1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 普天間基地・在日米軍(5)

普天間基地・在日米軍のニュース(ページ 5)一覧

rss

自民党の防衛施設問題に関する議員連盟は31日、「沖縄基地負担軽減と在日米軍再編の促進」を中谷元防衛大臣に求めた。 06/01 12:46

中谷元防衛大臣は沖縄の米軍基地について「整理・統合・縮小には、取組んでいきたい」とする一方で「日本の安全保障を考えた場合に、私は、必要なものと考えている」とした。 05/23 12:33

生活の党の玉城デニー幹事長は沖縄県うるま市で行方不明になっていた島袋里奈さん(20)が遺体で発見され、元アメリカ兵の男が逮捕されたのを受け、20日、「沖縄県民の我慢はもう限界に達している」とし「日米両政府は綱紀粛正と再発防止に努めるという常とう句で逃げようとせず、沖縄県における過重な米軍基地の速やかな閉鎖・撤去を実行するとともに、米軍・軍属等の犯罪の逃げ道といわれている日米地位協定の抜本的改正を強く求める」との談話を発表した。 05/21 13:14

防衛省統合幕僚監部は昨年度中の緊急発進状況を26日までに発表した。 04/26 15:05

政府は普天間基地の名護市辺野古への代替施設建設のための辺野古沖埋め立て工事に関連するフロートについて沖縄県との和解に基づく協議の趣旨に照らして、撤去する方向で検討する。 04/16 22:57

中谷元防衛大臣は普天間飛行場の5年以内の運用停止実現について、これまでも繰り返し語った「何といっても、普天間飛行場の辺野古移設に地元の御協力が得られるということが前提であると認識しており、今後とも御理解と御協力をお願いしてまいりたい」と改めて辺野古移設への理解を求めた。 04/14 16:34

岸田文雄外務大臣と米国・ケリー国務長官による日米外相会談が11日、約40分にわたり行われ、日米安保について岸田外相が「安保法制・日米新ガイドラインなどをあわせ、日米同盟の抑止力をさらに強化したい」と語った。 04/12 12:22

中谷元防衛大臣は5日の記者会見で、記者団から普天間基地移設計画を巡る和解から1か月が経ったが、沖縄県との協議の進捗はと聞かれ「できる限り負担軽減について取り組んできており、実際に努力した内容について一つ一つ説明をし、御理解を頂くように努力をしている」とした。 04/06 11:54

中谷元防衛大臣は1日、日米首脳会談でアメリカ側から名護市辺野古への代替施設建設が遅れることの懸念が示されたとの報道に対し「報道は承知している」としたうえで「基本的に、普天間施設の代替施設の移設場所は辺野古が唯一の移転先であり、普天間基地の抱える危険性、各種の懸念等を一刻も早く除去をするためには移転事業が一日も早く終了できるように、政府は全力を挙げて取り組んでいる」と政府の姿勢が名護市辺野古への代替施設建設以外に解決策がないことを示した。 04/01 21:16

中谷元防衛大臣は26日夕の記者会見で沖縄県名護市の市長との会談で「市長から何故、(普天間飛行場の代替施設の移設先は)辺野古が唯一の選択肢であるのかということ、それから、5年以内の普天間飛行場の運用停止に対する認識、また、辺野古沖のボーリング調査の取扱い、キャンプ・シュワブ周辺の護岸工事などについて、御意見・御質問があった」とし「代替施設は沖縄の負担軽減に資する」旨を伝えたとした。 03/27 21:40

菅義偉官房長官は24日夕の記者会見で、同日開いた政府・沖縄県協議で、普天間飛行場の5年以内の運用停止実現のためには「普天間飛行場の名護市辺野古への移転ということが前提であり、地元の協力を頂きたい」と改めて辺野古への移設に理解と協力を求めた旨を明かした。 03/24 10:48

中谷元防衛大臣は8日の記者会見で普天間基地の移設に関しての裁判所和解案に基づく沖縄県との話し合いは、政治レベルと事務レベルの両方で行っていく考えを示すととともに、自らも沖縄県を訪ね「所要の準備等を致し、しっかりと沖縄の皆さんにも考え方をお話するとともに、沖縄県側の御意見、知事、市長はじめ基地所在の市長・村長さんからも御意見を伺いたいと思っている」と語った。 03/09 10:38

菅義偉官房長官は7日夕の記者会見で、沖縄県の普天間飛行場移設に関する裁判所の和解勧告受け入れでの今後の沖縄県との協議について「あくまでも裁判での和解事項に沿って進めていく」とした。 03/08 11:51

安倍晋三総理は4日、沖縄県の普天間飛行場移設に関する裁判所の和解勧告を受け入れると発表した。 03/05 23:27

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告