1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 理化学研究所(理研)(7)

理化学研究所(理研)のニュース(ページ 7)一覧

従来と新アルゴリズムによるシミュレーション可能な脳の規模とスパコンの規模(画像: 理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所は26日、スーパーコンピュータ上でヒトの脳全体における神経回路のシミュレーションを可能にするアルゴリズム開発に成功したと発表。 03/27 20:12

リチウムイオン伝導度の推定(写真:富士通の発表資料より)

材料シミュレーションと人工知能(AI)を組み合わせたマテリアルズ・インフォマティクス(MI)技術の有効性が、全固体電池の開発で実証された。 03/18 22:06

マウス線条体の発光シグナル(写真:理研の発表資料より)

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センターの宮脇敦史チームリーダーらは23日、ホタルが産生する化合物(基質)とタンパク質(酵素)をベースに新規の人工生物発光システムAkaBLIを開発したと発表した。 02/27 11:17

海馬アストロサイトのCa2+シグナル (2光子励起顕微鏡)。モデルマウスでは巨大なCa シグナル(AxCaシグナル、囲い線部分)が観察される。 (画像:山梨大学発表資料より)

山梨大学、慶応大学、京都府立医科大学、理化学研究所からなる共同研究グループは、マウスを用いた実験によって、非常に稀な難病であるアレキサンダー病が、アストロサイトと呼ばれる脳細胞のCa2+シグナル興奮性が高くなることによって引き起こされていることを明らかにした。 02/14 11:00

2015年に発生した台風13号の予想シミュレーション。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所は、10分ごとに更新する気象予測手法を開発に成功し、台風や集中豪雨、それに伴う洪水の予測が、より正確に行えるようになると発表した。 01/30 05:49

ヒョウタンゴケの鉛吸着性能の評価(pHの影響)。(画像:理化学研究所発表資料より)

重金属の鉛は有毒であり、環境を汚染する。 01/21 06:58

画像はイメージです。

原子力発電所で排出される高レベル放射性廃棄物、これを大幅に低減・再利用するという革新的研究開発推進プログラムが進行中だ。 11/20 12:13

理化学研究所(理研)と富士通は、スーパーコンピュータ「京(けい)」が、国際ランキングHPCGで三期連続の第1位を獲得したと発表した。 11/16 06:55

内閣府が発表した「平成29年版高齢社会白書」によると、我が国の総人口は平成28(2016)年10月1日現在、1億2693万人。 11/13 11:16

マウス大脳皮質のマイクロカラムとその格子配列。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)は、哺乳類の大脳皮質が、単純な機能単位回路となる六方格子状の構造(マイクロカラム)を持つことを発見した。 11/04 06:31

急性骨髄性白血病の病理像。

理化学研究所(理研)が、急性骨髄性白血病の新たな治療法を開発した。 10/30 11:45

(c) 123rf

富士通は10日、産業技術総合研究所向けのスーパーコンピューター「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure)」を受注したと発表。 10/11 11:47

二重ペロブスカイト。(画像:理化学研究所発表資料より)

現在、次世代の太陽電池としてにわかに注目を浴びている「ペロブスカイト」。 10/08 07:44

衣服上に貼り付けた超薄型有機太陽電池の洗濯写真。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)と東京大学、科学技術振興機構(JST)からなる共同研究グループは、超薄型で、洗濯も可能な伸縮性と耐水性を持つ有機太陽電池の開発に成功した。 09/20 11:57

九州大学大学院と芸術工学研究院、理化学研究所のグループは13日、時間の知覚、判断に対応する脳の働きを明らかにしたと発表。 09/14 07:08

近年、非B非C肝がんの頻度が増加している。欧米ではアルコールの過剰摂取によるアルコール性脂肪性肝炎(ASH)が主なものだが、これに加えてメタボリックシンドロームとも深く関連する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の増加が目立っている。

近年、非B非C肝がんの頻度が増加している。 08/20 19:57

生物のゲノムDNAは、全長2mにもなるものが折りたたまれることで、の細胞内に収められている。従来DNAはらせん状に巻かれて階層構造を作っていると考えられてきた。近年、国立遺伝学研究所の前島一博教授らにより、定説のような規則正しく折りたたまれた構造が存在しないことが実験などから提唱されていた。

生物のゲノムDNAは、全長2mにもなるものが折りたたまれることで、細胞内に収められている。 08/02 11:27

発達障害の一つである自閉症は、コミュニケーションが苦手、社会的相互作用が成り立ちにくいといった「社会性の障害」や、反復的行為や一つのことへのこだわりといった「脅迫的な行動様式」を主な症状とする。自閉症の発症割合は150人に1人程度と言われ、最近は世界的に増加傾向にある。

発達障害の一つである自閉症は、コミュニケーションが苦手、社会的相互作用が成り立ちにくいといった「社会性の障害」や、反復的行為や一つのことへのこだわりといった「脅迫的な行動様式」を主な症状とする。 07/15 15:00

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告