1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 宇宙技術・天体(1)

宇宙技術・天体のニュース一覧

rss

防衛省は25日までに都内の航空自衛隊府中基地に人工衛星が衝突の脅威に晒される宇宙ゴミ(スペースデプリ)の監視や不審な衛生の監視を任務とする「宇宙作戦隊」を発足した。 05/26 08:26

いて座の矮小銀河の銀河系への衝突事件のイメージ図 (c) 欧州宇宙機関(ESA)

欧州宇宙機関の研究者たちによって、私たちの故郷である太陽系が実は銀河系とそれ以外の別の銀河が衝突した結果、誕生したのではないかという仮説が、5月25日に英国Nature Astronomyで発表された。 05/26 08:03

ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA

NASAは5月20日、現在開発中の次世代宇宙望遠鏡をローマン宇宙望遠鏡と名付けたと発表した。 05/25 19:25

こうのとり9号機を搭載したH-IIBロケット9号機が打ち上げられる様子 (c)三菱重工/JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機を載せたH-IIBロケットの打ち上げに成功したと発表した。 05/23 09:15

木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。

木星にある70以上の衛星のうち、イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストはガリレオ衛星と呼ばれる大きな衛星だ。 05/21 18:30

半径50mの小惑星が地球をかすめる際の軌道を示す図(右上挿入図から地球上空の通過距離が3000kmであることが読み取れる) (c) Khrennikov他

ツングースカ大爆発とは、シベリアのツングースカ川上流で1908年6月30日朝7時2分(現地時間)に起こった、小惑星が原因と考えられる大爆発事件を指し、天文マニアでなくとも聞き覚えがある人も多いのではないだろうか。 05/21 08:05

オリオン座。

オリオン座のベテルギウスは2020年のはじめごろには大幅な減光により、超新星爆発が近いかもしれないと天文マニアの注目を集めていた。 05/20 07:49

中国は5月5日、将来の有人宇宙船や宇宙ステーション打ち上げ用に開発していた大型ロケット「長征5号B」の初打ち上げに成功した。 05/19 17:50

SpaceXが国際宇宙ステーション(ISS)へのクルー輸送デモミッション(Demo-2)に先立ち、Crew Dragon宇宙船のISSドッキングシミュレーターを公開している。 05/17 19:21

NASAは12日、国際宇宙ステーション(ISS)に米宇宙飛行士を送り続けるため、今秋打ち上げられるソユーズの座席を追加購入することでロスコスモスとの交渉を完了したことを発表した。 05/16 14:05

地球に水が誕生する3つの過程(写真:北海道大学の発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるはやぶさ2が、小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的のひとつとして、地球上の生物の起源を探ることがある。 05/15 17:35

超大質量ブラックホールと取り囲む電波天体の想像図 (c)  慶應義塾大学

天の川銀河の中心には「いて座A*」と呼ばれる電波天体が存在する。 05/13 16:42

火星表面 果たしてここには水分が存在しているのだろうか (c) NASA

米国サウスウェスト研究所は、火星の大気をモデル化し、人類の居住可能性を探る研究を行った。 05/12 14:26

土星の北極上空に浮かぶ美しい正六角形の雲 (c) NASA

土星は美しいリングを持った太陽系で2番目に巨大な惑星で、直径は地球の約9倍もある。 05/12 08:53

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告