ホーム > ニュース一覧 > 宇宙(15)

宇宙のニュース(ページ 15)

原始銀河の進化過程を「タイムマシン」シミュレーションで解明へ 東大

今から約138億年前に宇宙は大きさを持たない存在から、量子論的な揺らぎによって、ごくわずかの時間(10のマイナス35乗秒)に猛烈な膨張(10の30乗倍)を遂げ、誕生したと考えられている。
06/07 11:04

ベテルギウスの大減光、気象衛星「ひまわり」の観測データから解明へ 東大

オリオン座に赤く輝くベテルギウスは、誰もが知る赤色巨星の代表格だが、2019年後半から2020年にかけて明るさが1.2等級も暗くなる大減光が起き、超新星爆発の前兆かと話題になった。
06/01 17:52

宇宙の大規模構造を解明へ 超高速解析アルゴリズムを開発 阪大らの研究

これまでの観測で明らかとなった宇宙の構造やそれを構成している物質の動きは、質量はあるが光学的な観測で捉えることができない暗黒物質の存在を仮定しなければ、説明がつかない。
05/31 16:26

ボーイングのCST-100 Starliner、地球に帰還

ボーイングの CST-100 Starliner が日本時間 5 月 26 日、地球へ無事帰還した。
05/28 20:45

米探査機ボイジャー1号、状態示すデータの一部に問題

打ち上げから45周年を迎えた惑星探査機「ボイジャー1号(Voyager 1)」だが、NASAのジェット推進研究所(JPL)によれば、送られてきたデータの一部に問題が見つかっているそうだ。
05/25 16:52

ビッグバン宇宙を実験室で再現できる理論を構築 名大らの研究

ビッグバン理論の原型は1927年に既に提唱されていたが、それが主流になったのは、1964年に宇宙マイクロ波背景放射が発見されて以降のことである。
05/25 16:49

政府、国産ロケットの打ち上げ設備拡充へ ウクライナ情勢受け

ウクライナ情勢の結果、ロケットの打ち上げにロシアやベラルーシの設備が使えなくなっている。
05/25 07:35

地球生命は宇宙由来物質が起源だった可能性 北大らの研究

現在のところ人類は、地球以外の惑星で生命が誕生した痕跡を確認できていない。
05/24 15:58

ボーイングのCST-100 Starliner、ISSとのドッキングに成功

ボーイングの CST-100 Starliner が日本時間 21 日 9 時 28 分、国際宇宙ステーション (ISS) とのドッキングに成功した。
05/22 17:18

火星生命発見に繋がるかもしれない古代微生物を発見 米ウェストバージニア大

最近オーストラリアの岩塩の中から8億3千万年前の微生物が発見された。
05/20 07:49

エジプトの奇妙な石、超新星爆発由来であることが判明 ヨハネスブルグ大の研究

1996年にエジプトで発見された「ヒュパティアストーン」は、微細ダイヤモンドを含み、極めて珍しい化学組成だったが、起源は謎に包まれていた。
05/17 16:37

天の川銀河中心のブラックホールの撮影、初めて成功 国際研究チーム

日本も参加する国際研究チーム「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)・コラボレーション」は、天の川銀河の中心に存在する巨大ブラックホールの輪郭の撮影に成功したと発表した。
05/14 08:49

火星で最大の地震を観測 NASAジェット推進研究所

地球以外で地震計を持ち込んで直接地震を観測した実績のある天体は、月と火星だけである。
05/11 15:54

NASA、ブラックホールの音をYouTubeで公開

宇宙の大部分が真空であることから、宇宙には音がないという認識が一般的だ。
05/10 17:34

超新星爆発控えた巨星を周回する惑星を発見 ESOの研究

これまでに発見された太陽系外惑星のほとんどは、太陽質量の2.3倍以内の重さとなる恒星を周回するものだった。
05/10 11:05

Rocket Lab、Electronロケット第1段の空中キャッチに成功

Rocket Lab は 3 日、Electron ロケットによる人工衛星 34 基の相乗りミッション「There And Back Again」を実施した。
05/04 08:42

がか座β星で30個の太陽系外彗星を発見 パリ天体物理学研究所

がか座β星は地球から約63光年の距離にあり、この恒星系で1987年に初めて太陽系外彗星が発見された。
05/04 08:25

銀河系外で最も明るいパルサー、大マゼラン雲で発見 国際研究チーム

パルサーは規則正しい周波数の電磁波を発する天体で、かつてその信号は地球外知的生命体からのものではないかと考えられていた時代もあった。
05/03 08:33

小惑星探査機OSIRIS-RExに延長ミッション 小惑星アポフィス探査へ

NASAは25日、NASA版のはやぶさとも呼ばれることのあるOSIRIS-REx(オシリス・レックス)のミッションを延長すると発表した。
04/29 09:38

生命が火星で誕生し地球に飛来したとする仮説 米ジョージア工科大学の研究

地球でなぜ生命が誕生したかは、まだ解明できていない。生命が誕生するためには初期の地球環境は問題が多いからだ。
04/26 16:40

木星の衛星エウロパ、特徴的地形がもたらす生命存在の可能性 スタンフォード大の研究

木星の衛星エウロパは、以前から科学者たちに地球外生命が存在する可能性がある有力候補の1つとして考えられてきた。
04/21 07:10

イプシロンで衛星打ち上げ、民間から初受注

末松文部科学大臣は19日の記者会見で、JAXAの小型ロケット「イプシロン」6号機が、福岡市のベンチャーQPS研究所の小型観測衛星の打ち上げを受注したと発表した。
04/20 16:46

観測史上最大の彗星、ハッブル宇宙望遠鏡で直径を特定 マカオ科技大ら

ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星(正式名称C/2014UN271)は、 ダークエネルギーサーベイの観測機器で2014年10月10日から2018年11月26日までの期間に撮影された42枚の画像から見出された、非常に暗い天体だ。
04/20 07:48

民間人のみ搭乗の宇宙船がISSに初到着、米企業によるISS宇宙旅行スタート

世界で初めて民間人のみが搭乗する宇宙船が国際宇宙ステーション(ISS)に到着したそうだ。
04/14 11:41

宇宙での救急医療に必要な3Dバイオプリント技術 欧州宇宙機関

アルテミス計画での人間による月面探査ミッションは、コロナ禍の影響もあり、その進捗に大きな遅延が生じており、最短でも再び人類が月に立てるのは2026年以降の見通しだ。
04/13 07:29

前へ戻る   10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  次へ進む