はやぶさ2の回収カプセルから小惑星Ryuguのサンプル採取に成功

2020年12月15日 16:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NOBAX 曰く、 地球に帰還した探査機「はやぶさ2」のカプセルに
小惑星「リュウグウ」のものとみられる黒っぽい砂の粒が
多数入っていることが確認されたそうです

  情報元へのリンク

JAXAは12月14日、5日に帰還したはやぶさ2のカプセルから小惑星Ryugu由来のサンプルを確認したと発表した。カプセルのふたなどから砂の粒が確認されたという。今後はサンプルキャッチャーの開封作業を行い、取り出しと分析作業を行うとしている。はやぶさの小惑星イトカワのときは1mm以上の小石は採取できなかっただけに、採取技術が格段に進歩してることがうかがえる(JAXANHK産経新聞)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
はやぶさ2 帰還、カプセルを分離して次の目的地に向かう 2020年12月06日
はやぶさ2の帰還日が決定。12月6日にカプセル投下予定 2020年07月17日
小惑星リュウグウ、一時は太陽に接近した軌道にあったという研究成果 2020年05月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード宇宙航空研究開発機構(JAXA)惑星はやぶさ2リュウグウ

関連記事