6)

自動運転のニュース(ページ 6)

京王線新宿駅でロボット床面洗浄機導入 デザインは5000系車両をイメージ

京王線駅構内の清掃や鉄道施設管理などを行う京王設備サービスは、2月15日より、自律走行式ロボット床面洗浄機を京王線新宿駅のホームやコンコースで本格稼働させる。
02/10 17:32

チューンドカー市民権、確立 (2/2) 市場は変わる 「東京オートサロン2020」

「東京オートサロン」は、現在では「東京モーターショー」を上回る人気があり、国内の自動車メーカーだけでなく外国車メーカーも出展するようになってきた。
02/10 08:16

日本ユニシス、顧客への課題解決力強化で6年連続の営業利益率アップへ

日本ユニシスは1月27日、横浜銀行が導入するプロモーションプラットフォーム「Eltropy」の実証実験を支援すると発表した。
02/04 12:36

スバル、今後10年間の技術指針を発表 電動化や死亡事故ゼロ (1/2)

トヨタ自動車グループと言えるスバルが、その独自性をアピールした今後10年間の技術開発の方向性を示した。
02/04 08:22

スバル・XV/インプレッサ大幅改良 欧州でトヨタ方式HV発売 新EVコンセプト発表

スバル・インプレッサ/XVが2019年11月に大幅に改良された。
01/27 17:41

ルノーがピンチ、日産株売却か? 日産「持ち合い株」に持ち込むチャンス

ブルームバーグの報道によると、ルノーが資金ひっ迫で日産株の売却もあり得ると、シティグループの株式アナリストであるアンガス・トゥイーディー氏が分析を発表した。
01/25 12:14

埼玉工業大、「彩の国ビジネスアリーナ2020」でAI自動運転バスの試乗会

埼玉工業大学は、さいたまスーパーアリーナで1月29・30日に開催される「彩の国ビジネスアリーナ2020」において、自動運転車両を展示し、AI自動運転バスの体験試乗会を実施する。
01/24 17:49

CES2020閉幕 存在感を示した日本企業の最先端技術

毎年1月に開催されている、世界最大級のエレクトロニクス見本市「CES2020」が、今年も 1月7日から10日の4日間にわたって、アメリカのネバタ州ラスベガスで開催された。
01/20 13:20

SUBARU、「レヴォーグ・プロトタイプ STI Sport」を初公開 今秋発売か?

SUBARUは幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」において、「新型レヴォーグ・プロトタイプ STI Sport」を初公開した。
01/16 08:50

変形ハンドルのメリット・デメリット ルーツはF1でロックトゥロックが半回転

近年、車のハンドルは真円でない変形ハンドルが増えている。
01/16 08:13

ソニーがイメージするクルマの理想形! プロトタイプ発表で、業界騒然! (上)

ソニーは米ラスベガスで1月7日から10日まで開催されたCESで、独自開発のクルマをお披露目した。
01/14 20:22

テスラ、2.6秒で0-100km加速を体験できる「ルーディクラス体験会」実施

テスラモーターズ・ジャパン(以下テスラ)は、2.6秒で時速100kmまで加速する体験などができる「ルーディクラス試乗会」を、2月8日に神奈川県・大磯プリンスホテルで開催する。
01/11 19:16

【日産は何を間違えたのか?(2)】日産に未来はない? トヨタ・Woven Cityを見よ!

一方、日産の騒動をよそに、トヨタは「Woven City」(ウーブン・シティ)と呼ぶスマートシティー構想を掲げた。
01/09 19:52

豊田通商、売上総利益が減少するも、為替差損益の良化によって営業利益は12億円増加

貸谷伊知郎氏(以下、貸谷):社長の貸谷でございます。
01/09 19:09

つながる街をトヨタが作る! 「Toyota Woven City」プロジェクト発表

トヨタは、アメリカネバダ州ラスベガスで1月7日~10日に行われている世界最大の技術見本市「CES2020」にて、あらゆるサービス、モノがつながる街「コネクティッド・シティ」プロジェクトを発表した。
01/09 06:48

トヨタ、富士山裾野に実証実験都市建設開始 CES2020で社長自ら概要を発表

トヨタ自動車は2020年1月7日~10日、米国ネバダ州ラスベガスで開催しているCES 2020(国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)において、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスがつながる実証実験都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。
01/08 07:35

「空飛ぶクルマ」の実現へ有人飛行試験を開始 国内初 SkyDrive

自動操縦で空を飛ぶ垂直離着陸機「空飛ぶクルマ」の開発に取り組んでいるスタートアップ企業「SkyDrive(スカイドライブ)」(東京都新宿区)は6日、日本で初めての有人飛行試験を愛知県豊田市の屋内飛行試験場で開始したと発表した。
01/07 08:03

新(真)「羊の皮を被った狼」トヨタ・ヤリスGR 直3気筒 1.6Lターボ 燃費36.0km/L (3/3)

また、新型トヨタ・ヤリスの標準車、GR共に、時代の要請であるADAS(先進運転支援システム)も大幅に機能アップしてきており、安全に関する機能装備について、クラスで差別せず(クラスレス)に最新鋭装置を装備してくることは大歓迎である。
01/06 17:31

【系列は崩壊するのか?(2/6)】ハードからソフトへ EV化がCASEの戦場へ誘う

今、自動車業界で話題の言葉にCASEがある。CASEとは、「Connected、Autonomous、Shared、Electric」の頭文字を取ったものだ。
12/31 08:32

子年相場の「有力テーマ」を考える (上)

12月初旬、兜町を歩いた。「子年相場の注目テーマ」を確認するためである。
12/25 17:26

【2019年末企画】カーオブザイヤー・10ベストカーから見える2019年の世界の自動車 (3/3)

第4次産業革命について、ネット社会の存在を挙げることが一般的に行われており、産業革命のこれまでの変遷について「蒸気機関・電気・コンピュータ・ネット」と分類するのは社会学者や経済学者の見方である。
12/25 06:30

産総研や理研、AI研究開発の連携組織を設立 国内のAI研究開発を活性化へ

産業技術総合研究所(産総研)、理化学研究所(理研)、情報通信研究機構(NICT)は16日、共同で人工知能研究開発ネットワークを設立したと発表した。
12/18 08:30

【自動操縦に警鐘】安全確保のはずが! ボーイング737MAX生産停止 (2/2)

つい最近、自動車の「安全支援装置」として、新車に装着が義務付けられることになった「緊急ブレーキ」だが、センサーの誤動作は、事故を起こして生産停止となったボーイング・737MAXのようにあり得ることで、その時ドライバーの操作はほとんど不可能と言えるのかもしれない。
12/17 18:00

AI配車アプリでタクシー売上げアップ確実 タクシー歩合給の是正が可能に

DeNAがAIタクシー配車アプリでサービスを開始している。
12/17 14:17

Appleの情報盗んだ中国出身エンジニア、パトリオットミサイルの情報も

Appleの自動運転車開発プロジェクト「Titan」に参加していた技術者Jizhong Chen(陳継忠、中国生まれ、米国籍)が情報を盗んで中国のEVベンチャーに転職、出国しようとした直前に捕まったのだが(AFP、ITmedia)、彼の家を捜索したところ、パトリオットミサイルの機密情報が出てきたそうだ。
12/15 10:36

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む