ホーム > ニュース一覧 > 宇宙(11)

宇宙のニュース(ページ 11)

土星の衛星エンケラドスに生命は存在するか 人工衛星で探査する方法 アリゾナ大ら

宇宙で生命が誕生する確率は、フレッド・ホイルによれば10の4万乗分の1という少数では0を4万個も並べなければ表示できないとてつもなく小さな値だ。
12/29 08:44

火星着陸機InSight、ミッション終了

NASA は 21 日、火星着陸機 InSight のミッション終了を発表した。
12/25 18:55

アリアンスペースのヴェガCロケット、打ち上げ失敗

欧州のアリアンスペースは21日の10時47分(日本時間)、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターから「ヴェガC」ロケットの打ち上げを実施した。
12/23 17:54

恒星内部の核融合で生成されないホウ素 宇宙線観測で起源解明へ 早大らの研究

原子番号26の鉄までの元素は、恒星内部の核融合反応によって生成され、それよりも原子番号の大きな元素は、超新星爆発によって生成されたというのが一般常識だ。
12/23 08:42

赤色矮星を周回する岩石惑星には居住可能か? カリフォルニア大らの研究

太陽は誕生から約50億年が経過した壮年期の恒星だが、あと数十億年後には赤色巨星化し、地球も飲み込まれる運命にある。
12/21 16:27

ピンポン玉サイズの超小型衛星で、スマホとの直接通信目指す日本企業

今年はStarlinkが大きな話題になったが、こうした人工衛星とスマートフォンとの直接通信に関して日本でも実現を目指す企業が出てきているという。
12/20 17:46

ISSドッキング中のソユーズから、冷却材とみられる物質が漏洩

現在、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしているソユーズ宇宙船から冷却材とみられる物質が漏洩していることが報じられている。
12/19 17:04

NASA、アルテミス IのOrion宇宙船 無人で月を周回して地球帰還に成功

NASAの新型宇宙船「Orion」が11日、地球に帰還した。
12/17 13:28

地球質量の約5%、 太陽系外縁部に由来か リュウグウの分析から判明 東工大ら

地球は今からおよそ46億年前に微惑星の衝突の結果、誕生したと考えられているが、最近の研究で地球の全質量の約5%は、実は太陽系外縁部にあった物質であることが判明した。
12/15 09:17

5600万年前の温暖化、地球軌道変化が原因に ペンシルバニア州立大の研究

人類文明は排出ガス増加をもたらし、大気中の二酸化炭素濃度上昇が、気候変動問題を深刻化させた。
12/14 17:20

日本の宇宙ベンチャー「DigitalBlast」、独自宇宙ステーション計画を発表

宇宙ベンチャーのDigitalBlastは12日、日本国内初の民間主導での宇宙ステーションとなる「民間宇宙ステーション(CSS)構想」を立ち上げたと発表した。
12/14 09:03

JAXAとアストロスケール、軌道上衛星への燃料補給サービスを検討開始

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、地球を周回している衛星への燃料補給サービスについて、事業コンセプト検討を開始したと発表した。
12/08 17:03

太陽に引きつけられた暗黒物質を、宇宙量子センサーで検出する方法 東大ら

この宇宙はその質量の95%が「見えない何か」でできている。この「見えない何か」は、暗黒物質および暗黒エネルギーとして知られているが、現時点でそれらの実態は明らかになっていない。
12/08 08:05

12月14日に極大を迎えるふたご座流星群 2022年の見頃は

2022年もふたご座流星群の季節がやってくる。天候にさえ恵まれれば、毎年期待を裏切ることのないのが、このふたご座流星群だ。
12/07 11:48

天文学研究に新型コロナが与えた影響は? 論文数増加も新規参入は減少 東大ら

COVID-19とは新型コロナウイルス感染症を指す用語だが、世界的な感染拡大が始まって2年以上が経過した現在も、完全に鎮静化したとまでは言えない状況にある。
12/02 17:58

超新星爆発で加熱される星間ガスを観測で実証 ティコの超新星で 京大

ティコの超新星SN1572は、16世紀のデンマークの天文学者ティコ・ブラーエによって初めて観測され、2022年11月11日でそれからちょうど450年を迎えた。
11/30 16:18

中国、月面基地計画を2028年に前倒し

中国国家航天局は国内テレビの取材での対応で、2028年ごろに月基地の基本部分を完成させる方針だと述べた。
11/29 16:48

クエーサーからの噴出ジェットを高解像度でキャッチ 国立天文台らの研究

クエーサーは地球から数十億光年以上離れた宇宙で、天の川銀河の1000倍程度の明るさで輝き、天の川銀河の10兆倍程度のエネルギーを放出しているが、あまりにも遠いため地球からは点象としてしか捉えることができない。
11/25 11:35

日本初の月面着陸目指した探査機「OMOTENASHI」、通信安定せず着陸断念

先日、NASAのSLSで打ち上げられた日本の探査機「OMOTENASHI」(オモテナシ)だが、JAXAは月面着陸への挑戦を断念したと発表した。
11/24 16:36

ショートガンマ線バーストの発生源となった銀河をカタログ化 米ノースウェスタン大

ガンマ線バーストはウィキペディアによると、「ガンマ線が数秒から数時間にわたって閃光のように放出され、そのあとX線の残光が数日間見られる。この現象は天球上のランダムな位置で1日に数回起こっている」とされる。
11/23 10:09

NASA、超大型ロケットSLSによるArtemis Iミッションが打ち上げ成功

4000トンの推力を持つNASAの巨大ロケット「SLS」初号機が午前1時47分(米国東部標準時)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。
11/21 16:54

地球に最も近いブラックホール発見 一角獣座X-1の4700光年先を更新

ハワイのジェミニ天文台が、地球に最も近いブラックホールを発見したそうだ。
11/19 11:26

スーパーコンピュータ解析で判明した、銀河系誕生の歴史 東北大らの研究

私たちの銀河系は、宇宙が誕生して間もない頃に形成されたが、どのように誕生し、どのようなプロセスを経て現在の姿に至ったのかについては謎に包まれたままだ。
11/16 11:44

気象衛星ひまわり8号・9号、本運用/待機運用交代へ

気象衛星「ひまわり」が世代交代する。
11/16 08:29

NASA、膨張式耐熱シールドの実験機LOFTIDの回収に成功

NASAは、宇宙探査機を大気圏突入時の高温高圧から保護するための新しい膨張式熱シールド「LOFTID(Low-Earth Orbit Flight Test of an Inflatable Decelerator)」を開発しその実験機の運用に成功した。
11/16 08:27

前へ戻る   6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  次へ進む