1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 宇宙技術・天体(3)

宇宙技術・天体のニュース(ページ 3)一覧

rss

「お金配りおじさん」を商標出願していることでも知られるZOZO創業者の前澤友作氏。 03/05 08:34

トロヤ群に滞留していることが見出された珍しい彗星 (c) NASA/ESA/J. Olmsted/STScI

NASAは、非常に珍しい彗星に関するニュースを発表している。 03/03 16:36

赤色巨星でのライン強度比と温度の間の関係(画像:東京大学の発表資料より)

オリオン座のベテルギウスは、最も有名な赤色巨星であり、超新星爆発の時期がまじかに迫っているのではないかと、ささやかれている存在である。 03/03 07:50

NASAは23日、火星探査車Perseveranceが火星に降下・着陸した際の映像と、火星で初めてマイクにより録音された音声を公開した。 02/24 17:01

ニュートリノと呼ばれる素粒子の存在を知っているだろうか。 02/23 16:34

NASAの火星探査車 Perseveranceが日本時間19日、火星のジェゼロクレーターに無事着陸した。 02/20 16:46

中国の月探査車 玉兎2号は月の夜が明けて6日に探査活動を再開したが、前回の休眠に入る直前に奇妙な岩石を発見していたそうだ。 02/17 17:11

今から6600万年ほど前に地球に衝突したチクシュルーブ大隕石は、メキシコユカタン半島沖に直径約150km、深さ約19kmの巨大なクレーター(チクシュルーブクレーター)を痕跡として残し、恐竜をはじめとした地球上の生命の大絶滅をもたらした張本人であると考えられている。 02/17 08:15

2024年打ち上げ予定とされていたNASAの木星の衛星エウロパの探査機「エウロパクリッパー」だが、これまで開発中の超大型ロケットSLSを用いるとしていた打ち上げロケットが、2月2日に民間から調達することが予告された。 02/16 17:01

アメリカのコーネル大学が運営する学術論文サイトarXivで15日、形成途上にある原始惑星系円盤の構造に関する国立天文台の研究論文が公開された。 02/16 08:17

日本時間10日、UAEの火星探査機 Hopeと中国の火星探査機 天問1号が相次いで火星に到達し、火星周回軌道への投入に成功した。 02/11 16:46

地球上での生命起源について定量的かつ統計的な評価を行い、生命体の普遍性を明らかにしたうえで、その論理を地球外生命体へと展開し、地球以外の惑星における生命の存在形態を推論していこうとする興味深い研究論文が、米国Astrobiology誌で公開された。 02/10 07:58

2019年1月のベテルギウスの表面(左上)と2019年12月のもの(右上)。下図はベテルギウスの明るさの変化を示す(画像:Kavli IPMUの発表資料より (c) ESO/M. Montargs et al. (c) L. Molnár, AAVSO, UCSD/SMEI, NASA/STEREO/HI)

オリオン座に属する恒星「ベテルギウス」は2020年初めに大幅な減光が確認され、超新星爆発を起こすのではないかと考えられていた。 02/09 08:15

火星探査機「アルアマル」を乗せたH-IIAロケット42号機打ち上げの様子。(c) JAXA

ドバイから日本の国民にとっても注目のニュースがもたらされた。 02/09 08:07

全固体リチウムイオン電池(写真:JAXAの発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と日立造船は2日、宇宙での全固定リチウムイオン電池の実証実験に関して、共同研究契約を締結すると発表した。 02/05 08:18

主星の前を通過する太陽系外惑星WASP-31bのイメージ (c) ESA/ATG medialab

オランダ宇宙研究所(SRON)は3日、地球からおよそ1300光年離れた太陽系外惑星WASP-31bで、物質の痕跡(液体と気体の境界にある水素化クロム)を突き止めたと、発表した。 02/04 15:15

ドラゴン宇宙船により米宇宙ベンチャーとして初の有人宇宙飛行を実現したSpaceX社だが、今年の第4四半期に民間人のみからなる宇宙旅行ミッション「Inspiration4」を実施することを発表した。 02/04 08:07

連星系パルサーPSRJ2039-5617のイメージ画像 (c) Knispel / Clark / Max Planck Institute for Gravitational Physics / NASA GSFC

独マックスプランク重力物理学研究所は、宇宙のセアカゴケグモと呼ばれている連星系パルサーPSRJ2039-5617の挙動を、Einstein@homeと呼ばれる分散コンピューティングプロジェクトの膨大な計算能力を活用して、解明した。 02/04 07:53

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

広告