1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 宇宙技術・天体(4)

宇宙技術・天体のニュース(ページ 4)一覧

rss

京都にある醍醐寺が宇宙に寺院を開設するそうだ。 02/03 16:17

来年度の打ち上げを予定しているJAXAと三菱重工業が開発した新型ロケット「H3」。 02/02 17:25

研究の概要(画像:理化学研究所の発表資料より)

国立天文台が運営するアルマ望遠鏡は25日、成長途上の原始星を取り巻く円盤が「リング構造」をもつことを確認し、惑星がすでに形成を開始している可能性があるという説を発表した。 01/31 16:41

銀河中心ブラックホールを取り巻くガスの時間進化。上段にガスが剥ぎ取られる場合、下段はガスが生き残る場合(画像: 東京大学の発表資料より)

東京大学は26日、銀河の中心にあるブラックホールの活動に及ぼす銀河どうしの衝突の影響に関する、興味深い研究結果を公開した。 01/30 09:33

潮汐矮小銀河(青)と渦巻銀河(グレースケール) (c) Hubble Space Telescope / ALMA

潮汐矮小銀河とは、銀河同士の衝突の際にガスの一部が潮汐力によって放出され、それらに沿って誕生した低質量銀河のことである。 01/27 16:51

JAMSTEC高知コア研究所などの研究グループが隕石中で発見した新鉱物に「ポワリエライト (poirierite)」と命名し、国際鉱物学会から認定されたそうだ(プレスリリース、 論文)。 01/26 17:44

研究の概要 (c) ERG science team

極域の上空で観測される発光現象「オーロラ」。 01/26 13:42

国際宇宙ステーション(ISS)のロシア側責任者 ウラジーミル・ソロフィエフ氏がロシアのテレビ局 Rossiya-24の番組に出演し、ISSにはズヴェズダサービスモジュールで昨年10月に見つかった穴の他にも穴が開いている可能性を示唆した。 01/25 17:07

NASAは1月12日、国際宇宙ステーション(ISS)の太陽電池パネルが取り付けから時間が経過し、耐用年数がすぎて発電量が低下していることから新しい太陽電池を方針を決めた。 01/22 18:41

NASAがアルテミス計画に向けて開発を進める超大型ロケット「SLS」のエンジン燃焼試験が16日に実施されたが、目標としていた8分間に届かず、1分強でエンジンが停止してしまうトラブルに見舞われた。 01/21 09:11

国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟に設置された「CALET(高エネルギー電子・ガンマ線観測装置)」(c) JAXA

早稲田大学は14日、銀河宇宙線中の炭素と酸素のテラ電子ボルト領域で、スペクトル硬化を観測したと発表した。 01/20 17:38

火星

地球に氷河期がかつてあり、氷河で覆われた時代があったように、火星にも氷河で覆われた場所が存在している。 01/20 09:04

低密度巨大ガス惑星のイメージ (c) ESA/HUBBLE, NASA, M. KORNMESSER

カナダのモントリオール大学は18日、太陽系外で発見された従来にない非常に低密度の惑星に関する情報を公開した。 01/19 15:36

銀河の衝突で生じた潮汐力が星の材料であるガスを銀河外へと押し出す様子を示した想像図 (c) ESO/M. Kornmesser

国立天文台が運営するアルマ望遠鏡は12日、約93億年前の宇宙において、星の材料となるガスを失い続ける銀河を発見したと発表した。 01/18 08:45

NASAは15日、2年近くにわたって難航していた火星探査機InSightの地熱測定装置Heat Flow and Physical Properties Package(HP3)のプローブ打ち込み作業打ち切りを発表した。 01/16 20:27

現在、逆うるう秒導入が検討されているそうだ。 01/15 08:45

火星

地球の自転軸はチャンドラー・ウォブルと呼ばれるごくわずかな揺らぎがある。 01/14 08:53

ビッグバンからわずか6億7000万年後のクエーサーJ0313–1806 (c) NOIRLab/NSF/AURA/J. da Silva

アメリカ国立電波天文台は12日、130億光年の彼方にある最も遠方のクエーサーを発見したと発表した。 01/13 08:26

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告