1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 理化学研究所(理研)(8)

理化学研究所(理研)のニュース(ページ 8)一覧

近年、非B非C肝がんの頻度が増加している。欧米ではアルコールの過剰摂取によるアルコール性脂肪性肝炎(ASH)が主なものだが、これに加えてメタボリックシンドロームとも深く関連する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の増加が目立っている。

近年、非B非C肝がんの頻度が増加している。 08/20 19:57

生物のゲノムDNAは、全長2mにもなるものが折りたたまれることで、の細胞内に収められている。従来DNAはらせん状に巻かれて階層構造を作っていると考えられてきた。近年、国立遺伝学研究所の前島一博教授らにより、定説のような規則正しく折りたたまれた構造が存在しないことが実験などから提唱されていた。

生物のゲノムDNAは、全長2mにもなるものが折りたたまれることで、細胞内に収められている。 08/02 11:27

発達障害の一つである自閉症は、コミュニケーションが苦手、社会的相互作用が成り立ちにくいといった「社会性の障害」や、反復的行為や一つのことへのこだわりといった「脅迫的な行動様式」を主な症状とする。自閉症の発症割合は150人に1人程度と言われ、最近は世界的に増加傾向にある。

発達障害の一つである自閉症は、コミュニケーションが苦手、社会的相互作用が成り立ちにくいといった「社会性の障害」や、反復的行為や一つのことへのこだわりといった「脅迫的な行動様式」を主な症状とする。 07/15 15:00

スーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」の2017年6月版が発表された。 06/21 09:07

理化学研究所、東京大学医学部附属病院らの共同研究チームは、免疫機能の個人差に関わる遺伝子カタログを作成し、免疫疾患の遺伝的メカニズムの新しい解析手法を開発した。共同研究チームは、105人の健常人から5種類の主要な免疫細胞を回収し、遺伝子発現量の個人差を次世代シーケンサーの活用で網羅的に解析。

近年、ゲノムワイド関連解析(GWAS)によって免疫疾患発症に関与するDNA多型(リスク多型)が多く同定されている。 06/15 11:52

再生医療にも有用となる体組織の形成過程を知るには、発生過程で組織全体がどのように変形するのかを定量的に理解する必要がある。しかし、複雑な組織をリアルタイムかつ高分解能で計測することが難しいことから、従来の発生生物学では、各器官の発生に必須となる遺伝子や形態異常を引き起こす原因遺伝子に焦点を当てた子生物学的アプローチがとられてきた。

再生医療にも有用となる体組織の形成過程を知るには、発生過程で組織全体がどのように変形するのかを定量的に理解する必要がある。 05/22 07:43

VR環境は脳科学の分野でも行動課題として注目されている。最近は霊長類以外の小動物でもVRを認識できることが明らかになっている。今回の理研の実験がヒトの脳科学に与える影響は大きい。

国立研究開発法人理化学研究所(理研)の脳科学総合研究センター精神生物研究チームはマウスにVR環境を与えて認識メカニズムの実験を行い、VR空間の目的地認識には実世界で場所の記憶に関わる脳部位の海馬活動が重要であることを発見した。 05/18 08:36

NVIDIAがGPUベースの演算プロセッサ「Tesla V100」を発表した(4Gamer、PC Watch)。 05/16 15:52

がんは我が国の死因の第一位であり、三人に一人ががんで亡くなる時代となっている。 05/13 11:35

理化学研究所らの共同研究グループは、環境音楽の聴取により主観的な疲労が軽減し、安心・リラックス感が増強すること及び、その際の自律神経機能指標の変化パターンが、疲労、癒し、眠気、憂鬱などの主観的気分の変化によって予測可能であることを明らかにした。

音楽を聴くことで主観的な気分に影響(安心・リラックス、モチベーション増加、興奮など)を与えることは広く認識されており、音楽を聴くことで、気分が改善され疲労感が減ることも報告されている。 05/10 08:40

理化学研究所は26日、アルミ薄膜による座布団形状のナノ構造を持つメタマテリアルで、可視光全体をカバーする「色」の作成に成功したことを発表した。 04/29 22:04

理化学研究所脳科学総合研究センターと理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの研究チームは、日常の出来事の記憶(エピソード記憶)が、海馬から大脳新皮質へ転送されて、固定化されるメカニズムの一部をマウスの実験を通して明らかにした。

理化学研究所脳科学総合研究センターと理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの研究チームは、日常の出来事の記憶(エピソード記憶)が海馬から大脳新皮質へ転送されて、固定化されるメカニズムの一部をマウスの実験を通して明らかにした。 04/21 07:38

花粉症などのアレルギー性疾患や関節リウマチといった自己免疫疾患では、本来体を守る役割を果たす免疫機能が過剰に反応し正常な細胞や組織に攻撃を加えることにより引き起こされる。 04/19 11:43

理化学研究所が、海馬から大脳皮質に記憶が転送される新しい仕組みを発見したと発表した(理研の発表、読売新聞、マイナビ)。 04/12 21:23

開発途上国を中心とした世界の人口増加と経済成長により2050年には現在の1.6倍以上の食料増産が必要になると言われ、農作物の安定かつ持続的な生産が喫緊の課題になっている。 04/08 11:11

理研小型中性子皆源システム、RANS(ランズ)のターゲットステーション(青い装置)。(画像:神戸製鋼所発表資料より)

理化学研究所(理研)の光量子工学領域光量子技術基盤開発グループ中性子ビーム技術開発チームと、神戸製鋼所材料研究所による共同研究グループは、橋梁などに用いられる鋼材の塗膜下腐食を引き起こす、水の動きや滞留を非破壊で定量的に評価する手法を開発した。 03/17 09:23

理化学研究所が116番元素「リバモリウム」の作製に成功した(NHK、理研の発表)。 03/06 16:55

統合失調症は幻聴・妄想などの「陽性症状」、意欲の低下・感情の平板化などの「陰性症状」、記憶力・注意力・情報処理能力などの機能が低下する「認知機能障害」を主な症状とする精神疾患である。 03/04 21:32

前へ戻る   3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告