DNAのニュース(ページ 6)一覧

アレシボ天文台は16日、新たなアレシボメッセージを選定するため、学生によるメッセージ作成チームを世界から募集する計画を発表した。 11/21 21:44

DPD1ヌクレアーゼ=オルガネラDNAを分解する酵素を発見。(画像:神戸大学発表資料より)

リンは植物にとって必要不可欠で、その三大栄養素に数えられる。 11/19 08:23

ニホンジネズミ。(The Wild Mammals of Japan. Second edition (Ohdachi et al., 2015) (松香堂, 日本哺乳類学会)より)

ニホンジネズミという日本固有種の小型哺乳類がいる。 11/11 18:24

胎児期のストレスによる成人後高血圧発症の機序。(画像:東京大学発表資料より)

胎児期に栄養状態などにおいて悪い環境に置かれると、成人後に生活習慣病になるリスクが上がる。 11/05 16:30

富士経済が再医療関連の市場調査結果を公表。三次元培養等の再生医療研究の技術が加速

2006年に新しい多能性幹細胞であるISP細胞が京都大学のグループによって作り出された際は再生医療の飛躍的進歩に大きな期待が寄せられた。 11/01 08:38

「人の寿命を予測する」技術の開発が進んでいるという。 10/29 22:34

遺伝子検査から導き出される診断結果は確定的な情報として捉えられやすい傾向にある。 10/20 23:30

シアトルの退役軍人病院とロンドンのキングス・カレッジの共同研究によると、腰痛に関連する少なくとも3つの遺伝子が発見されたという。 10/14 20:50

クロアチアのアドリア海沿岸で出土した新石器時代の土器から、およそ7,200年前のチーズ製造の痕跡が発見された。 09/17 11:55

アマミノクロウサギ。(写真:筑波大学発表資料より)

国立環境研究所、筑波大学、福島大学、環境省の共同研究グループは、徳之島(鹿児島県)に棲息するアマミノクロウサギが、数千年前から南北の生息地に分断され、遺伝的交流を持たずにいた可能性が高いことを遺伝解析により明らかにした。 09/03 07:18

多収品種「タカナリ」が持つ籾数を増やす遺伝子を持つ「NIL-APOI」は、それを持たない「コシヒカリ」に比べ、籾数が多くなる。(画像:農研機構発表資料より)

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、水稲の多収品種が持つ籾数の増える遺伝子をコシヒカリに交配で導入すると、高二酸化炭素条件下で収量が大幅に増加する事実を明らかにした。 08/14 08:34

東京大学定量生命科学研究所所長の白髭克彦教授は10日、遺伝情報を次の世代に正確に伝える仕組みを発見したと発表した。 08/11 19:40

ヤマモモの果実を食べる5月の屋久島のニホンザル。野生のニホンザルがどのような腸内細菌をもちいて、森の食べ物を消化しているのかを、本研究では明らかにした。(写真提供:早川卓志氏)

京都大学などの研究グループが、野生のニホンザルがどのような腸内細菌を持っているかを明らかにした。 07/24 22:02

生物の遺伝子の一部を改変したり並べ替えたりする「ゲノム編集」技術が最近盛んに研究されているが、ゲノム編集技術のうち「CRISPR/Cas9」を使う手法では一部のDNAが意図せず消失する可能性があることが発見された。 07/20 09:56

ラブラドール・レトリバー。

アメリカとロシアの共同研究として、9000年にわたる犬の遺伝子が分析された。 07/18 21:44

クローンの起源仮説と調査方法。(画像:北海道大学発表資料より)

ドジョウは珍しい生き物ではないが、珍しい生態を持っている。 07/16 11:34

上のクリオネは10mm程度の「冬クリオネ」、下のクリオネは45mm程度の「春クリオネ」。(画像:国立極地研究所発表資料より)

オホーツク海南部沿岸には、1月から3月にかけて出現する小さなクリオネ「冬クリオネ」と、4月から7月にかけて出現する大きなクリオネ「春クリオネ」がいる。 07/15 19:52

研究で試料を提供したチンパンジーの一匹、アキナ。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学の研究グループは、DNAのメチル化の検出によってチンパンジーの年齢推定に成功した。 07/11 17:48

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告