1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > 矢野経済研究所(1)

矢野経済研究所のニュース一覧

矢野経済研究所が業種・職種別人材ビジネス市場を調査。2019年度の市場は前年度比7.2%増。新型コロナの影響で20年度はマイナス成長の見込

新型コロナ感染症の影響で経済が停滞し続けている。 01/20 09:19

矢野経済研究所が国内の戸建て住宅市場を調査。ウィズコロナ時代を見据え「戸建て住宅」に対する市場ニーズが変化

新型コロナ感染症の流行は人々の生活様式を大きく変えた。 12/22 17:04

矢野経済研究所が自然派・オーガニック化粧品市場を調査。2020年度の市場は前年度比92.1%の1290億円と予測。11年度以来、初めてのマイナス成長

オーガニック化粧品とは化石燃料由来の化学工業成分を用いずに天然植物成分を主要な成分とする自然派化粧品のことだ。 12/15 09:16

政府の「エネルギー基本計画」では2030年度に風力発電が総発電電力量に対して占める割合を1.7%程度、導入設備容量としては10GW、うち洋上風力は0.8GWとされている。 10/07 08:21

矢野経済研究所がDXへの取り組み状況について調査。現状ではIT刷新(守りのDX)が革新的な取り組み(攻めのDX)を上回る

経済産業省はかねてより日本産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を推し進めようとしている。 09/04 08:52

矢野経済研究所が全国パチンコホールの閉店実態などを調査

パチンコ産業はかつて30兆円産業といわれ栄華を極めていたが、警視庁の統計によるとその店舗数は1995年の1万8244店をピークにその後一貫して減少傾向で推移している。 09/02 08:41

矢野経済研究所が車載ディスプレイ部材世界市場を調査。新型コロナにより自動車市場が縮小、車載ディスプレイも6~8割に縮小の見込み

2020年の世界自動車市場は中国や欧州を牽引役にEV車などエコカー元年として大きく拡大するものと見込まれていた。 08/10 16:30

矢野経済研究所がコメビジネス・米飯市場を調査。「和食」が世界的なブーム

2013年、「和食」が「日本人の伝統的な食文化」であるとしてユネスコ無形文化遺産に登録された。 07/19 18:43

矢野経済研究所が車載モータの世界市場を調査。2018年の世界需要は32億個規模、30年には約56億個規模まで拡大予測

2020年はEVやPHVなど環境負荷の少ないエコカー、次世代自動車が中国市場を牽引役として世界的に大きく成長する見込みであった。 07/01 08:35

矢野経済研究所が中国におけるAI市場を調査。中国では新型コロナ対策としてあらゆる面でAIやビッグデータ分析技術を活用

中国はAIの先進国だ。 06/26 07:52

矢野経済研究所がワイヤレス給電市場を調査。19年の世界市場規模は前年比107.6%の1601億99百万円

現在普及している給電方式はケーブルをコンセントにつないで電力を送る有線給電方式だ。 06/07 21:56

「ハートランド・エミシア久我山 with Doggie」(画像: ワイグッドケアの発表資料より)

我が住み処:埼玉県を中心に東京・神奈川・栃木の1都4県で10カ所の「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」、4カ所の「有料老人ホーム」を展開する企業にワイグッドケアがある。 05/26 17:30

矢野経済研究所が業務用サービスロボット市場を調査。2019年度の業務用サービスロボット市場は前年度比128%の64億6400万円の見込

厚生労働省が発表した3月の有効求人倍率は1.39と新型コロナウイルス感染症の影響を受けて低下が続いている。 05/26 08:30

矢野経済研究所が次世代モビリティの国内販売台数予測を公表。超小型EVは2020年より軽自動車の一種と区分されることで市販化加速の見込み

いまだ馴染みのない電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティなどの次世代モビリティだが、原付バイクよりもパワーがあり軽自動車よりも小さく小回りがきき駐車スペースも狭いため新たな都市型車両として注目を浴びている。 03/24 08:55

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告