ホーム > ニュース一覧 > 建設(2)

建設のニュース(ページ 2)

大林組と清水建設、リニア談合で120日間の営業停止処分

国土交通省関東地方整備局は18日、一昨年末頃より取り沙汰されていたリニア中央新幹線の駅工事などに係る談合事件で、大林組と清水建設に対し120日間の営業停止処分を下した。
01/19 19:30

清水建設、リアルタイムの遠隔立会システム開発 検査業務の働き方改革を実現

清水建設株式会社(住所:東京都中央区、取締役社長:井上和幸)は、山岳トンネル工事における検査・管理業務の合理化を目指し、タブレット端末を用いたリアルタイム遠隔立会システムを開発したと発表した。
12/27 16:59

LIXILの迷走を故潮田健次郎氏はどうながめているのか

LIXILグループ(以下、LIXIL)の実質上の創立者:潮田健次郎氏が「あの世」とやらに旅立って7年半余りが経つ。
11/27 11:36

千代田化工、19年3月期の業績予測を大幅下方修正 1050億円の赤字に

千代田化工建設は10月31日、5月11日に公表した2019年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正すると発表した。
11/02 11:22

大和ハウス、千葉県船橋市で住宅と商業施設の大規模複合開発スタート

大和ハウス工業は、千葉県船橋市行田の「AGCテクノグラス中山事業場」跡地でスタートさせている住宅と商業施設の大規模複合開発の概要を明らかにした。
10/28 12:49

戸田建設の浮体式洋上風力発電機に期待したい

準大手ゼネコンの戸田建設は一口で言うと「真面目で地味な会社」。
09/21 15:35

建設業許可業者の減少傾向続く、ピーク時に比べ2割以上減

戦後、復興期や高度成長期に社会インフラ整備を中心に建設業が日本経済を牽引する大きな力であったことには間違いない。
05/17 15:59

三井住友建設、腐食しない世界初の橋梁で載荷試験 四半世紀経過も性能維持

三井住友建設は24日、腐食しない素材アラミドFRPロッドを用いて1990年に建設した世界初のプレストレストコンクリート(PC)橋について、その一部を撤去し曲げ載荷試験を行い、四半世紀以上経過してもアラミドFRPロッドは所定のプレストレス力を有し、PC橋は建設時に計画した通りの性能を有していることを確認したと発表した。
04/26 22:01

五洋建設、シンガポールで大型干拓事業を受注 JV総額で約1000億円

五洋建設は、シンガポール共和国のシンガポール住宅開発庁(Housing & Development Board of Singapore)から、同国東部のテコン島における干拓地造成工事(Construction of Polder at Area A and C of Pulau Tekong)を受注したと発表した。
04/22 16:46

未上場建設業者の景況にカゲリ 2016年度の売上高は伸び鈍化

アベノミクスの影響を受けて好況を謳歌してきた未上場の総合建設業者の景況にカゲリが見えてきた。
04/12 11:39

五洋建設・東亜建設工業、モザンビークで256億円の大規模港湾工事を受注

五洋建設と東亜建設工業による共同企業体が、アフリカ大陸南東部のモザンビーク共和国の運輸通信省から、同国で、そしてアフリカ南東部でも随一と言われる天然の良港であるナカラ港の大型港湾工事を受注したと発表した。
02/18 15:03

住友林業、木材で70階の高層ビル建築構想を発表

今どき高層ビルは珍しくないが、頭に”鉄筋コンクリート”が付かない、しかも木材で70階の高層ビルとなると、硬くなった頭では付いていけなくなる人も出て来るのではないだろうか? 8日、木材関連事業にひと際強いこだわりを持つ住友林業が、都内に主部材が木材で構成された地上70階建ての高層ビルを、2041年までに建築するプランを発表した。
02/16 11:00

三井ホーム、「フィンガージョイント材」使用の建物を鹿児島に 地元木材利用

三井ホームのグループ会社である三井ホーム鹿児島が、鹿児島県曽於市において施工中の、伊万里木材市場事務所棟が1月26日に上棟となった。
01/31 06:51

リニア中央新幹線を巡る談合事件が迷走を始めた!大林組はどうする?

先月11日、リニア中央新幹線の関連工事で事前の受注調整が行われていた疑いで、東京地検特捜部が大手ゼネコンである大林組(東京)を調べているとの第1報から、今回のリニア談合事件に関わる報道がスタートした。
01/20 21:22

鹿島建設、地盤調査車の小型化に成功 「miniGeo」運用開始

鹿島建設は、従来のものよりも大幅に小型化された小型地盤調査車「miniGeo」を開発し、運用開始した。
12/23 06:12

矩形シールドマシン「アポロカッター」3例目のトンネル開削に成功

鹿島建設は、阪神高速大和川線常磐工区のトンネル開削工事において、アポロカッター工法の施工が完了し、本体トンネルへの接続が成功したと発表した。
11/21 21:20

大成建設と筑波大、床仕上げロボットを半自立制御可能に 自動運転化へ

大成建設と筑波大学は27日、16年に開発したコンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」の機能を拡充し、半自立制御操作を可能とするシステムを開発したことを発表した。
10/28 10:33

大林組、特殊なセメント使った部材製造用の3Dプリンタを開発

建築大手の大林組が、特殊なセメントを使って建築物や土木構造物の部品を作成できる3Dプリンタを開発した。
10/25 07:55

熊谷組ら、既設の地下構造物を外から補強する新工法を開発

熊谷組、東京地下鉄、鉄道総合技術研究所らは共同で、シールドトンネルなどの既設の地下構造物の変形や変位を抑制するための技術「サスペンションシールド工法」を開発した。
10/05 16:30

フジタ、IoTで土工現場の「全工程見える化」実現  約15%の生産性向上へ

フジタは5日、岐阜県の道路建設工事においてIoTを活用した「全行程見える化」を実現したことを発表した。
09/05 21:29

日本工営、バングラデシュの国際空港拡張事業を受注

日本工営は、バングラデシュ人民共和国の首都ダッカにあるハズラット・シャージャラール国際空港の拡張事業にかかる設計・施工管理業務を、ほか3社の企業と共同で受注したと発表した。
08/23 08:06

日立、インド・東南アジア・中東向けに新型エスカレーターを発売

日立製作所と日立ビルシステムは、中国で先行発売していた新型のエスカレーター「TXシリーズ」を、インド・東南アジア・中東の諸地域向けに、8月21日から順次発売を開始していくと発表した。
08/21 16:49

大成建設、新方式のビル解体工法「テレコップ-light」を開発

大成建設は、同社の「テコレップシステム(環境に配慮をした閉鎖型解体工法)」の発展形として、RC(鉄筋コンクリート)造超高層建造物にも適用可能な解体工法、「テレコップ-light」を開発した。
08/21 16:34

日本最大級の工務店ネットワーク、全国大会とシンポジウムを開催

株式会社アキュラホームが都内の会場において、「第18回JAHBnet全国大会」と「シンポジウム」を開催した。
07/30 17:47

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む