1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > カルロス・ゴーン(1)

カルロス・ゴーンのニュース一覧

(c) 123rf

三菱自動車工業は7日、中期経営計画における構造改革の一環として、550人の希望退職者の募集を行ったところ654人の応募があり、2021年1月31日付で退職する予定であると発表した。 12/16 07:49

新型「QX55」(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産はこのところ、キックス、アリア、ノート、そしてフェアレディZと新車投入を続けてきているが、これまでの10年間は日本国内市場に新車をほとんど投入してこなかったのが不思議なぐらいだ。 12/09 17:17

日産自動車の役員報酬をめぐる事件で日本から中東のレバノンに逃亡した元会長のカルロス・ゴーン被告(66)が、同国の私立大学で2021年3月をメドにビジネス経営コースの立ち上げることが29日、明らかになった。 09/30 17:53

日産自動車は2020年9月16日、フェアレディZの新型車をオンラインで公開すると予告した。 09/08 11:36

(c) 123rf

英紙フィナンシャル・タイムズは、日本政府が昨年末、日産とホンダの両社に合併案を持ちかけていたと報じた。 08/18 07:11

(c) 123rf

トヨタ、日産、ホンダという日系乗用車メーカーの中で、「真に日本企業」と呼べるメーカーはどの企業であるのか?どれほど企業として発展しても、日本国民に貢献していない企業を日本企業と言えるのであろうか? 08/11 06:04

(c) 123rf

自動車業界は「100年に1度の変革期だ」と言っていたのだが、それに新型コロナウイルスのパンデミックが加わり、世界の覇権が変ってしまうのかもしれない。 08/05 19:07

元日産自動車会長であるカルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けした元グリーンベレーのマイケル・テイラー容疑者とその息子への裁判過程やインタビューなどから、逃亡事件の詳細が明らかになりつつある。 07/28 21:02

(c) 123rf

トヨタ自動車の国内販売では、小型車から高級車の一部の新車販売価格を値下げする。 07/19 08:27

ワールドプレミアされた日産・アリア(画像: 日産自動車の発表資料より)

『トヨタはHV(ハイブリッド)、日産はEV(純電動車)』と別れた理由を考える時、まず、トヨタは世界の中で燃費削減に向けて積極的であったメーカーであったことを念頭に置きたい。 07/16 12:07

新型車「日産キックス」の発表(画像: 日産自動車の発表資料より)

今回の「新型日産・キックス e-POWER」のネットによる配信で気になった点は、ジャーナリストの質問の中で「予約販売、予定生産台数」について、真剣に答えていなかったことだ。 06/26 10:26

筆者は、2つの工程を結合させ、その間の仕掛在庫を省略すると、軽くNC旋盤設置資金の数倍の資金が削減できることに気付いたのだった。 06/22 10:45

(c) 123rf

驚くのは、元日産自動車副会長でありCOOを務めた人物に、「開発と生産」の上に「販売計画」が成り立つこと、言い換えると「商品をいかに造り上げるか?」について、マツダ・「スカイアクティブ・テクノロジー」やトヨタ・TNGAの考え方が欠落している、或いはその重要度が極めて低いことだ。 06/22 06:25

(c) 123rf

次の日経ビジネスの記事を読んでみてほしい。 06/18 18:34

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告