1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > はやぶさ2(1)

はやぶさ2のニュース一覧

はやぶさ2が撮影したリュウグウ表面 (c)JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運用する探査機「はやぶさ2」が探査した小惑星「リュウグウ」は、研究者が期待したよりも水の少ない天体であることが判明している。 01/12 09:36

F-2戦闘機後継が、また日米共同開発となった。 12/25 18:02

すばる望遠鏡が撮影した小惑星「1998 KY26」 (c) 国立天文台

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ(Ryugu)」からサンプルを採取して、10日(ハワイ現地時)に地球へとカプセルを帰還させた。 12/21 08:39

地球に帰還した探査機「はやぶさ2」のカプセルに 小惑星「リュウグウ」のものとみられる黒っぽい砂の粒が 多数入っていることが確認されたそうです 情報元へのリンク JAXAは12月14日、5日に帰還したはやぶさ2のカプセルから小惑星Ryugu由来のサンプルを確認したと発表した。 12/15 16:51

豪州に落下したマーチソン隕石の試料から有機化合物を抽出した様子。水に浸し有機化合物を抽出する。(c) NASA's Goddard Space Flight Center/Eric T. Parker

小惑星探査機「はやぶさ2」は12月6日、小惑星「リュウグウ」から採取した試料を入れたカプセルを無事に地球へと帰還させた。 12/14 16:57

小惑星探査機はやぶさ2が帰還し、小惑星リュウグウで採取したサンプルを格納したカプセルを分離したのち、拡張ミッションの目的地となる微小小惑星「1998 KY26」へ向けて再び旅立った。 12/06 21:01

はやぶさ2のサンプル回収のリハーサル風景 (c) Trevor Ireland、オーストラリア国立大学

いよいよJAXAの「はやぶさ2」が12月6日未明(日本時間)、オーストラリアの砂漠に小惑星リュウグウで採取したサンプルを送り届ける。 12/05 09:23

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、美星スペースガードセンター(岡山県井原市)の望遠鏡により、小惑星リュウグウの観測に成功したと発表した。 11/11 11:42

三菱重工業は20日朝、H-IIAロケット42号機でアラブ首長国連邦 (UAE) より受注した火星探査機「HOPE」(アル・アマル)を打ち上げた(NHKの記事, 朝日新聞の記事, Soraeの記事)。 07/20 20:09

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、惑星探査機「はやぶさ2」の帰還日を発表した。 07/17 09:00

LIDARによる測距値とONC-W1カメラの輝度データで、はやぶさ2の軌道修正が可能に。画像:RISE惑星探査プロジェクトの発表資料 (c) 国立天文台

小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的で打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」。 07/09 17:21

地球に水が誕生する3つの過程(写真:北海道大学の発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるはやぶさ2が、小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的のひとつとして、地球上の生物の起源を探ることがある。 05/15 17:35

小惑星リュウグウは一時、太陽に接近した軌道にあったと考えられるそうだ。 05/10 18:37

人工クレーターを作り出すプロジェクタイルが衝突する前(左)と衝突後(右)の写真。(c) Arakawa et al.,2020

2019年4月5日、小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウに人工クレーターを生成する実験を行い成功した。 03/21 17:00

小惑星リュウグウの最高温度分布(左)と、1日の温度変化と予測値の比較(右) (c) Okada et al., Nature 2020

地球近傍小惑星群のひとつ「アポロ群」に位置するリュウグウの探査が宇宙航空研究開発機構(JAXA)の運営するはやぶさ2によって実施された。 03/19 06:21

リュウグウにタッチダウンするはやぶさ2のイメージ。(c) 池下章裕

JAXAが小惑星リュウグウに送り込んだはやぶさ2が、今年12月に地球に帰還する予定だ。 01/10 17:09

はやぶさ2の出発スケジュールの概要(写真:JAXAの発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、小惑星探査機はやぶさ2が、10時5分に小惑星リュウグウから地球に向けて出発したことを確認したと発表した。 11/15 08:55

10月3日、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」から小型ローバ「MINERVA-II2」の分離が行われた。 10/04 18:48

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告