DNAのニュース(ページ 3)一覧

さまざまながんにおけるエピゲノム異常の形成メカニズムとEZH1/2阻害薬による制御の模式図(画像: 東京大学大学院の発表資料より)

がん抑制遺伝子は傷ついた遺伝子を修復したり異常になった細胞を排除したりして、細胞のがん化を防ぐために働く遺伝子である。 11/24 21:19

火星。

1960年代、まだ人類が地球を周回する宇宙船を操る技術しか持たなかったころ、科学者たちの多くは地球以外の天体に生命が存在することに懐疑的であった。 11/23 16:46

ガス星雲のイメージ。

従来地球生命の起源は、何の疑いもなく、地球上の無機化合物から偶然タンパク質を構成している有機化合物が合成され、何らかのメカニズムが働いて現在のDNAの原型が形作られたと考える科学者が大多数であった。 11/23 09:21

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の研究グループは18日、iPS細胞において、遺伝子を安定化し、がん化等を防ぐ仕組みを解明したと発表した。 11/20 20:14

 (a) コンビナトリアル手法によるガドリニウム(Gd)の勾配をつけたサンプルの模式図。(b)コンビナトリアル手法によるサンプルのCNT成長後の写真(画像: 早稲田大学の発表資料より)

早稲田大学等の共同研究グループは8日、これまで使われてきた鉄触媒に微量のガドリニウムを添加することによって、単層カーボンナノチューブをより成長させ長尺化することができる触媒の開発に成功したと発表した。 11/14 17:23

従来考えられてきたDNA切断時の末端形状(写真:東北大の発表資料より)

東北大学は11日、DNAが切断された際の末端の形状構造を明らかにした。 11/13 12:31

ヒストンアセチル基転移酵素HAG1とHAG3によるリプログラミング誘導の仕組み(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)らの国際共同研究グループは4日、植物が傷害を受けた場合にその細胞がリプログラミングされる仕組みを分子レベルで解明したと発表した。 11/07 09:21

今回の研究の概要(画像: 東京大学の発表資料より)

急性腎障害(AKI)は何らかの原因で腎臓の働きが急に悪くなる病気である。 11/04 21:39

今回の研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学、理化学研究所等の共同研究グループは血中遊離DNAに存在する突然変異を高精度に検出できる手法を開発したと発表した。 10/31 12:35

グーグルが「量子超越性の実証」に成功したと発表した。 10/29 11:31

ゲノムワイド関連解析の結果。赤矢印が今回の研究で同定された収量に関わるゲノムの領域。この領域で発見された14の候補遺伝子の中に、植物ホルモン「ジベレリン」のシグナル制御に関わるOsSPYが含まれていた。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

イネの収量増加は稲作に携わる人たちにとって共通の望みであり、遺伝子からのアプローチも多くの研究で行われてきた。 10/19 10:04

サリドマイド催奇形性のモデル図(画像: 東京医科歯科大学の発表資料より)

薬は病気を治療するものだが、同時に副作用を持つという側面がある。 10/10 18:04

2019年のノーベル生理学・医学賞は米国のウィリアム・ケイリン氏とグレッグ・セメンザ氏、英国のピーター・ラトクリフ氏が共同受賞した。 10/09 09:44

1日、ゲノム編集食品に関する厚生労働省による新しい制度の運用が始まった。 10/08 17:19

原始細胞のモデル。情報と触媒機能を担う各分子へと進化する。(写真:東京大学の発表資料より)

東京大学は4日、分子生物学の基本原理であるセントラルドグマが、物理学における自発的対称性の破れによって説明可能であることを示したと発表した。 10/04 19:28

地球上に存在するすべての生命は、DNAがmRNAに転写され、このmRNAが細胞を構成するタンパク質を作るという構造を持っている。 10/04 18:47

OIST生態・進化学ユニットの研究者たちがマイクロCTスキャンを利用して撮影したバロアダニ。バロアダにはミツバチのコロニーを脅かす存在。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

蜂群崩壊症候群はミツバチに大量死を引き起こす現象である。 10/03 18:57

DNAやRNA等の核酸の最小単位であるヌクレオチド(左)と今回再現された核酸塩基6種(右)(写真:北海道大学の発表資料より)

地球上の生命の起源とも考えられる星間分子雲。 10/02 13:20

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告