ホーム > ニュース一覧 > IT・サイエンス > 研究・開発 > 情報通信研究機構(NICT)(1)

情報通信研究機構(NICT)のニュース

ゲリラ豪雨発生を直前に予測 イベント参加者に提供の実証実験 三菱地所ら

三菱地所は26日、イベント運営者や参加者に対し、30分先までの気象予測情報を提供する実証実験を開始すると発表した。
07/27 07:40

数億光年離れた天体からの信号で光格子時計の周波数を補正 情報通信研究機構

情報通信研究機構は6日、数億光年の彼方にある天体からの信号を用いて、超高精度光格子時計の周波数を補正する技術を開発したと発表した。
10/08 11:11

東芝など12事業者、量子暗号通信の研究開発委託事業に参加 総務省主導

東芝をはじめとする12の事業者が次世代暗号技術「量子暗号通信網」の実用化に向けた研究開発を始めるそうだ。
07/31 20:47

産総研や理研、AI研究開発の連携組織を設立 国内のAI研究開発を活性化へ

産業技術総合研究所(産総研)、理化学研究所(理研)、情報通信研究機構(NICT)は16日、共同で人工知能研究開発ネットワークを設立したと発表した。
12/18 08:30

セシウム原子時計故障で標準電波60kHzが一時精度劣化、電波時計に影響はなし

情報通信研究機構(NICT)日本標準時グループが10月25日、はがね山送信所(60kHz)において信号精度劣化の送信がなされたと発表している。
10/29 18:03

NICT、「毎秒1ペタビット」光通信のスイッチング実験成功 世界最大容量

情報通信研究機構が、毎秒1ペタビットの光パスのスイッチング実験に成功したと発表した。
10/12 20:05

総務省、IoT機器調査「NOTICE」の実施状況を発表

情報通信研究機構(NICT)がポートスキャンによる脆弱性調査(NOTICE)を行うことが以前報じられていたが、このポートスキャン実施状況が公表された。
07/02 20:48

オーロラが木星深くの大気を加熱 すばる望遠鏡が明らかに 

グリーンランドなど高緯度の場所から観測できるオーロラ。
04/12 20:27

新幹線と地上間で従来比750倍の高速データ通信に成功、日立国際電気など

日立国際電気と鉄道総合技術研究所、情報通信研究機構は、90GHz帯のミリ波を用いて時速240kmで走行する新幹線と地上の間で、従来の通信速度の750倍となる毎秒1.5ギガビットのデータ通信に成功した。
01/30 09:15

NECら、AIで河川氾濫を予測するIoT環境を実証実験 クラウドとの通信量90%減

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学は24日、IoT共通基盤を共同で開発し、IoT(モノのインターネット)機器と共通基盤間における重要通信保護に関する実証実験を2018年12月中旬から中国地方で開始すると発表した。
01/25 17:24

心の性別に影響する脳の性差、ショウジョウバエでコントロールに成功 NICT

情報通信研究機構(以下、NICT)は、ショウジョウバエで、心の性差に影響する脳の性差を決める分子の仕組みを解明し、その制御に成功した。
01/15 17:26

NICTと阪大、立体視力の個人差に対応して密度の変わる神経線維束を発見

ヒトの立体視力には大きな個人差のばらつきがある。
11/23 15:26

NICT、国内IPアドレスを対象としたポートスキャンを実施へ

今年1月、単純なパスワードが設定された機器への調査目的の不正アクセスを合法化する動きがあることが話題となったが、今年5月に国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に対しこういったアクセスを認めるような法改正が行われ、11月1日に施行されたとのこと。
11/13 08:49

人工衛星を使って地球温暖化が明らかに JAXA

人為的に引き起こされる気候変動は、地上のみならず海中の生態系を変え、個体数に深刻な影響を与える。
09/28 21:24

豊洲でAIを活用した住民参加型の防災訓練実施 SNSから必要な情報を収集

NECらは25日、住民参加型の都市型AI防災訓練を、東京都江東区の豊洲エリアで9月29日に実施すると発表。
09/25 21:42

NICT、オーロラ予報サイト「オーロラ・アラート」をリニューアル

情報通信研究機構(NICT)が6月1日、オーロラ予報を提供するWebサイト「オーロラ・アラート」をリニューアルしたと発表した。
06/06 17:36

NICT、ファイバ無線技術開発 リニア新幹線でも切れないネットワークに目処

情報通信研究機構(NICT)は26日、線路に沿って無線局を設置するリニアセル方式と、無線信号を光ファイバへ重畳するファイバ無線技術を駆使し、高速移動中に通信を途切れさせないよう無線局を適時切替える方式を開発、現在の携帯電話回線の約20倍以上となる毎秒20ギガビットの無線信号の送信に成功したと発表した。
04/28 17:50

伝送能力が約2倍に!未来型の光ファイバー NICTとフジクラが開発

情報通信研究機構(NICT)のネットワークシステム研究所とフジクラは、既存の設備規格でケーブル化ができ、標準外径(0.125mm、3モード伝搬)の広帯域波長多重伝送が可能な光ファイバーを開発した。
04/10 17:25

宇宙からの電磁波を受け明滅する陽子オーロラを発見 日・カナダの共同研究

地球上で観測されるオーロラが、宇宙からの電磁波と同期して明滅していた。
02/14 18:45

NICTなど、スマートフォン搭載を見越した超小型原子時計を開発

情報通信研究機構(NICT)、東北大学、東京工業大学の共同研究グループは、シンプルで小型の原子時計システムを開発した。
01/27 16:57

“経済的格差”とうつ病傾向を結ぶ機能を解明 NICT研究グループ

世界保健機関(WHO)は、世界でうつ病に苦しむ人が2015年に推計3億2200万人に上ったと発表した。
10/09 18:17

富士通研、世界初のハンズフリーで対話翻訳 医療現場を見据えた名刺タイプ

富士通研究所は19日、医療現場での診察、看護など両手が塞がりやすい業務に適したウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を世界で初めて開発したと発表した。
09/20 20:09

NICT、レーザーカオス由来の乱数使い教科学習プロセスの高速化

情報通信研究機構(NICT)が、半導体レーザー由来の光カオスを強化学習アルゴリズムに使用するための乱数源として使用できることを実証したと発表した(PC Watch)。
08/24 21:45

潜水艦「伊58」の水中ロボットによる探査がニコニコ生放送で中継へ

長崎県の五島列島沖には、第二次世界大戦の終結後にアメリカ軍によって海没処分にされた24隻の潜水艦が眠っている。
08/10 07:21

169MHz帯を使ったドローンの遠隔制御飛行に成功

これまでのドローンのほとんどは2.4GHz帯をその制御や状態把握、また一部、画像伝送にも用いているが、無線LANなど他からの干渉を受けやすいだけでなく、構造物や樹木、地形などにより、電波が途切れやすく、物流や災害対応などで想定されているような、操縦者から1km程度以上離れた場所でのドローンの安定な運用は困難だった。
08/03 09:55

 1 2  次へ進む