1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動運転(1)

自動運転のニュース一覧

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/19、NYダウ+44ドル高、29,483ドル ・失業保険申請者数が予想を上回ったため、一時▲200ドル超下落したが、米議会で追加経済対策の協議再開の見込みと伝わり、景気回復の期待から買い優勢。 11/24 08:49

モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime

クラッシックカー好きにはこたえられない、魅力的なこの車は1918年~1922年の間に生産されたモーガン・エアロ(Morgan Aero)。 11/20 08:21

2024年には1000億円に迫ると予測されるAI主要8市場(画像: アイ・ティ・アールの発表資料より)

調査とコンサルティングを行うアイ・ティ・アール(東京都新宿区 以下、ITR)は17日、国内AI主要8市場の市場規模が2024年度に980億円に達し、1000億円に迫ると予測を発表した。 11/18 08:31

自動運転車であることを示すステッカー(画像: 本田技研工業の発表資料より)

本田技研工業は11日、「自動運転レベル3の国土交通省の型式指定」を取得した自動運行装置「トラフィックジャムパイロット」を搭載した「レジェンド」を、2020年度内に発売すると発表した。 11/16 09:16

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/11、NYダウ▲23ドル安の29,397ドル ・景気敏感株は短期な過熱警戒で売りに押され、ナスダックは見直し買いで反発。 11/16 08:34

JR東日本は10日、同社が運行しているE7系車両を用いて、新幹線の自動運転試験を実施すると発表した。 11/11 11:57

そこで現在、再び注目され始めたのは燃料電池自動車(FCV: Fuel Cell Vehicle)だ。 11/10 08:42

TISと凸版印刷は12日、万博記念公園で実施される自動運転車両を活用した次世代モビリティサービス実証において、TISの遠隔コミュニケーションサービスを活用し、凸版印刷のバーチャルキャラクターが乗客に対してガイドを行う、対話型の移動体験型サービスを提供すると発表した。 10/19 17:46

『欠陥ゼロのソフトウエア開発』(日経エレクトロニクス 1995年11月出版)を読み始めると、「1序論」の初めに次のような文章に出会う。 10/15 17:31

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)10/5、NYダウは+465ドル高の28,148ドル 10/08 08:24

ソフト開発においてはバグのないことが絶対的に求められている。 10/06 17:20

この記事のもとになるのは、日経エレクトロニクス1995年11月出版「欠陥ゼロのソフトウエア開発」だ。 10/06 07:40

自動車業界市場には明るい見通しはある。電気自動車や自動運転車などのポジティブな話題も豊富だ

100年に一度の大変革期を迎えているといわれている自動車産業だが、2019年の販売台数の大幅な落ち込みに加え、新型コロナウイルス感染拡大という不測の事態も発生したことで不透明感が増している。 10/04 20:59

東芝で事業の整理が続いている。 10/02 09:10

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告