1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 雇用・就職・労働(2)

雇用・就職・労働のニュース(ページ 2)一覧

テレワーク実施率の推移(画像: パーソル総合研究所の発表資料より)

新型コロナウイルス対策によるテレワークの実態に関する調査結果が発表され、正社員のテレワーク実施率は全国平均で24.7%となったことが分かった。 12/18 08:25

東京リサーチが上場企業「早期・希望退職」調査。募集規模は、90社、1万7697人。リーマンショック直後2009年に次ぐ水準

新型コロナ感染症の3波は11月下旬から再生産数も1.0周辺に落ち着き、横ばい傾向が続き、爆発的拡大はないようだ。 12/17 09:19

冬の賞与は増えそうか、減りそうかとの問いへの回答(画像: 学情の発表資料より)

20代を対象に、冬の賞与への考えや、仕事観、転職意識を調査したレポートが発表され、6割以上が「冬の賞与が減りそう、もしくは支給されない予定」だということが分かった。 12/11 18:23

パーソル総研が「企業のシニア人材マネジメントの実態調査」。半数の企業がシニア人材に課題感

コロナ禍の景気低迷で求人倍率は低下している。 12/08 09:55

各月の就業状況(画像: マイナビの発表資料より)

新型コロナウイルス感染拡大下において、就業状態や働くことへの考え方にどのような変化が起こっているか調査したレポートが発表され、8月時点で「非就業で仕事を探していた」人の割合が、感染拡大以前と比べておよそ2倍に増加したことが分かった。 12/04 08:39

厚労省は27日、12月末で期限を迎える雇用調整助成金の特例措置、緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について、来年2月末まで適用を延長すると発表した。 11/29 17:48

アトラエが人事領域のDXについて調査。人事領域の重要課題はマネージャー層の育成と優秀な人材の離職

ウイズコロナの社会が続いている。 11/20 09:10

リスクモンスターが「女性の働き方に関する意識」調査。「昇進したい」と考えている女性は25.2%。女性は「不利だと感じる」45.2%、「感じない」54.8%

総務省の労働力調査によれば女性の就業者数は2019年に3000万人を超え、就業者全体に占める割合は44.5%にまで上昇している。 11/11 08:50

東京商工リサーチが上場企業の早期・希望退職者募集を調査。10月29日までに72社。昨年通年35社の2倍以上と急増

新型コロナ感染症は夏以降、落ち着きを見せている。 11/10 09:48

東京商工会議所は4日、「テレワークの実施状況に関する緊急アンケート」調査結果を発表した。 11/07 10:29

20代の転職希望者のうち半数近くの人が、新型コロナウイルス感染拡大前後で希望業界に変化があったことが分かる調査結果が発表された。 10/09 17:31

東京商工会議所が「人手不足の状況、アフター・コロナを見据えて推進すべき働き方に関する調査」

有効求人倍率が急速に低下している。 10/01 19:50

9月21日の敬老の日にちなみ、総務省統計局が統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)の人口や就労状況をまとめている。 09/22 17:31

グローバルインフォメーションが「EV充電用エネルギー貯蔵システムの世界市場」レポートを公表

欧州や中国では2025年までにプラグイン車の生産は1100万台を超える見込みであるのに対して、日本では100万台未満の現状で世界的には日本はxEVの普及で大きく遅れをとっている。 09/16 08:21

東京商工リサーチが「上場企業1803社の平均年間給与」を調査。2020年3月決算の平均年間給与は630万5000円 、前年より0.2%増加

日本の勤労者給与はかろうじて上昇を続けてきたものの、物価の影響を差し引いた実質賃金ではここ数年マイナスが続いている。 09/15 07:07

中小企業庁は今月末から中小・中堅企業3万社を対象に郵送とネット回答での「賃金と雇用状況」調査を実施する。 08/28 08:38

東京商工リサーチが「上場企業、新型コロナウイルス影響調査」

総務省発表の5月の完全失業率は2.9%で1月の2.4%と比べ0.5ポイント上昇している。 08/27 09:00

表1

リクルートおよびリクルートワークス研究所は8月6日、2021年3月に大学を卒業する学生に対する求人倍率の調査結果を公表しました。 08/26 12:34

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告