1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > kenzoogata(1)

kenzoogataのニュース一覧

(c) 123rf

トヨタ自動車は5月12日、2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算を公表したが、トヨタは前期に比べ連結売上高は1%減、連結営業利益は1%減である。 05/26 07:23


718 ケイマン GT4/718 スパイダーの4リッター6気筒自然吸気ボクサーエンジン。(画像: ポルシェジャパンの発表資料より)

戦後10年ほど経つと、日本の自動車産業も始まり、ターボチャージャーの性能も徐々に高くなってきた。 05/25 07:29

718 ケイマン GT4/718 スパイダーの4リッター6気筒自然吸気ボクサーエンジン。(画像: ポルシェジャパンの発表資料より)

ポルシェが、自然吸気(NA)エンジンに回帰している。 05/24 06:25

(c) 123rf

どの様な製品、組織でも、「物質社会の基盤」である「品質保証」において、組織を動かすときは最初に【解決すべき問題点を出来ない理由】にしてしまう問題に取り組まねばならない。 05/23 08:51

(c) 123rf

【解決すべき問題点を出来ない理由】にしてしまう言動は、常に「企業経営者・管理者・指導者の悩みの種」と言って良い問題だ。 05/22 14:10

(c) 123rf

カルロス・ゴーン元日産会長が日産に赴任して数年後、『日本人は出来ない理由を述べるのがうまい』と、日本社会の現状を皮肉たっぷりに述べたのが今でも印象に残っている。 05/22 07:25

しかし不思議なことに、中国人はプライバシーが国家に握られていても安心しているようで、「デジタル・レーニン主義」なるものを受け入れているようだ。 05/20 14:02

(c) 123rf

先日、日産自動車はスペインの工場を閉鎖し、イギリスの工場でルノー車の生産委託を引き受ける方向で検討していることが報じられた。 05/20 07:17

(c) 123rf

しかし、トヨタの今期(2021年3月期)の見通しは甘すぎると感じる。 05/19 17:21

(c) 123rf

■驚異は【売上高減と営業利益減の差】  ・トヨタ :売上高 1.0%減 ・ 営業利益 1.0%減  ・マツダ :売上高 3.8%減 ・ 営業利益47.0%減  ・ホンダ :売上高 6.0%減 ・ 営業利益12.8%減  ・日産(予):売上高13.0%減 ・ 営業利益83.0%減  5月16日現在、予測を含めて発表されている2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算数字が意味するところは、ホンダ、マツダ、日産に比べて、トヨタは売上高減にしては営業利益が下がっていないことだ。 05/19 11:46

(c) 123rf

この記事は、自動車大手の2020年3月期決算結果から見える現実を直視したものだが、何社かの自動車会社は現在、死活問題に直面している状況と推察される。 05/19 07:59

今、世界では激しい情報空間での戦いが起きている。 05/18 07:57

スイフト「HYBRID RS」(画像: スズキの発表資料より)

走りが自慢のスズキ・スイフトが改良された。 05/17 08:01

「スタークラフト2」はリアルタイムストラテジー・コンピュータゲームのため、囲碁よりも難しいと言われているゲームだ。 05/16 17:20

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告