ホーム > ニュース一覧 > 環境・エコ > 燃料電池(7)

燃料電池のニュース(ページ 7)

トヨタ、日産ら11社、水素ステーションの本格整備に向けて協業

トヨタ、日産、ホンダの自動車メーカーとJXTGエネルギー、出光興産のガソリン販売会社ら11社は19日、燃料電池自動車(FCV)向け水素ステーションの本格整備に向けた協業を検討する覚書を締結した。
05/20 10:49

トヨタの水素活用加速、今度は元町工場にハイブリッド発電システム設置

トヨタの水素社会実現に向けた実証実験が急加速している。
04/29 17:00

トヨタが燃料電池車の取り組み拡大、大型FCトラックを米カリフォルニアで

トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(TMNA)は、FC(燃料電池)技術の大型商用車への応用可能性を検証するため、この夏から米国カリフォルニア州ロサンゼルス港で、FCシステムを搭載した大型商用トラックの実証実験を開始すると発表した。
04/25 11:23

ドイツで燃料電池を使った列車が試験導入される

ドイツで世界初となる、水素を使った燃料電池を動力源とする列車の運行実験が実施された。
04/21 11:30

スズキ、燃料電池スクーターの公道走行実験を開始

スズキが燃料電池を動力源として使用する二輪スクーター「バーグマン フューエルセル」の公道走行試験を開始すると発表した。
03/29 16:38

大阪ガスと京セラ、「エネファームtype S」用の小型蓄電システム開発

大阪ガスと京セラは24日、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品として、家庭用燃料電池「エネファームtype S」で発電した電力を充電できる小型・軽量の3.2kWh蓄電システム「スマートエネルギーハウス蓄電システム(SEH蓄電システム)」を共同で開発し、4月より販売を開始すると発表した。
03/27 06:41

知ってますか? 4月から「エコカー減税対象車」が大幅減となること

国土交通省「平成29年度自動車局税制改正要望結果」の「車体課税の見直し」により、いわゆるエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税減免)の2017年度(平成29年度)以降に適用される内容が2月に決まった。
03/25 16:40

岐阜大と澤藤電機、アンモニアから水素を製造する装置を開発

岐阜大学と澤藤電機が共同で、アンモニアから水素を製造する装置を開発したと発表した(発表PDF、岐阜新聞)。
03/24 16:57

スズキの燃料電池スクーター、ナンバー付き車両で公道での実証実験開始

スズキは、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車(FCB)「バーグマン フューエルセル」でナンバープレート(車両番号票)を取得し、公道走行を開始すると発表した。
03/23 08:32

スズキ、燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」の公道走行開始

スズキは21日、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」でナンバープレート(車両番号票)を取得し、公道走行を開始すると発表した。
03/21 21:29

ホンダとGM、米に合弁 FCV用・水素燃料電池システム量産目指す

米ゼネラルモーターズ(GM)とホンダは、1月末に、自動車業界初となる先進の水素燃料電池(FC)システムの量産を行なう合弁会社設立を発表した。
03/11 10:09

ホンダ、「クラリティ」のPHEVとEVを世界初公開、NYショーで

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは8日、「2017年ニューヨークオートショー」にて、「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」を世界初公開すると発表した。
03/09 19:00

ホンダ、新型「シビックTYPE R」欧州仕様公開、ジュネーブショーで

ホンダは、ジュネーブモーターショー(プレスデー:2017年3月7日~8日、一般公開日:3月9日~19日)プレスカンファレンスにおいて、新型「シビックTYPE R」欧州仕様の量産モデルと、欧州における電動化ビジョンを発表した。
03/08 13:11

トヨタ、水素で動く燃料電池バスを東京都交通局へ納車

トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を、東京都交通局へ納車した。
02/25 11:42

トヨタブランド初のFCバス、東京都交通局へ納車 3月から運行

トヨタ自動車は24日、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を東京都交通局へ納車したと発表した。
02/24 19:13

ホンダ、「FC EXPO 2017」に 「クラリティ フューエル セル」など出展

本田技研工業(ホンダ)は24日、3月1日から3日まで東京ビッグサイトにて開催される「FC EXPO 2017(第13回[国際]水素・燃料電池展)」に、燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」や、低炭素な高圧水素ガスの製造・供給を可能とした「スマート水素ステーション(SHS)」などを出展すると発表した。
02/24 17:15

シェルとトヨタが協働、カリフォルニア州で水素供給設備拡充へ

石油大手シェルとトヨタは、燃料電池自動車(FCV)の普及に向け、米国カリフォルニア州における水素ステーション網の拡充で協力すると発表した。
02/22 09:10

ホンダと日立がEV用の電動モーター事業で新会社設立

ホンダ技研工業と日立製作所が、電気自動車(EV)の駆動に使う電動モーター事業で提携すると発表した。
02/11 21:53

トヨタ、愛知県豊田市の元町工場で燃料電池フォークリフト本格導入

トヨタ自動車が、愛知県豊田市の元町工場において、豊田自動織機製の燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)を2台導入し、2017年1月31日より運用を開始したと発表した。
02/01 08:43

ホンダとGM、水素燃料電池システム量産の合弁会社設立

本田技研工業(ホンダ)とゼネラルモーターズカンパニー(GM)は31日、先進の水素燃料電池システムの量産を行う合弁会社「Fuel Cell System Manufacturing(FCSM)」を設立すると発表した。
01/31 19:11

トヨタ、燃料電池車「MIRAI」をカナダに3台試験導入

トヨタ自動車は21日、燃料電池自動車(FCV)の「MIRAI」3台をカナダに試験導入し、FCVへの理解促進活動「Awareness Campaign」に活用すると発表した。
01/23 19:10

トヨタ、水素社会実現に向けた活動加速、MIRAI、今度はカナダ導入

トヨタ自動車が水素燃料の普及に向けた活動を活発化させている。
01/22 22:12

トヨタ、UAEと共同で「水素利用の可能性を探る」実証実験を現地で

先般、再生可能エネルギーの最右翼として注目されている「水素」を活用するため、トヨタ自動車やダイムラーなどの世界的な大企業13社で構成した「Hydrogen Council(水素協議会)」が、発足したニュースを伝えた。
01/20 10:10

トヨタなど世界企業13社、「水素協議会」スイス・ダボスで発足

エネルギー・運輸・製造業の世界的なリーディングカンパニー13社で構成する「Hydrogen Council(水素協議会)」が、スイス・ダボスで発足した。
01/19 12:05

自動運転バスが創る未来、各地で試験・導入へ

昨年ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがオランダにおいて自動運転バスの公道テストを行ない、時速20キロメートルの走行に成功し話題になった。
01/19 11:57

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8  次へ進む