1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 大阪大学(2)

大阪大学のニュース(ページ 2)一覧

研究の概要(写真:岡山大学の発表資料より)

体に装着できるウェアラブルデバイスの究極形として、体内に埋め込むインプランタブルデバイスが将来期待されており、その実現のためには、体内に据える接着剤が必要になる。 03/26 18:52

赤リンからの黒リン合成と黒リン上での水素生成反応模式図(画像: 大阪市立大学報道発表資料より)

大阪市立大学と堺化学工業は17日、人工光合成において光触媒として使われる黒リンを低コストで効率的に合成する方法を開発したと発表した。 03/19 13:22

研究グループが提案したモデルの概要(写真:東京大学の発表資料より)

「宇宙線」と呼ばれる高エネルギーの粒子が地球に飛来しているが、起源となる「種」の生成メカニズムは40年近くも謎だった。 02/22 19:13

昨年12月26日・27日と、ソレイジア・ファーマ(がん領域主眼の創薬ベンチャー)の株価が(2日間で10%余り)大幅に続伸した。 01/31 15:00

大阪大学が、生分解性の素材を使用したIoTデバイスを開発した。 12/11 17:06

動物のサイズを決めるモデル(写真:理研の発表資料より)

種や個体によって異なる体の大きさ。 11/30 16:43

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、新たなリレーショナルデータベース開発プロジェクトを進めているという。 10/25 09:07

aには「赤光」、bには「赤雲」というオーロラと思われる現象の記録が同定される。(写真:筑波大学の発表資料より)

筑波大学は10日、紀元前8世紀から紀元前7世紀にかけて発生したオーロラ現象を記録する、楔形文字の粘土板を確認したと発表した。 10/12 19:54

淡路島ニホンザル集団のサル文字。文字の形に並べられたエサを食べながら作られたが、通常のニホンザルの集団では、競争が激しいために文字を作ることはできないという。(画像:大阪大学発表資料より)

霊長類の研究でよく名前が挙がるのはチンパンジーである。 10/04 13:22

ギ酸と重水から重水素ガスを作りわける触媒技術。(画像:大阪大学発表資料より)

従来、重水素の製造には多くのエネルギーが必要だった。 09/27 13:18

AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)

ハタプロは18日、9月から認知症予防・進行抑制に関する大阪大学大学院医学系研究科の研究事業に参画すると発表した。 09/19 17:30

実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)

駅において混雑が発生しやすい場所といえばエスカレーターである。 09/16 15:39

トリウム229準位図(関係する基底状態及び励起状態) ①-②の順番でアイソマーを生成。今後は③に示したアイソマー状態からの光遷移を観測する計画。(画像:岡山大学発表資料より)

実用化されれば3,000億年に1秒のずれしか生じないとされる「原子核時計」という夢の技術がある。 09/13 11:03

大阪大学産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは8月20日、酸性環境下でも蛍光する緑色蛍光タンパク質「Gamillus」の改良版「rsGamillus」の開発に成功したと発表した。 08/26 18:27

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告