1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 小村海(1)

小村海のニュース一覧

南西諸島で発見されたアカボシルリゴキブリ(左)とウスオビルリゴキブリ(画像: 法政大学の発表資料より)

日本国内では毎年、多くの昆虫が新種として発見、世の中に公表されている。 11/26 16:33

欧州で栽培されている他品種と甲州の比較ゲノム解析結果(画像: 東京農業大学の発表より)

東京農業大学と山梨大学による共同研究グループは16日、日本固有のブドウ品種で、白ワインの製造に使われる「甲州」の全ゲノム解読に成功したと発表した。 11/18 12:15

2枚のレンズで構成され、回転によって凹レンズ、凸レンズに変えられる新規開発のメタレンズ(画像: 東京農工大学の発表より)

東京農工大学は10日、自然界に存在しない反射特性を持つ人工表面・メタサーフェスを利用し、凹レンズから凸レンズまで幅広く焦点距離を調節できるメタレンズの開発に成功したことを発表した。 11/14 09:09

納豆菌が生きた大豆よりも枯死体の大豆を栄養源とする研究の成果(京都大学の発表より)

大豆を使った日本の伝統的な発酵食品、納豆。 11/07 09:19

今回構築したクリスパーキャス9の活性を制御する仕組み(広島大学の発表より)

広島大学と東京医科歯科大学の研究グループは26日、細胞分裂で生じた細胞が母細胞となり、再び細胞分裂するまでの細胞周期のメカニズムを生かし、クリスパーキャス9によるゲノム編集を安全かつ正確に行う技術を確立したと発表した。 10/30 15:57

福井大学と福井県農業試験場が、これまで計測が難しかった炊き立てご飯の香り成分の計測に成功したと発表した。 10/27 12:53

サルの脊椎の電気刺激を与えることで、腕運動の力ベクトルを求めた本実験のイメージ(京都大学の発表より)

脳神経がどのように人体の動きを制御するのか。 10/19 13:01

ヒトの皮膚上における残存期間について、京都府立医大の研究。IAVがインフルエンザ、SARS-CoV-2が新型コロナウイルス(京都府立医科大学の発表より)

今もなお感染拡大を続ける新型コロナウイルス。 10/14 11:57

気温上昇による穀物生産被害のデータ(画像: 農研機構の発表より)

大気中に化石燃料の使用などで発生した温室効果ガスが滞留し、気温がじわじわと上昇する地球温暖化。 10/02 19:10

理論分析の結果で得られた外出者の推移(総合地球環境学研究所の発表資料より)

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした日本政府の緊急事態宣言(4月6日発令、5月25日解除)に効果はあったのかー。 09/29 08:13

光捕集により光回復酵素のDNA修復能を向上させた本研究の実験(大阪大学の発表資料より)

大阪大学基礎工学研究科らのグループは、DNA上の傷(損傷DNA)が紫外線など太陽光に含まれる青色光により修復する光回復酵素の能力を、光合成の過程で発生する光捕集の現象を用いて向上させることに成功したと発表した。 09/22 13:42

ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)

広島大学医学研究科のグループが、目や皮膚などの人体に与える障害が少ないとされる中心波長222nmの紫外線に、新型コロナウイルスの不活化効果がみられたと発表した。 09/10 17:24

OCPcolとテリパラチドと組み合わせた骨移植法と、市販人工骨とテリパラチドを組み合わせた骨移植法を比較したレントゲン写真(東北大学の発表より)

東北大学大学院医工学研究科のグループは8月31日、ヒトへの移植を目的とした生体材料(人工骨)を人体に埋める際、骨粗しょう症治療薬を添加することで、骨欠損を飛躍的に修復させる技術を開発したと発表した。 09/03 12:07

超臨界流体染色で染色したポリプロピレン繊維(金沢工業大の発表より)

福井大学と金沢工業大学、有本化学工業の3者は20日、繊維構造の複雑さからこれまで染色が困難だったポリプロピレン(PP)繊維の染色に成功し、特許を取得したと発表した。 08/25 19:07

 1 2 3  次へ進む

広告