ホーム > ニュース一覧 > 経済 > 景気(1)

景気のニュース

相場展望9月14日号 米株式は、『買いは弱いが、金融緩和との攻防続く』 中国株式も軟調局面、日本株『2進1退⇒1進1退』へ

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)9/09、NYダウは+439ドル高の27,940ドル ・前日まで下げが目立ったハイテク株が買い直され、相場を押し上げた。
09/14 08:32

相場展望7月22日号 トランプ氏挽回で、南シナ海人工島破壊、株式市場暴落も 大統領選挙前の8月中旬~10月末は警戒

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況、7/15にNYダウ26,870ドルに上昇、7/16・17は下落し、7/21は上昇 1)ワクチン開発の期待はありながらも、米国の経済活動正常化遅れの懸念が株価の重石に。
07/22 08:05

国内景気の好転により中小企業の景況感も回復 大同生命調査

大同生命が発表したアンケート調査「大同生命サーベイ」によると、中小企業でも国内景気の動向により景気が完全していると答えた人が増えているものの、景気悪化の要因として、原材料価格の変動や悪天候などがあがっていることが分かった。
08/16 07:06

世帯所得24年ぶり高水準に 賃上げ効果か

厚生労働省が発表した2017年国民生活基礎調査によると、16年の世帯所得は560万2千円となった。
08/04 12:11

生活保護の被保護人員が減少 高齢単身者では増加 2月調査

高齢化の進展により社会保障関係費は膨張の一途だ。
05/18 12:11

2018年景気見通しは回復増加 ただし企業と個人の考えにギャップあり

2018年の景気見通しについて、回復すると考えている企業や個人が増えているものの、企業の人手不足や個人心理など懸念材料も少なくないことが分かった。
12/31 21:11

小規模企業も売上・採算が改善傾向に 日本政策金融公庫が11月動向を発表

日本政策金融公庫の発表によると、従業者が10人未満や20人未満の小規模な企業でも、売上や採算が回復する傾向にあることが分かった。
12/22 11:05

18年企業の景気見通し上向き、回復見込む企業4年ぶり増加 懸念は人手不足

帝国データバンクは14日、17年の景気動向および18年の景気見通しに対する企業の意識調査結果を発表した。
12/15 18:27

景気拡大は「いざなぎ」超え 不安も残る

内閣府は8日に発表した9月の景気動向指数(CI、2010年=100)で、基調判断を「改善を示している」に11カ月連続で据え置き、これにより、景気拡大が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さとなった。
11/10 16:34

10月の景況感、5カ月連続で改善 帝国データバンクが調査

帝国データバンクが発表した景気動向調査によると、製造業や運輸・倉庫業を中心に、幅広い業界で景気が回復傾向にあることがわかった。
11/08 11:31

9月の街角景気は「好調」 9カ月ぶりに50ポイント上回る

内閣府は10日、9月の景気ウォッチャー調査を公表した。
10/23 16:18

8月の景気動向指数、1.9ポイント増加 2カ月ぶりに上昇

内閣府は6日、8月の景気動向指数(CI)を公表した。
10/16 07:34

1年後の物価見通し、消費者の76%が「上昇する」 9月の消費動向調査

内閣府は3日、9月分の「消費動向調査」を公表した。
10/12 07:47

「いざなぎ超え」の景気拡張 実感ないとも言われるその中身は?

9月25日、内閣府は「月例経済報告」を公表した。
10/05 08:52

派遣の求人状況、7年連続で改善 時給も上昇 エン・ジャパン調べ

内閣府は9月8日、2017年8月の「景気ウォッチャー調査」結果を発表した。
09/16 20:29

建設業界での人材不足が深刻化

2011年ころまでの雇用状況は、長引く不景気から企業側が有利な環境だった。
09/05 11:32

よく考えなければならない「減らした残業代」の使い道

大和総研の試算では、残業時間の上限が月平均で60時間に規制されると残業代は最大で年8兆5000億円減少し、国民の所得が大きく減る可能性があるとの記事がありました。
08/28 11:33

新入社員の意識調査で「残業や人付き合いしたくない」が過去最高に

日本生産性本部が26日に発表した新入社員対象の意識調査では、人並みに働き楽しく生活したいという現代の仕事観が垣間見えた。
06/27 07:50

転職コンサルタントが太鼓判!ミドル対象の求人は給料が向上

人口減少と産業構造の変化によって深刻な人手不足が続いている。
05/31 08:12

社会保障対応こそ国政最大の課題と自民をけん制、民進・江田氏

民進党の江田憲司代表代行は12日の記者会見で、憲法改正には莫大なエネルギーがいるが、そんなエネルギーがあるなら、2025年に迎える後期高齢者問題を見据えた医療費・年金・介護問題にエネルギーを注ぐべきだ、と政府・自民党を強くけん制した。
05/15 08:08

【今週の展望】4月に何が変わり、何が変わらないのか手探り

今週、4月第1週(3~7日)は5日間の取引。国家予算の新会計年度、2017年度がスタート。
04/02 21:45

ドル・円為替、4月1日の動きとポイントは

年度末の3月31日が過ぎ、今日から新年度が始まる。
04/01 09:13

ドル・円為替、3月29日の動きとポイントは

1ドル110円を割り込むギリギリのところで為替相場の流れが大きく変わった。
03/29 09:24

「歌」題材の映画が大ヒット、なぜ今『シング・ストリート』が胸に刺さるのか

2017年3月から上演がスタートした『シング/SING』は、初週動員数において1位を記録し好調な発進となった。
03/28 15:20

 1 2 3 4  次へ進む