1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 宇宙技術・天体(1)

宇宙技術・天体のニュース一覧

rss
フライバイ中に撮像された金星 (c)ESA/BepiColombo/MTM

欧州宇宙機関(ESA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)による国際水星探査計画「ベピ・コロンボ」。 10/20 07:25

NASAの火星探査機InSightは火星着陸から2年近くにわたって地熱測定装置Heat Flow and Physical Properties Package(HP3)のプローブ打ち込みを試みているが、ようやくHP3の小型杭打ち装置(mole)が見えなくなる深さまで地中に進んだそうだ。 10/17 18:58

地球と月の磁場が結びつき、太陽風から地球の大気を保護するイメージ図。(c) NASA

アメリカ航空宇宙局(NASA)は15日、地球と月の磁場が結合することで、初期の激しい太陽風から、古代の地球の大気を保護したと考えられるとする研究成果を発表した。 10/17 16:07

マーズサンプルリターンのイメージ図 (c) ESA–K. Oldenburg

2020年7月30日、アメリカの火星探査プロジェクト「MARS2020」による火星ローバー「パーサヴィアランス」が打ち上げられ、2021年2月18日の火星着陸を目指している。 10/16 16:48

肉眼では見ることが出来ない仮想上の物質「ダークマター(暗黒物質)」。 10/16 15:16

日本や米国、英国など8か国は14日、月や火星などの宇宙探査や宇宙利用に関する新たな基本原則を定めた「アルテミス合意 (Artemis Accord)」に署名した。 10/16 08:40

NASAの小惑星専門家Paul Chodas氏は8月に発見された小惑星「2020 SO」が実際には小惑星ではなく、54年前にNASAが打ち上げたCentaurロケットの第2段ではないかと予想しているそうだ。 10/15 08:57

ESAの月面着陸用サービスモジュールの一部 (c) Airbus

欧州宇宙機関(ESA)は13日、月面着陸用サービスモジュールの基本構造が、イタリア・トリノにあるタレスアレーニアスペースの製造現場から、ドイツ・ブレーメンにあるエアバス統合ホールに到着したと発表した。 10/15 08:29

NASAは10日、SpaceXの「Crew-1」ミッションのスケジュール変更を発表した。 10/14 07:57

8,800km離れた日本のストロンチウム光格子時計とイタリアのイッテルビウム光格子時計の周波数差を直径2.4mのアンテナを用いて天体電波観測技術(VLBI)で16桁の精度で計測する技術(出典:情報通信研究機構)

情報通信研究機構は6日、数億光年の彼方にある天体からの信号を用いて、超高精度光格子時計の周波数を補正する技術を開発したと発表した。 10/08 11:11

「マグネター」と磁力線の想像図(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)は10日、3月に報告された新天体「Swift J1818.0-1607」が、中性子星の一種であり、宇宙でもっとも強い磁場をもつ「マグネター」であることを突き止めたと発表した。 10/07 16:40

ジャコビニ流星群は太陽の周りを約6.6年周期で周回しているジャコビニ・ジンナー彗星がもたらすもので、毎年10月上旬頃に出現している。 10/07 07:12

長周期彗星の軌道が集中する黄道面と空黄道面の概念図 (c) 国立天文台

ハレー彗星のように約76年周期で太陽のそばに戻る彗星がある一方、何百万年もの長い周期をもつ長周期彗星が確認されている。 10/02 18:16

隕石中にダイヤモンドが含まれている事実が世界で最初に発表されたのは、1888年のことであった。 10/02 13:38

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告