DNAのニュース(ページ 2)一覧

研究の概要(画像:京都大学の発表資料より)

京都大学は8月28日、哺乳類の細胞に青色光を照射することで、哺乳類細胞における遺伝子のスイッチをオンオフする技術を開発したと発表した。 09/01 08:00

3月27日付けの企業・産業欄に、『ミズホメディー(ミズホ)の収益が映す「今年のインフルエンザ」発生は低水準』と題する一文を投稿した。 08/26 12:08

免疫応答によって、活性化されたMTK1がSAPK経路の長期活性化をもたらし、インターロイキン6の産生を誘導することを示した研究結果(東京大学医科学研究所の発表より)

酸素が体内の細胞や組織などと結合し、ダメージが蓄積していく酸化ストレス。 07/13 07:35

酵素が細胞の老化を阻止(写真:熊本大学の発表資料より)

高齢化の進む日本。平均寿命が今後も延びると予想されるため、健康を維持しつつ年齢を重ねることが求められる。 06/26 07:04

細胞周期とマイクロインジェクションの時期が、ノックイン効率に与えることを示した図(画像: 理化学研究所の発表より)

理化学研究所の阿部高也技師らの研究チームが6月18日、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を使ったノックインマウスの作製法を開発したと発表した。 06/24 07:20

今回の研究の概要。(画像: 東京海洋大学の発表資料より)

ニジマスの精子や卵のもとになる細胞である「生殖幹細胞」を試験管内で増殖させることに東京海洋大学の吉崎悟朗教授のグループが成功した。 06/20 09:24

CONAN法による新型コロナウイルス検出法の概要(東京大医科学研究所の発表より)

東京大学医科学研究所の真下知士教授らが、ゲノム編集技術「CRISPR-Cas3(クリスパー・キャス3)」を用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を迅速に検出する診断法を確立したと発表した。 06/10 07:24

ジョイデス・レゾリューション号と掘削された玄武岩試料(左)。試料から確認された微生物(右)(写真:東京大学の発表資料より)

地球以外の惑星に生命が生息しているかどうかは研究者の関心の的だ。 04/08 12:06

柿やほかの植物の進化過程でみられる全ゲノム倍化(写真:岡山大学の発表資料より)

岡山大学は2月29日、柿の野生種であるマメガキの全ゲノム配列を解読したと発表した。 03/05 12:15

遺伝子解析の結果、レッサーパンダが系統発生学的に2つの種に分類されるという中国科学院の研究グループによる研究成果が発表された(論文、 BBC Newsの記事、 The Guardianの記事、 CNNの記事)。 03/01 19:54

Microsoftのフィル・スペンサー氏は24日、Xbox Series Xの仕様の一部を公表した。 02/29 09:48

画像はイメージです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、他の感染症治療薬は効果があるのだろうか。 02/25 12:34

あおさ(左)と集めている様子(右)(写真:中部大学の発表資料より)

新型コロナウイルスが中国を中心に世界中へと蔓延している。 02/24 17:19

データ解析を手がける日本バイオデータが、公開されている新型コロナウイルスのゲノムDNA配列データを解析した結果をTwitterで報告している。 02/22 16:53

英国・ウェールズのダフェッド-ポウイス警察は4日、牛のDNA検査結果が窃盗事件の裁判で有罪の証拠になったことを発表した。 02/10 09:15

生命の発生に必要な最小のRNAの長さと、非生物的な過程でこのRNAが誕生するのに必要な星の数との関係(画像:東京大学の発表資料より)

地球以外の惑星に生命が存在するかや、生命がどのように誕生したかは、科学にとって大きな謎のひとつだ。 02/07 16:43

米国防総省が直販型DNA検査キットにはセキュリティリスクがあるとして、使用すべきではないと注意喚起するメモを軍人に送ったそうだ。 12/29 07:38

図1 KC マウスに発生した肝細胞癌。KC マウスでは 1年で小さな肝細胞癌が発生するが、 KC/TFF1KO マウスでは肝細胞癌は 6カ月で発生し、1年で巨大に発育した。(矢印:肝細胞癌) (画像: 名古屋大学の発表資料より)

肝細胞癌は、肝臓に発生する悪性腫瘍であり、完治するには外科的切除による治療が必要だ。 12/02 19:28

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告