1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ろひもと理穂(1)

ろひもと理穂のニュース一覧

10月27日17:40(すべて日本時間)ごろには1ドル113円93銭と114円台を割り込んでいたが、21:30の7~9月GDP速報値の発表によってポジティブサプライズとなり、1ドル114円45銭まで上昇した。 10/28 10:41

低下していた米10年債利回りが2.46%まで回復したこともあり、10月27日10:10(すべて日本時間)ごろには1ドル114円26銭の上値をつけた。 10/27 13:03

10月25日(すべて日本時間で表示)に発表された経済指標の好調ぶりもあり、10年債利回りは2.47%まで上昇し、114円20銭を突破するところまで伸ばしたが、ニューヨーク市場の終盤は反落した。 10/26 11:11

10月24日は早朝から北朝鮮での生物兵器開発の可能性ありという報道によって1ドル113円24銭までリスクオフとなったが、その後は反発し、ドル買いが続き23:50(すべて日本時間)には1ドル114円を突破するところまで回復した。 10/25 13:18

10月3週目はドル高のトレンドとなり、最終的に1ドル113円51銭でクローズ。 10/24 15:42

10月3週目が終了した。中国共産党大会も問題なく進行しており、今のところ懸念していたような北朝鮮の挑発行為は見られない。 10/21 11:28

注目されている次期FRB議長だが、一部の報道によると、最もタカ派とされているティラー教授よりもパウエルFRB理事が選ばれる可能性が高まってきている。 10/20 13:21

NYダウは堅調で史上最高値となる2万3,000ドルを更新し、日本でも日経平均株価が13日連騰しており1996年以来となる2万1,500円台を記録した。 10/19 20:43

10月3週目は1ドル112円から112円半ばという非常に狭いレンジでの為替レートの変動となっている。 10/18 12:03

10月2週目は1ドル111円87銭でクローズし、3週目はドル買いからスタート、10月16日7:35(すべて日本時間)ごろには1ドル111円98銭、10:05ごろには1ドル112円08銭とここまでは堅調に112円台に回復している。 10/17 18:42

10月18日までは北朝鮮の動向に警戒が必要となる中で、トランプ大統領はイランへの核合意不支持を表明、対応策を検討するということでさらに地政学リスクが高まった。 10/14 11:26

ドル円は1ドル112円台の狭いレンジでの変動が連日続いているが、ドルはやや弱含みになってきている。 10/13 11:57

米連邦準備制度理事会(FRB)から9月19・20日のFOMC議事要旨が公表されたが、事前予想に反してタカ派色は強くなかった。 10/12 10:50

朝鮮労働党創建72周年となる10月10日、北朝鮮は挑発行為を実施しなかった。 10/11 11:35

10月2週目に入ったが、先週クローズした1ドル112円63円から、ほとんど変動がない。 10/10 11:01

10月1週目が終了した。最終的には1ドル112円63銭でクローズしており、この1週間では大きな変動となってはいない。 10/07 11:40

本日発表される9月雇用統計を控えて市場は様子見ムードが続いている。 10/06 11:21

朝鮮半島を巡る地政学リスクを懸念してドルの上値は限定的だ。 10/05 10:58

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告